• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    手網自家焙煎 o-coffee (三重県多気郡大台町) 

     面白い珈琲のお店との出会い。
    自家焙煎という言葉も珍しくなくなり、特にそれだけでは基準にもならない今日この頃。
    焙煎を趣味や生きがいにしてる人も多いと思う。
    自分で焙煎してる人には、世の中のコーヒーのほとんどは✖✖✖に見えるかな?(笑)
    中には、、、 おぉ! こーゆープロセスを踏むか! とか、キレイでデジタル的な味だなぁ~ とか。
    刺激はあると思うけどね。

    そんな中、この O-COFFEEさんは面白い事やってるんじゃないかな? と。
    WEBでの通信販売、週末に各所でのイヴェント出店など、実店舗レスの移動販売車での営業。かな?
    横ノリ、イヴェント系はチャラく、ウリ重視で自家焙煎やってるの多いよなぁ~ 
    と、体験からの超偏見を持ってたけど、、、(爆)
    オーさんの目、顔つき、話す言葉などなど、、、 そこから受ける気風に興味が湧いた。
    とても真っ直ぐなメンズに見えます。 不器用そうにも。
    チルで熱いHEARTを秘めてるようで。  実はイルな奴かも(笑)

    と、、、何気に、、、 ほんとに何気にオーさんと会話に入ったのが不思議。
    ボクは極度の緊張症なので人と話すのは苦手。
    でも何か通ずるものがあったのか、違和感なく彼を頼りました。

    コーヒー豆に対する熱い思いなど、伝えてくれたのが嬉しかったな。

    すると、、、なんとタイにコーヒー農園を現地人と共同で経営? という事が判明。
    どのレヴェルの話なのかは分かりませんが、
    この規模の商売でそれやってるか~  と。  徹底管理出来るしメリット多いかもね。
    その副産物として、なんと精製前のコーヒーチェリーを入手できるとの事で。
    コーヒーチェリー、、、 つまりコーヒーの実なんだけど、、、
    コーヒーって、飲める状態になるには、収穫した実を洗ったり精製してDRY(乾燥)させ、
    それが生豆という薄緑~黄色っぽい種部分(ビーンズ)になり、
    さらにそれを各熱源での焙煎という工程を経て、あの茶色の珈琲豆になるわけなんだけど、、
    収穫後の洗浄された後の実そのものを天日干しして、実ごと乾燥。

    DSC00574.jpg

     右側のビーンズがそのDRYチェリー。
    しかもこのチェリーを焙煎することなく、お湯で煎じてコーヒーチェリーティという飲み物として、
    提供しています。

    う~~~む!  コーヒー豆≒焙煎と完全に思い込んでるので、衝撃的な発見です。

    DSC00571.jpg

     このように、まるで紅茶のような色合い。
    酸っぱいんだろうな~  と思い恐る恐る口にしてみると、、、
    お、、、おぉ、、、 お?   おぉ、、、  おお。
    確かに超浅煎りのような酸味のインパクトはあるけど、柔らく嫌味ではない。
    スーーっと鼻を抜けるようなベリーのアロマ。
    イルガチェフェのワイニーな風味もありながら、ファーストフラッシュのような若い柔らかさ。
    う~ん、面白いなぁ。   
    美味しいか美味しくないか、、、 
    それは分かりませんが、こういった世界を提供してくれることに敬服。
    初体験が出来るなんて、なんと貴重な!   興奮しちゃいました。






     そして彼のDRIPする珈琲も飲みたくなり、もちろん追加オーダー。
    珍しいのが好きなわけじゃないから(笑)



    DSC00572 (2)




     
    DSC00579_20181203173559b60.jpg

     チェリーティ飲んだ後だから、焙煎の香味が愛しくて(笑)
    こちらでは手網でもって焙煎されてるそうで、、、 それはそれは!
    大変な労力だし、ストイックな作業だし。  
    まさに骨の折れる仕事で、好きじゃないとできません!  好きだけでもできません!
    続きません(キッパリ!)
    だけどね、手で焼くメリットには、、、 豆の気持ちになれる(伝わる・伝えられる)ところに醍醐味。
    思うように、リアルタイムに臨機応変に変幻自在な技法なんだよね。
    アナログの良さは機械的には出せません。
    でも、自分の飲む分を手焼きするのは良いとして、、、 人様、、、ましてや不特定多数相手にその労力を起こすって、、、
    そうとうなメンタルの持ち主だと思うな~
    アイタル君もそうだけど。   リスペクトします。

    お味の方はというと、手焼きの粗さは微塵も感じられず、繊細な淡麗感がキレイでした。
    ワインなどフルーティーなアロマに、焙煎で引き出す香味。
    スルスル~っとシルキーな飲み当たりを演出するDRIP、後味の良さなど、、、
    とてもとてもハートフルなコーヒーでしたよ。







    またどこかでお会いできるといいな。  行けばいいんだけどさ。
    何だか彼とは、、、  自然が作り出す縁を大切にしたいと思います。









    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    フェーヴ ド カカオ (桑名市今片町) 

    3

     ナチュラルなものほど 美味しさがわかる
    素朴な焼菓子の魅力を伝えたい



    こんな素敵な思い溢れる マダムの作る焼菓子が好きです。
    仏焼菓子といえば カカオさん! ですね。
    マダムに映る フランスの重厚な味わいを表現しています。
    力強くズッシリとした味わいは深く、そして深く。








     ダッコワーズ
    復活! ダッコワーズ (1)160423
     こちらではハズせません!
    ガチガチッと作り込んだ重厚感。  ホロッと崩れると同時に芳しい小麦の味わいがズシーンと。
    ピスターシュの風味がキャラメリゼのように香ばしく、インセンスのように。
    フランボワーズの甘酸っぱな風味がエレガントに流れます。








     サブレ リンツァーフレーズ
    サブレ リンツァー フレーズ(2)160423

     サクッとホロッとした生地から零れるような苺の甘酸っぱな風味。 
    とても落ち着いた味わいなんだけど、胸にズカッと飛び込んでくる。
    情熱感じるカカオさんのリンツァー系は大好きです。








     フィナンシェ フランボワーズ
    フィナンシェ フランボワーズ (2)160423

     フワッとフィナンシャリーな生地はややしっとりと。
    たっぷりのフランボワーズのジュレは凝縮感のあるジャミー。
    しっかり甘くしっかり甘酸っぱ。  思わず頬が緩んでしまうような美味しさ。









     ミルリトン
    ミルリトン (1)160423

    ミルリトン (4)160423

     アーモンドクリームとピスタチオのペースト、フランボワーズの風味がキラリと。
    サクッと崩れるパイのような生地からの小麦とバターの香りが堪らない。
    シンプルに硬派な美味しさがありますね。








     毎度ながら、素朴且つ情熱的でストレートな 愛情感タップリなお菓子に唸ります。
    マダムのフランスへの明確なヴィジョンと それを具現化するスキルとモチベーション。
    味わいは深く、そして奥深く。
    ハッとさせて広がるようなフランス菓子の味わいとはまた一味違うんだけど、
    マダムの思う道を極めるために突き進んでると思います。
    その思いが こちらの味わいの根源にあるんだよね。

    心で味わいを感じられるって 素晴らしいです!



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    Fave de cacao (桑名市) 



     “ナチュラルなものほど美味しさがわかる  素朴な焼菓子の魅力を伝えたい”





     こちらのフランス伝統菓子には いつも魅了されまくり。
    気概の高さを感じる媚びてない作りと、凝縮された素材の美味しさが特徴の焼菓子。
    でもそこにはお菓子への愛があって 芯のある優しさが感じられるんだよね。

    01.jpg

     









     この日限定?  マーマレードのケイク。
    02.jpg

    フワッと香るオランジュ。  
    しっとりしてふわふわっと弾ける生地からのバターと小麦の風味がたまりません!
    重厚な味わいの中、ジャミーなマーマレードがしっかり絡んだ甘酸っぱさでもって 
    どこか懐かしくも贅沢な味わいへと仕上がってる。










     ケーク オ ローズ。
    03.jpg

     定番だけどハズせない逸品。
    包み込まれるような薔薇の高貴な香り。   
    しっとりした生地と 甘酸っぱいフランボワーズと  そのコントラストが絶妙のコンビネイションを魅せます。
    ホワイトチョコとローズの香り。。。。  たまりません。








     ヌガー ド ツール。
    09.jpg

     アプリコット、アーモンド、ドライフルーツなどが突き抜ける風味を醸す。
    重量感ある生地に素朴ながらズドーンとくる重厚なパンチ。
     見えないけど下には美味しいチョコがベッチョリと敷いてあるんだよ。
    そこからのビターな風味が全体に深味を感じさせ 味わいにサプライズを生んでる。
    酸味、甘み、コクの三拍子がズドーーーーーンと ぶつかってきます。
    インパクトの後はスーーーーっと味覚が染みこむように。










     ダッコワーズ ピスターシュ。
    08.jpg

     大好きなお菓子!
    ピスタチオの風味が押し迫ってくるようで。  
    ザクッザクッとした食感のハードなダックワース。   とても重厚でメガトンな味わいがあります。
    ホロホロと崩れるように口の中に収まった後、ジャリッとした噛み心地、炸裂する風味に昇天させられる。
    滋味深く 味わいに迫力すら感じます。    『凄い』









     とっても満足感の高い 美味しいお菓子達に唸りまくりで。
    何を食べても気概あるブレない軸から生まれる素直な味わい。   孤高なる存在感。

    キラキラとしたアツいハートの分子がギュッと詰まった マダムの作り出すフランス伝統菓子が大好きです!





    trackback: -- | コメント: -- | edit

     Fave de cacao (桑名市) 


    フランスの郷土菓子&古典的な焼菓子の専門店。   ここも大好きなお店で、唯一無二の存在です。

    1.png





    “素朴な焼菓子の魅力を伝えたい” という店主の情熱が素晴らしいです。   グッとくる感激がある。







    ★プラリネノアゼット
    0220140315.jpg

    しっかり焼き込んだヘーゼルナッツの香りが突き抜ける。
    重厚で素材の風味に富んだ、ワイルドに胸を打ち抜いてくるような素晴らしい味わい。








    ★ダッコワース ピスターシュ
    0420140315.jpg

    大好きな定番。   
    しっかり焼きこまれた味わい深さ。
    ザラっとした食感が解けるように崩れ、香りとともに溶けこんでくるような深い味わい。
    ピスタチオとヘーゼルナッツのガツンと効いた風味は、圧倒的に強く、そして温かく優しい手作り感。
    素晴らしいです!!!










    ★オレンジ系のシトロン
    0620140315.jpg

    爽やかなシトラスの風味、しっかりした重厚な生地の味わいが絶妙なミクスチャ。
    香りが素晴らしい。








    どの品にも素晴らしい香りと味わいがある。 
    素朴なんだけど凄味を感じる、奥行きのある力強い滋味深さ。  この味わいは究極だと思う。

    こんなん、なかなか無いですよ。










    trackback: -- | コメント: -- | edit