• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    すや (岐阜県中津川市新町) 

     今年は例年にも増して栗菓を楽しんだ気がします。
    10年以上、八百津勢の栗きんとんを食べてきましたが、
    今年は、、、 今更ながらですが、 『すや』 の栗菓子に魅せられた(笑)
    何でしょうね、、、 もともと恵那の某店より好みだったけど、、、
    回りまわって戻ってきた感じでしょうか。
    こちらの洗練された味わいというものを、冷静に感じられるようになった気がします。
    特に栗納豆の爆発的な美味しさには開化開眼!
    東洋神秘的な奥深いアロマティカルな風味に魅せられました。
    フランス菓子観で挑んでも、この洗練された味わいに魅了。
    他国文化では侘び寂びは感じられないからね。
    今年一番の衝撃的なお菓子はパリ空だけど、それと対極にあってのそっち側での一番かもしれない。
    と、言っても過言じゃないくらい栗納豆にはハマったなぁ。
    ずっとあるのにね。 気づ(か)≒(け)なかった。 この美味しさ、洗練感。
    あ、、、もちろん栗の素朴な風味を生かした栗きんとんも好きです!






     栗こごり
    DSC01251_201812131755422b9.jpg



    DSC01253.jpg


    DSC01258.jpg

     ずっと気になってたけど、初めて食べました。
    1つが5切れになってるので、5倍楽しめてお得!(笑)
    シャリッとグラスアロー的な砂糖にコーティングされた栗こごり。
    食べるとその食感が妙にクセになります。
    シャリっと噛み締めると、栗の風味がほどよくダイレクトに鼻腔を突き、
    栗粒のホックリとした粒感あるこごりの透明感。
    やり過ぎが無く、洗練された現代菓子とでもいいましょうか。
    煎茶と頂くと、、、 おぉ、、、 ここに独壇場! 
    素晴らしい美味しさが光ります。












     栗きんとん
    DSC01264.jpg

     秋の顔。
    今更ですが、素朴な栗の風味が生かされきった旨さ。
    甘さも控えめだけどしっかり甘く感じられ、栗の持つ味わいを邪魔しない。
    あくまで主役は栗そのものなのです。  引きの美学。
    心がOPENになってるせいか、ここまで美味しかったっけ? と自分で不思議に思えてしまうほど、
    このお菓子の良いところが感じられる。  
    日本的な美味しさ。










     栗納豆
    DSC01419.jpg

     何個食べても唸るわ~   自分、どうしちゃった?(笑)
    しかしこの一粒の栗、、、  凝縮凝縮されたギュギュッとした風味の凄味。
    実に奥深く、噛み締めると広がる東洋的な香り。。。
    和菓子にありがちな重苦しさはなく、むしろ軽やかで明るさのある味わい。
    美味さのポイントをピンでスっと引くような、これこそ和の旨さですね。
    しかも重厚で芳醇。



     これで来シーズンまでサヨナラかなぁ。。。
    悔いはナイゾ。







     素敵な食べ納めでした。









    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit