• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ガッルーラ (昭和区八事日赤) 

     お気に入りの森岡劇場へ♪
    DSC02081.jpg

     いや~ この場所もどんだけ座ったか分からないけど、やっぱ好きですね~
    もはや味覚的にどうこうなど、思う次元でもなく、
    やはりシェフの躍動する臨場感と彼の創作するパスタが大好きなのです。
    客層見るに、ハレ&気合メシのカラーが強いけど、ボクにとっては特別な食事ではないものの、
    やはり月イチで通いたいと思えるレストランなので、思い入れは強く持ってます。







    DSC02083.jpg

     当然のようにパクっと食らいつく玉葱のフォカッチャ。
    ガルさんに来たことを実感する瞬間。   本日はローズマリーのフォカッチャも。








     ~ カルパッチョ ~  
    昆布〆した寒平目・子持ち昆布・からすみ

    DSC02086.jpg

     シェフ自ら市場へ出向いて目利きする魚介には、強いこだわりと質の高さを感じます。
    完全に和の趣なのですが、サルディーニャへと落とし込むような蒼やかなオイル使いと調味。
    身のハリある平目は鮮度抜群。






     ~ Galluraスペシャリテ ~
    桜の木で軽く燻したフレッシュフォアグラとマンゴー
    鴨胸肉のレアを添えて  栃木県産栃の木の花のハチミツのサルサ

    DSC02088.jpg

     安定のフォグラマンゴーはIBIZAを思わせるリゾーティカルな贅の風。
    口腔内に膨らむ上品な燻香とフォアグラのシルキーなコク、、、
    瑞々しく破裂しそうなジュースィーなマンゴーのトロピック。
    栃のハチミツの風味、味わいにも艶があって。








     ~ スパゲッティ ~
    北寄貝・岡崎市長坂農園さんのキャベツ・アンチョビ
    アーリオ オーリオ

    DSC02093.jpg

     驚きの甘さを持つキャベツ!  糖度がメロン並みじゃないか?
    シャキッとしっかりした繊維質から溢れる甘やかさと、キャベツの旨味がハンパない。
    アンチョビの塩気もしっかり飲み込まれるように構築されちゃうほど。
    スパゲッティの粉の香り、ホッキ貝の磯やかな香り、絶妙な塩気とキャベツの甘味。。。
    絶妙!








     ~ リゾット ~
    増荒男ほうれん草のリゾット

    DSC02098.jpg

     森岡さんのリゾットも絶品で、メニュゥに載ってると必ず食べたい!
    このリゾットはもしかしたら3巡くらい食べたかな?
    でも毎度旨し!で、今回はホウレンソウ自体もTPされ、より蒼やかさが感じられ。
    シャクッとして甘く碧いコクのある味わい。
    アルデンテ絶妙な米の炊き加減、チーズやホウレンソウピューレ、肝であるブロード、
    全てが一体化して森岡シェフの味と為る美味しさ。
    濃厚で芳醇。  
    素材感もバッチリ出しつつ、調味でしっかり装飾する料理としての旨さ。









     エスプレッソのカタラーナ
    愛知牧場のミルクのジェラート

    DSC02100.jpg

     普段食べないようなものを食べてみたw
    これが軽くて正解。
    愛牧のミルクはコクと香りがあって美味しいしね。


     コーヒー
    DSC02103.jpg

     たまにはフォルテで長居しようかと思ったけど、すぐ飲み干してしまう(笑)











     オーナーシェフ、リーダーとしてのあるべき姿、ストイックさ、道具を大切にする姿勢、、、
    分け隔てのない凛とした姿、、、等々。  森岡シェフの魅力は尽きませぬ。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    赤福茶屋 (中村区名駅1丁目) 

     最近ビックリするほど和茶づいてます。
    自分でも 『どうしちゃったぁ?』 という感じでw。

    雑踏と混雑の中、最近のお気に入りの喫茶室です。
    高島屋地下の片隅にある赤福茶屋。
    もちろん存在は知ってたtけど、まさか自分が行くとは思ってもなかった(笑)

     ま、伊勢の赤福自体はソールフード的なお菓子でもあり、
    幼いころから馴染み深く大好きなものなので、美味しく頂けちゃいます。
    それをお茶と一緒にイートイン出来るなんて、、、、
    下手なカフェで好みではないコーヒー飲んでる場合じゃない!と。
    思い立って飛び込んでみて、とても良かったです。



    夏は赤福氷、冬はぜんざいなんかもウリのようで。
    夏はよく混雑して待ちも見かけますが、この時期の時間帯によっては
    かなり穴場だと思います。   
    スっと入店出来、ギュっとピンポイントで癒しを得る。
    そんな使い方がとても気に入ってます。







     赤福餅 抹茶のセット
    IMG_4501.jpg

     抹茶自体に本格流儀を求めてはいけませんが、喫茶として十分満足レヴェル。
    ほうじ茶も付いてるし!  しかも何杯でもお替りを進めてくださいます!  
    抹茶セットじゃなく、単品で赤福餅でも付いてるので、、、 それでいいじゃん(爆)


    ひっさしぶりに赤福餅食べましたが、やはりお土産品の箱詰めを食べるより、
    何となく手の温もりが近くに感じられ、柔らかく美味しかったな~




    ボクはどのお店でも必要以上に長居することがないので、
    食べてスッと退店するわけですが、とても良い癒しを得る場所を見つけることができ、
    とても嬉しいな。





     そしてお茶って旨い。   もちろん高級厳選茶は旨いに決まってるけど、、、
    こうした気取りのない焙じ茶などはとても落ち着きます。
    上手な淹れ方とかあるとは思うけど、じゃなくとも美味しく頂くことが出来るんだよね。
    世界を狭くするこだわりをを求めず、そこにあるものに浸ってみる幸悦感。
    楽って楽しいわ~ と。


    このカフェ使いにはとても満足しています。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    CNF マルコンソール (中区新栄2) 

     久しぶりに藤井シェフのもとへ。
    0000_2019012307150025a.jpg

     セレブレティな方達には日常のワイン飲みな仏キュイジーヌですが、
    ボクにとってはちょいと思い入れのある特別なお店。
    なのでカジュアルなお店なんだけど、ガチのハレメシ使いが多いです。
    もちろん、Fシェフの料理にこそ魅力を感じている。
    華美に飾らずシンプルに味わいを楽しめる、素敵な料理たち。
    今回お伺いして、さらにその魅力の深さを知った次第です。
    酔いで味覚を狂わせて食べてる場合じゃない、と、、、勿体なく思ってしまう貧乏性(笑)

    基本的にシェフお任せですが、値段に応じてリクエストにも応えて頂けるようで、
    隣のお客さんはゴッツイオマール海老を食べてました。  
    ま、別に羨ましくないけど~ (←強がり?w)








     さ、センターに鎮座して、、、 藤井劇場を楽しみますか!
    0_2019012307244301c.jpg















     シャルキュトリー
    1-3.jpg

     口取りは肉屋風。
    生ハム・サラミ・フォアグラなど強いものにキャロットラペの香やかな風。
    シンプルにソテーされたフォアグラは肉厚で食べ応えあり。 
    そこに足りない塩気は生ハムやサラミから染み出る口内調理。
    素敵なコースの始まりを告げる。










     Pain
    2 (2)
     お馴染み熱っ熱の焼き立てパン。
    皮目カリカリカチカチ、中はフワモチ。 シンプルに小麦の香り。
    料理を引き立てます。












     キャベツと蟹のタルトレット   赤と白のトマトソース
    3 (6)

     上は白のトマト、下は赤のトマト。
    巧みに甘さや酸味を当てがってキャベツの甘さを引き立てる。
    蟹の風味もクリアに高く、滑らかなクチドケでもってキャベツと溶け合う。
    ヴェルヴェーヌの香りがとても効果的に柔らかな輝きを演出。












     帆立貝・セジール・・雲丹添え   根セロリのピューレ ソースヴァンブラン
    4 (4)

     道産の良質なウニたっぷり。
    根セロリの温かみあるピュレと絹やかなヴァンブランの高らかな風味。
    魚介の旨さを引き立てる濃コクな調味で、グッときます。
    巧くて旨いなぁ。  












     カマスのスフレ   ブールドケレス
    5 (2)

     藤井シェフの料理って、
    斬新なようでもクラシカルにソースで食わす感じがあって、とっても好きです。
    これぞフレンチの醍醐味でしょう。  
    しかも個性あるソースに溺れることなく素材を引く。  素晴らしいですね。
    パリッと焼き付けたカマスの風味に同調するように、シェリーとバターのソースが盛り上がる。
    とてもとても、満足感のある美味しさでしたよ。










     フランス産コルベール(青首鴨)  
    ソースカシス  九条葱・松茸 パルマンティエドフィーヌ

    6 (2)

     主菜は青首鴨!   
    今季よく食べてますが、その旨濃さはよくある鴨とは一段二段と違いますね。
    カシスのスカっとしてヴァンルージュの酸と円やかに折り合ったソース。
    九条ネギの甘く香ばしい味わいとの駆け引きが面白く、素材の輪郭がハッキリとしてウマウマ!
    松茸の香りがトリュフのようにフワリ~っと、料理を華やかにします。
    噛み締めるといつまでも溢れるコルベールの味わい、、、
    赤身肉を凝縮したような旨味滋味に満ち、食材の持つコクと赤の味覚に魅せられて。











     フロマージュアフィネ
    7 (2)

     旨いね~ こんなフロマージュはそう出会えない。  
    ワインにも特化した知識と舌を持つシェフならでは。
    無花果とナッツのルージュPAINも滋味深くウマウマ。 かなり美味しい。
    とろける百花蜜の風味。












       ~ 3つのデセール ~

     藤井シェフのデセール美味しすぎだもの!  楽しみで仕方ない。









     アーモンドとラフランスのスープ
    8 (1)
     
     おぉ!
    まさにアーモンドとラフランス。
    ビターアマンドではなく、ローストアマンドの香ばしさと洋梨の溶け合いは絶妙。










     パッションフルーツのソルベ  リカール
    9 (1)

     ガツンとリカールにソルベという、、、 かなり酔いテンションなる凄いやつ。
    これだね~  これこそレストランでセールの醍醐味。
    パッションの酸とリカールのハーバルな突き抜けが高いところでクロスオーヴァーしてく。
    スッコーーーーンと抜けの良い風味に頭クラクラと。












     イチジクのクルスタッド
    10 (4)

     焼き立て熱々!
    無花果もトロトロに。  アマンドクリームみたいなカスタード風味と共に旨やかに。


     楽しいねぇ~  
    美味しい料理を〆るデセールが楽しいと、全体の満足感がグンと上がります!
    洋菓子的ではなくフレンチデセールの皿の味わいがあって、とても好きです。
    料理+ではなく、単体としてしっかりと手をかけてるのが嬉しい。


    コーヒーだけは、、、  ごめんなさい。
    最後の最後でテンションダウンしてしまうのはホント勿体ない!!!
    でも、そこ差し引いてもコースとしての満足度はかなり高く、、、
    コーヒーを選択しなければ、最後の最後までトーンダウンすることなくいけますね。
    次回は必ずそうしよう。  と毎回思ってる気がしなくもなく、、、
    忘れる前に行けと。  そういう事かな(笑)







     今回、何だか今まで以上にシェフの料理に魅せられました。
    今後はレギュラーにしてお伺いしたいと思えるほどに。

    素晴らしい時間をありがとう。














    trackback: -- | コメント: -- | edit

    パティスリー アヴァロン (天白区八事石坂) 

     ムショーにシャンプノワーズが食べたくなり、アヴァロンさんへ。
    もともとこのお菓子への憧れから、イルプルやフランス菓子などへ興味を持った。
    思い入れと呼べるのか分からないけど、個人的にちょいと特別感というか、
    見掛けたら食べたくなるというか、作りの好みなど関係なく反応してしまいます。



     トランシュ・シャンプノワーズ
    DSC01702.jpg

     数年前は結構洋酒がシュワシュワと効いてるTYPEでしたが、現Verは大人しくなった印象。
    ほんのり白泡の上品な香りを浮かばせて、こっくりしたバタークリームを引導するように、
    マール酒の艶、桃やフラボワの香り、ペック社のチョコのガナッシュやダックワース地など、、
    隙のない緻密な味わいの演出感。
    傾向の好みとかは置いといて、、、 やっぱ好きなお菓子です。
    クチドケて表情を変えてゆく様は、うっとりしちゃいますね~











     フィナンシェ
    DSC01740.jpg

     柑橘の香りがコクに明るさを。










     ピエール・カカオ
    KTTC9239.jpg

    JXHE8354.jpg

     好きなやつ。  常備常食したいやつ。  通称 西洋かりんとうってやつ。
    美味しいアーモンド・ココア・白チョコや卵白などざっくりした味わいながら、
    コクというか滋味溢れる美味しさが魅力。 でも野暮くない洗練感。
    ずっと珈琲に合わせてたけど、、、  日本茶がメチャよく合うことに気づいて、、、
    さらに好きになりましたとさ(笑)










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    山猫軒 (中区丸の内) 

     山猫の一年の集大成、素敵満載のSPディナー。
    この日だけはね、絶対に外せません!
    豊橋時代は頑なに行かなかったけどね~(爆)

     今回のSPDは、和に向いた山猫流の創作。
    どっちかっていうと、特別感には『伊』の『フィ』系を欲しているので意表を突かれましたが、
    そこは流石というか、普通じゃない並外れてる♪ に決まってます!
    スタートからフィニッシュまで、深い感嘆のある次元違いの妙に魅了されまくりました。
    SPなのでとにかく贅沢食材を惜しげもなくふんだんに。
    味覚が狂ってしまいそうな、クラクラと眩しい逸品の数々。
    個人的には、、、
    日常的な食材を伊藤さんの手仕事によって次元違いに昇華された料理が本望ですが、
    一年の集大成だからね。   どっぷりWORLDに浸かりましょうや。
    今回も客層に恵まて、酔狂園になることもなく、美味しい時間を共有出来たのも幸せ。
    ここは居酒屋ではなく、メシ屋だからね。  矛盾も多いけど(笑)


    さ! ITOさんのバリトンを聞きながら宴ましょう。




     からすみ餅
    DSC01579 (2)

     山猫謹製のからすみをin。
    からすみに燻を入れたようでスモーキーで芳しい香りが。
    羽二重みたくフルフルモチモチの餅は甘く、からすみを包み込む。
    深いな。










     見蘭牛のブレザオラ
    DSC01583.jpg

     その通り、見蘭牛の生ハムです。
    ボクには強すぎる見蘭牛も、こうして熟成させると生身の強さが浄化されて滑らかに感じる。
    実に味わい深く、いつまでもモグモグ、溢れる増す旨味。









     珍味盛り
    DSC01589.jpg

     なまこ海鼠腸、くちこ、ばちこ?  スモークからすみ。
    珍味と塩気はテッパン。  蕪がとても良いアクセントでニュートラル促進。
    口の中が珍味香りに溢れます。 











     スッポンの椀  白トリュフ
    DSC01592.jpg

    DSC01597.jpg

     贅沢な器です。  ボクには豚真珠ですが肖っちゃおう。
    蓋を開けた瞬間痛烈に立ち上るトリュフ香。
    白だからね、ヤヴァいよ。   クラックなトリュフにクラクラ。
    なんて官能的なんだろう、、、 本能を揺さぶる香りだよね。
    そこにもったいないほど清らかに張られたお出汁、けして埋もれることなく素材を高めて。
    スッポンのプリ身ティーヴォな身質から染み出る旨味は絶の品。
    トリュフ、出汁、スッポンが口内蔓延トルネード。   なんて日だ!









     たこ焼き
    DSC01601.jpg

     パコパコ可愛い全自動マシンがクルクルと。
    中身は贅沢に見蘭牛。
    醤油の香ばしさと見蘭の甘スパイシーな風味のマッチング。









     河豚の唐揚げ
    DSC01606.jpg

     全粒粉を衣に河豚の味わいが高まる。
    ホロホロと崩れる身、骨までしゃぶり尽くせ!










     焼き穴子
    DSC01608.jpg
     
     白焼きにて。  素直なアナゴの味わい。
    下処理が抜群に細やかです。  無駄な手数がないので実にクリア。










     八寸
    DSC01613.jpg

     穴子寿司、貝柱、河豚3種、鯛の昆布〆、蕪。
    身厚く切り付けたフグはプレーン・からすみがけ・ヅケと3種の味付けで提供。
    こーゆーの楽しいね。
    燻からすみとフグの組み合わせは間違いない!
    伊良湖水道・神島の鯛はホントに絶品です! 






     上海がに
    DSC01625.jpg

     10年物の紹興酒で飲み干し酔蟹です。
    もちろん安全面も完璧。  
    安全の為の手間暇惜しまぬ勢にはホントに感服させられます。
    自身では、食べ物屋さんだから当たり前と思ってそうだけど、、、
    他所では考えられないレヴェルにあると思います。
    美味しいからと、ホイホイ安易に提供する高級料理とは一線を画す!!!
    で、この上海氏、、、 このミソのクリーミーさが驚きを呼ぶ。
    濃厚濃密でスカっと晴れるような香り、、、 身の旨味の持ち上がりなど、、、
    まさに別次元の旨さ炸裂!って感じで。
    紹興酒の崇高なキレが抜群。
    酒に酔い、旨さに陶酔。












     フカヒレ
    DSC01626.jpg

     とても繊維の太いハンマーヘッドシャークのヒレ。
    昔、釣り上げそうになったので急いで糸を絶ち切った思い出のサメ(笑)
    じっくり手をかけて仕事されたフカヒレは、ただ出汁の香りがするのではなく、
    この食材の持つ特徴を生かし増長された旨さが光る。
    丼仕立てで、甘やかに美味しいイセヒカリと共に頬張れば、、、幸せ~
    しかしふんだんに使われてて、何食べてるのかハッキリしてます。








     生ハムメロン チーズ
    DSC01633.jpg

     ハム旨ぇなぁ。 薄さが肝。
    各種チーズも芳しさ抜群。  シャイマスの瑞々しさがオアシス。










     保美豚 玉子焼 黒トリュフ
    DSC01640.jpg

     これも贅沢やなぁ~
    トリュフと卵のテッパン。  しかも黒にはなかなか感じえない深香があるよ。
    さすがのセレクトでしょうか。
    インパクトこそ白ほどではないけど、質が違う香りというか、、、 
    素材と協奏して昇華する最高峰のエッセンスかと。
    東京の気概あるあのフレンチでも太刀打ちできないね。
    保美豚、、、ITOさんの買い占めのせいか、、、 
    我が家御用達スーパーから姿を消してしまったではないか!(爆)
    んな事ないだろうけど、使いだしたタイミングで完全に消えたから。
    良い意味での豚らしさのある美味しさだよね~


















     シャラン鴨
    DSC01644.jpg

     香やかでクリアな味わい。  
    ちょっと意外なチョイスに思えたけど、そこは山猫セレクション、本物ですね。
    噛むほどに美味しい赤身質。  ウマウマ!












     見蘭牛  干し柿
    DSC01646.jpg



     山猫独壇場の火入れ質。
    繊維がホドケルように仕上がって、赤身なのにトロけます。
    そして見蘭牛の複雑な旨味がジュワジュワと溢れ、香りが全く違うんだよね~ この牛。
    香りに風味が乗ってるイメージ。  噛み締めて味わう旨さ。
    レアな干し柿も美味しいところを食べごろに昇華して。









     いのしし汁  ぶっかけ飯
    DSC01655.jpg

     獣臭さは全くなく、カチカチ肉も存在せず。
    スーーーーーっと薄紙が舞うように軽やかでクリアな口当たり。
    からの猪の旨味が味噌と共鳴するように深く深くエコーする。
    旨いっ!!!  上質な美味しさでエンドレスな食欲を生みます。
    胸に響く美味しさでした。











     ドルチェ盛り合わせ
    DSC01660.jpg

     パネットーネ食べたかった~
    トレマリア旨し!   
    初のアップルパイもポティロン感があって毒気のない美味しさ。
    香料などエッセンス、、、 構築性のある作為にどっぷりな自分に戒めとして。
    やはり素材を超えない『食べ物』は体に染みます。  負担がこない。
    ティラミスも懐かしくウマウマ、プルるんパンナコッタも本物の味わい。










     苦い珈琲
    DSC01662.jpg

     百数十年以上前のアンティーク器。。。
    えぇ、、、私には勿体ないです。  全く分かってないです。
    でも何だろな、、、温かさというか色調やラインにアナログがある。
    普段、ヴァイナル盤を触って聴いてる人なら分かるかな?
    年代物のアコギとか、チェンバロの音色とか。  
    その響きを感じます。
    そこに古典的なイタリアン珈琲だなんて、、、最高です。


    DSC01666.jpg

     蜂に息吹を感じますね。

















     いや~ 食った食った!  お替り可能な料理も数種あったけど、、、
    全く食えないくらい腹パ二クス。
    他の皆さんよく食えるなぁ~と感心。  
    でもすぐ引いちゃうから詰め込んだとしても後味と体は軽やかなんだよね。





     大満足!   次回も楽しみだ!(笑)














    trackback: -- | コメント: -- | edit