• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    PIZZA PAZZA Italiana (ピッツァパッツァ・安城市三河安城) 

     JR三河安城駅の北口になるのかな?  徒歩一分。
    ここにナポリ自治区があります!
    自分でも気になっていたし、ここが素晴らしいとも聞いていたので訪れたかったピッツェリアです。
    かなりの大箱で資本臭があるので、普段ならまず入ることのない店構えですが、
    勇気を出して入ってみて良かったな~ と。

    店内入った香りがまず良い! 
    レジ横のショーケースには水牛モッツァレッラなどが並べられていてテークアウトも可能。
    入荷日によっては渋谷チーズスタンドのものもあるそうで! 
    愛知ではここだけじゃないか? 何だか既に超アガッてます(笑)



     そしてゴージャスなラウンジシートのBOXに案内され、これは落ち着けます。
    メニュゥを見るとかなり威力的なものばかりで、とにかく水牛気分だったので
    水牛オンリー押しで行くつもりが、あれもこれも食べたく、、、  
    それを満たすかのような豪華な前菜盛りがあったのであっさりとそれで(笑)

     まずはアペリティフでシュワっと(笑)
    コペルトでしょうか、お通しも付いて。

    0_20181024042956155.jpg

     豚耳? ゼラチンのユール的なテリーヌ。
    コラーゲンと内臓のコク。  使うオイルの質、調味料の良さがハッキリと。 
    上品で臭み無く、これから始まる料理への期待値が上がりました!














     前菜盛り合わせ 7種
    2 (2)

    2 (3)

     7種類との事でしたが、どう考えても9種類以上あり、バラエティ豊かで楽しい!
    はつ・フォアグラ・レバーなど内臓系から、ハムやら目光のフリットなどなど、
    どれも調味の優しく素材を感じさせる料理で持て成してくれます。
    こってり酒進系なので、セルバチコやバジルが良いアクセントになる。














     トレッチャ (三編みに練り込んだ水牛のモッツァレッラ)
    1 (2)

     これが食べたかった!  日本ではまだ珍しい捻じりモッツァレッラ。
    豪快な盛り付けに歓喜。  ザクロなんかもあってセンス感じるしトマトも甘濃い!
    味の方はまぁブッファーラな訳ですが、ネジってある分、多少コシが出るかな。
    口の中で暴れるので、水牛ミルクの持つミルキーなコクを感じやすい。
    旨いなぁ~ ストレートで。
    トマトとの相性抜群。














     マルゲリータ エクストラSTG
    3 (4)

     大好物の水牛モッツァレッラのマルゲリータ。
    こちらのシェフはナポリピッツァ協会認定の職人との事で、真のナポリピッツァ団体とは別ですが、
    本場での認定を受けてるとの事で。
    まぁハクの問題だとは思いますが、負けず嫌いというかモチベーションの高さが伺えます。
    好きですね~ そーゆーの。
    肝心のマルゲリータ、なかなか美味しかったです!
    釜の内部を感じさせる焼き加減は絶妙で、薪やすすの香りが香ばしく胃袋中枢を刺激。
    比較的薄焼きですが、コシのある生地でもって噛み締めにある種の粘りがある。
    小麦粉の香りも良く、生地の状態の良さが伺えるし、トマトソースも変にイジってなく、
    甘さと酸味のバランスが丁度いいね~ そこに溶けだす水牛チーズのコクが、、、
    嗚呼、、、 堪らない。。。  
    やはり火を通すと香りがグンと増し、味わい高らか。
    香ばしさ、トマトとチーズ、バジルの三重奏のグルーヴ感もあり、
    美味しさに満悦します。   香やかさのある美味しさ。













     カンノーリ 
    5 (2)

     あると超嬉しい! 見つけると必ず食べます(笑)
    サクッとパイ生地タイプでマスカルポーネの甘酸な風味。







     エスプレッソ
    4_2018102404300870c.jpg

     もしかして直火式でしょうか?  淡麗タイプ。
    クイッと飲み干して。














     なかなか満足感あって幸せなディナーでした。
    コースなんかもあるし、食べたいものをア・ラ・カルトで好きなだけも素敵。
    素材の扱いやセレクトがピカイチですね~   上を見てます。
    この辺りで難民になることも多いので、今後の選択肢になりそうです(喜)
    次回は渋谷チーズスタンドのブラータ食べたいな。








    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ガチ麺道場 (豊川市御園三丁目) 

     南山のガチ麺(そば)さん、11/1まで店舗改装工事で休みに入るそうで。
    まぁ、ボクには特に影響はないんですが、、、 とりあえずコレが食べ納め。

     ・・・どうりで最近いつになく、より行列してるわけだ。


     自ら 『製麺師』 を名乗る店主。
    ラーメンの枠内でやってるので少し勿体なく思わなくもないけど、、、汗
    ラーメンジャンルの製麺としての情熱は、飛びぬけて高いのではないでしょうか。
    粉にしてもいろいろ試されてるようで、大麦を使った甘さのある麺を打ちます。
    いろいろブレンドされてるので、まぁそーゆー味になるのですが、
    コレがなかなか甘さを引いて旨いんだわ。  
    美味しければ良い! という独特の分野なのでそこは間違いないでしょう。








     つけ麺  淡麗節ノ汐
    IMG_E3112.jpg

     面白いネーミング。  イメージングしやすいね~
    つまり塩味のつけ麺。
    つけ麺といえば濃厚ドロン系が多かったけど、ボクは遠い日の東池袋のつけ麺のあの、
    煮干しの効いた甘酸っぱいのが好きなので、、、
    ある意味このチョイスは間違いないよ。
    甘酸っぱくはないけど、キリリと汐を立てた鋭いつけ汁。
    節類乾物が これでもか! と主張。  旨味強すぎで単体ではキツいです(汗)





     が!




    IMG_E3114.jpg

     この麺が凄いんだ。   灰分も高そうだけど、小麦大麦の甘さ芳しさが著しい!
    さすが麺を大切にしてるだけあり、その特性を分かってるね。
    しっかり茹でてムニャっと粘り、旨味と風味をグワンと底上げる。
    う~ん、粘りが良いねぇ~  好きです。
    わざとらしいくらいの旨味でもって、つけ麺としての迫力を与えてるね。
    つけ汁と合ってます! なるほど!納得。
    とことん突き詰めてるラーメン道って感じで、やはりそこは他の追従を許さず、
    シーンから突き出て突っ走ってる感があり。




    ボクは孤高が好きだけど、群れの先頭を突っ走ったり、面白い人も好きなので、
    そーゆー意味では11月からの業務拡張? リニューアル? も、楽しみにしてます。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    そば風太 (岡崎市鹿勝川町) 

     ここを隠れ家レストランといわずして何処をいうか。  
    秘境ではないけどね~ 何度訪れてもハンパなくリアルです。   
    山里の民家蕎麦。

    IMG_0420.jpg

     全てではないけど自家栽培の蕎麦だったり、近辺でとれた山菜や野菜だったり、
    店主焙煎の珈琲だったりと。  魅力は尽きない。
    趣深い世界観に魅せられます。










     もりそば
    huuta (1)

     優しくも野趣ある味わいで穀物香が遠慮がちに立ちます!

    丁寧というか真面目さが表れた蕎麦は、独学にもあるような濁りのない一路感。
    もちろん師匠がいるようですが、店主の思いと世界観が心地よく風に乗ってきますね~

    huuta (3)

     そばつゆは辛口ですが淡麗系。  
    江戸蕎麦みたく濃い口でもいいと思いますが、そこは優しさかな?
    以前はワインによるエフェクトが効いていたと思うけど、今はそばつゆ然としたトラッドな趣。
    甘ったるさなくキレ良いので心地よく蕎麦が弾みます。










    huuta (5)
     
     薩摩芋のツルだとか。  ヌルっとしたでんぷん質的な。















     旬菜の天ぷら
    huuta (4)

     オクラ、どんこ、しめじ、くわい、パプリカ、大葉などなど。
    くわいのポクポクした感じがいいねぇ~    どれも香りが良い。












     珈琲
    huuta (7)

     店主の焙煎珈琲はスッキリしてスペシャリティー珈琲らしい淡麗さ。
    香りもしっかり出てクリアで美味しいです。












     季節ものなんかもあるので、旬の彩味を味わいにちょいちょい訪れたいものです。













    trackback: -- | コメント: -- | edit

    和食懐石 中神 (蒲郡市拾石町) 

     正当な和食というものを気軽に味わえる中神さん。
    お気に入りなのになかなか行けず終いで(汗)
    久々の訪問。  
    知る人ぞ知る、、、でもないか、 地元近郊では名高い料理人ですね。
    この地において日本料理を広め、貢献した1人でしょう。
    その腕前は確かなもので、門下というか弟子というか、、、その数も計り知れない。
    でもって奢らずとても低い姿勢でいらっしゃる。
    中神さんの城である、ここ和食懐石・中神では、
    その昔の某料理長時代ほどの高級食材を使うことよりも、技で食材を美味しくする方向にあり、
    真っ当で顔の見える料理作り、そして客の顔も見ている料理に魅力があると思います。

    ホントは夜に伺うべきところですが、何せ思い立っての行動、今回はお昼で。









     昼は、『いろどり御前』 という松花堂縁高STYLEの一択。 (前日までに予約すれば夜の懐石も可能)
    これがなかなかバラエティ感あって楽しいのです!
    1_20181018163839687.jpg








     三つ仕切り
    3_20181018163850edb.jpg

     煮浸し(切り干し大根・菊花・舞茸・水菜)、 土佐酢和え(冬瓜・若布・白木耳・帆立)、
    さごし照焼。
    煮浸しや酢和えは優しくお出汁の香る上品な味わいで、素材を素直に引く味わい。
    さごしの照焼は温かく、甘醤油でもって身の味を立てます。














     高台小鉢   チーズ風味田楽・茄子・ピーマン・粟麩
    5_201810181638518c8.jpg

     こちらは色濃い味わいで、調味の強さが光る。
    チーズを充てて洋風か? と思いきや、現代風日本料理として凛としてる。
    けして創作和食には思えないよ。 
    作り手の纏ってる和食の魂が表現力を鮮やかにしてる。












     お造り   鰹と白ムツ
    2 鰹白ムツ

     刺身ではなくお造りとして。   
    さっとたたいた鰹は瑞々しくもほんのりスモーキーにも感じられ、
    旨味をギュっと凝縮。
    白ムツのプルっとくる旨味は奥深く、香りが薄れるにしたがって旨味が露わに。
    お気軽でもおちゃんと本山葵を使うところにも気概の高さが伺えますね。
















     鉢物   利休庵掛け
    9_201810181639011cd.jpg

     紅葉豆腐・里芋・玉蒟蒻・南瓜・椎茸。
    胡麻の葛餡で彩られた味わいは、滋味深く、、、味わい深く。
    利にかなったような美味しさがあり、呼吸深く感慨。
    特に里芋の美味しさが高まって、とても素敵でした!

















     鮭御飯
    8_201810181638569e3.jpg

     自然体な味わいの鮭ほぐしの旨味。
    艶やかな米の甘さに風味が乗ります。







     汁椀
    10_20181018163907252.jpg

     小松菜・厚揚げ・しめじの赤だし。
    厚揚げの味噌汁は今まで思いつかなかったけど美味しいネ! 
    是非真似してみよっと(笑)
    お出汁が優しく香り、味わいキレイでしみじみ旨いっ!





     香の物
    6_20181018163851155.jpg

     小葱・味噌牛蒡・しば漬け。
    食と香りのアクセント!
















     甘味   安納芋のクレームブリュレ
    11_2018101816391317f.jpg

     まぁ、、、まぁ、、、、まぁま。  
    最後の最後で創作洋になっちゃうけど、受けは良いだろうね~
    個人的には果実一粒とか、干菓子とお茶くらいで良いと思っちゃうので、
    そこは好みから外れますが、、、  でもバラエティ感あって〆に盛り上がるね。















     気軽とはいえ、これだけバラエティ豊かで技の効いた料理が頂けて2000円もしない、、、
    超破格ですが、強弱しっかりつけてあるので安心だね。
    手軽な値段でそれ以上の技と味わいが頂ける超優良佳店です。

    ここで食事会でもやろうかな~    ぼちぼち。












    trackback: -- | コメント: -- | edit

    中国旬菜 あいば (豊田市和合町) 

     食べたいと思い描く料理が頂ける事って幸せだなぁ、と。
    あいばさんの料理を欲したとき、その分だけしっかりと口福を届けてくれる。
    外すことない期待通りの美味。
    こちらはやはり四川料理が真骨頂のお店だと再認識。
    なので餃子やラーメンなどを食べることはほとんどないです。



    ボクはこだわりは全く持ってないけど、訪れたお店の軸には気を使いたいな、と。








     鶏肉と野菜の四川炒め
    2_201810171748556bd.jpg

     いや~  鍋のいい香り! 
    オイスターや唐辛子などの芳しい香りが香ばしく炒め上げられ、
    スカっと刺激的な辛味と芳醇な風味が勢いをもって美味と為してる。
    しっかりした油使いでも、嫌なベト付きや酸化もなく、サラッとしてるし、
    食材を瑞々しくコートして旨味をギュっと閉じ込めつつの、勢いある調理で弾ける旨さ。
    野菜も特徴を引きだし、甘く土やかに。
    素材云々よりもその腕前に惚れ惚れだよ。

     ここのザーサイ好き♪



















     四川担々麺
    IMG_E3494.jpg

     はずせないね~!
    なんだかんだ言ってもバカウマですわ。
    濃厚な芝麻醤に辛子と花椒の刺激がバチーーンと決まる!
    八角などのチャイナスパイス使いも高貴さでもって香りを膨らませて。
    干海老のテイストがググッと旨味を持ち上げて、強い味わいをバランスよく美味へ導くんだよね。
    シコシコ細麺のマッチングも良いし、金針菜の箸休めや肉みそからのコクが味わいに太線を入れる。
    辛目でお願いしてるので、食べ進むにつれ汗腺の開きも活発に。
    カラダの中からポカポカと熱を発します。









     次回は古式汁なし担々麺を食べなくちゃ!










    trackback: -- | コメント: -- | edit