• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    Bebe (愛知郡東郷町) 

    ベベさんのヴァレンタインシーズンの風物詩のショコラ。
    ドモーリ社の美味しいチョコレートを使うからこそ、それを生かし・伸ばしきるからこその、
    崇高な美味しさが特徴ですね。
    他では追従できないほどの高らかな完成度と、気概の高さを感じさせられます。
    笑っちゃうくらい、次元違いな美味しさかと。

    何種類か登場してホントは全種食べたいくらいですが、かなり絞り込んで。









     ボンボン フルーツセット3粒入り
    DSC02249.jpg

     左から、、、フランボワーズ、カシス、フランボワーズ(ミルクチョココーティング)。
    どれもスカっとチョコレートの鮮やかな味わいがインパクト大。
    これほどにヴィヴィッドなチョコの味わいはなかなか体感できないよね。
    素晴らしいです。
    そしてそれぞれの果実フレイヴァーがそれを伸びやかに、華やかに演出し、
    エッヂを魅せて高らかに昇華するんだよね。




     トリュフ
    DSC02250.jpg

     ドモーリ社カカオ75%のチョコレートのトリュフ。
    ストレートにズドーーーンと美味しいチョコに打ち抜かれます。
    高級ショコラ蔓延る世の中に、芯のあるチョコの味わいって、ほとんど無いと思います。
    これは商品レヴェルではホント次元違い。
    カカオの果実味とナッツの核味がキレイにスーーーっと抜けてく。
    とても美しい味わいなのです!






     ピスターシュ 
    DSC02253.jpg

     大好きなやつ。
    生のピスターシュの純なテイスト、ダマンドがオリエンタリックで妖艶。
    とても高貴な味わいに包まれます。
    受け止めるチョコも負けてなく、お互いの色合いを張り合って高いところで昇華するイメージ。
    素晴らしいです!










     

     食べてみないと分からない美味しさですが、この美味しさを知ってるつもりでいても、
    やはり想像や記憶を超えてくるような美味しさがあります。
    もちろんドモーリ社のチョコや他の高級素材だけでは出し切れない領域。
    そこを生かし・伸ばしきるシェフのポテンシャルの高さを感じる素晴らしいショコラパーティーでした!












    trackback: -- | コメント: -- | edit