• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ノワゼット (豊川市豊川栄町) 

     新作ラッシュ!
    本日はガトーバスクを作るとの事で、、、 
    昨日の今日ですが、こりゃ行かねば!と。

    お店のインスタ見る限り、ガチ郷菓タイプではなく、
    パティスィエさんの思う美味しいガトーバスクのイメージかな。
    それはそれでアリですね。 
    強い想いが生む創作には人の心をググッと掴む力があります。






     ガトー・バスク
    IMG_5594.jpg

     ホールで見たかった(笑)
    ちゃんと本格的な造形ですね。
    表面はカチッとさせ生地はサラッとホロホロッと、白い砂の粒みたく軽やかに。
    アーモンドの風味こそ淡く感じちゃいますが、このお店にあってはコレが最適です。
    そこに卵感のカスタードがネットリ絡み、ダークチェリーの甘酸っぱい香やかな味わいでもって、
    底から一体感を感じる安定した軸です。
    優しい味という表現で良いのか分からないけど、とても真っ当な味わいでサラッと馴染む。
    こういうTYPEのガトーバスクは初めて口にしましたが、
    ノワゼットさんの色合いある美味しさだと感じます。  
    ジワっとボディに効いてきますね。  紅茶がよく合います!







     チーズとローズマリーのサブレ
    DSC03151.jpg

     結構好きな感じでリピしてます。
    DSC03162.jpg

     口に入れると、チーズのふんわりした芳しさとローズマリーの抜ける香りが豊かな旨さを生み、
    ややしっとりしたサブレの崩れる食感とともにフワッと心地よく。
    小麦粉に照準があり、引き立てるような絶妙な塩気とBペッパーの追い風が、
    芳しさにモジュレーションを与え、風味高らかな美味しさへ昇華。
    小さいけど、ちょっとした前菜でも通用しそう。
    ワイン泥棒な旨い奴です。







     



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    焼き菓子屋Noisette (豊川市豊川栄町) 

     ふらりと開店直後のノワゼットさんへ。
    超人気店になってきたので売切れが早く、皆さんお話しされてくのが好きな為か、
    接客中で取り置きしたくても電話も繋がらないことが多々あります。
    対面式スタイルの良さでもあり、このお店の人気の比重があるかと。
    ゆえに、ふらっと仕事帰りに寄って気軽にオヤツを買って家で楽しみたい! というお客さんには難しい現状なんだよね。
    ボクも結構な頻度でお伺いしてますが、高めのハードルを感じてるのも確かです。 が。
    真っ当なお店が売れっ子になってくのはとても良い事ですね!  応援しましょ~



     本日は珍しく新作を。
    あまり洋菓子屋の生菓子を好まない傾向にあるんですが、
    食べてみて正解。  美味しかったですよ~   
    パティスィエさんの長所がよく表れてます。




     タルト・パッション
    DSC03116.jpg

     今まで製作されてたタルトシトロンに替わっての登場!
    大好きなパッションフルーツを取り込んだ嬉しいお菓子です。
    おぉ! スカっ!と酸味の心地よいパッションフルーツの味わいに甘さとコクを与えて美味しいスウィーツへと。
    カシスを忍ばせたメレンゲがコックリした円やかさを滲ませ、
    パッションだけを突き抜けさせない磁力となって一体感への貢献を感じます。
    波は小さく穏やかですが香りの盛り上がりもあり、食べていて楽しいです。
    レモンじゃなくても明るく仕上げるセンスは流石ですね!







     タルト・ショコラ・フランボワーズ
    DSC03132.jpg

     ラズベリー風味の生クリームもトッピングではなくショコラの補強として捉えると、
    なかなかに重厚かつキレのある味わいでして、
    エッジある甘酸っぱいのソースと重なれば、カルディナルのような味わいを感じます。
    スピード感は無くとも引っ掛かりがなく、楽しい美味しさですね。
    ルビーチョコが何となくRAWを感じさせて、ショコラに共鳴する明るさと輪郭。
    豊かな味わいを感じました。


     洋菓子として、、、
    これをひらめいて作ってるとしたら、相当なハイセンスとイメージ力の強さだと感じます。
    普段食べないタイプのものですが、美味しく頂けました~






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    手打ちそば 玄子 (豊川市野口町) 

     豊川市の北西部 『蕎麦屋トライアングル』 の一角△
    久しぶりの訪店。  
    こちらは香る蕎麦を深々と嗜むというよりも、美味しい蕎麦をモリモリヴォリューミィーに食す!
    という印象で、とにかく蕎麦好きという向きに嬉しいよね~
    ボクもそういう意識でこちらへお伺いしています。
    それこそが持ち味であると思いますので、自分の好みやハードルを設けることなく、
    ちみちみやらず、存分にクロコさんのお蕎麦で腹を一杯に満たすのです。
    並盛りでもヴォリュームあるけど、やはり大盛りにしてモンブラーン景色を楽しみたい。









     十割蕎麦 特打ち
    IMG_0723.jpg

     圧巻のヴォリューム、まさに蕎麦の山。
    見た目以上のヴォリューム感がありますよ。

    IMG_0724.jpg

     蕎麦豆腐・蕎麦の実味噌、辛味大根や塩(海塩?) も付いて。
    塩は嬉しいです!   
    辛味大根はもうソバツユに入れてそれ自体を味変アイテム化とし、
    蕎麦自体は塩を乗せてズルズルと啜ります!
    穏やかですが、さすが特打ちだけあり、蕎麦の実の中心の粒の味わいが生きており、
    時折弾けるような蕎麦殻のワイルドさを舌に感じ、ムニャムニャ噛み締めると甘さが湧く。
    強くはないですが、美味しい蕎麦が量を気にすることなくワシワシと喰らえる喜び。
    たまに山葵を箸先に付けてチョンと舌に乗せて香りを楽しんでアクセントを得たり、、、
    大根汁のソバツユに浸しまくって食べてみたり。
    蕎麦喰いってさ、いろんな愉しみがあって楽しいね~






    そしてここへ来たもう一つの理由、、、 そちらが本命かも(汗)
    ここは季節の山の幸の天ぷらがあって、お安く気軽に旬を感じられるアイテムなんだよね。
    タラの芽の天ぷら狙いです!  春の苦みと甘味を欲してて。



    でも、、、無かった チーー―ン、、、



    ですが!  空豆の芽なるものがあるそうで。
    空豆の芽とは聞きなれぬようだけど、割と一般的で目にしてると思います。
    ボクもその姿を見て 『あぁ、これね!』 と気付いたよ。




     空豆の芽の天ぷら
    IMG_0726.jpg

     抹茶塩が添えられて。
    少し揚げ加減が好みではないけど、、、  
    特有のヌメリというか、、澱粉質的な粘りを奥に感じる茎の味わい。
    春草ならではの土の香りと翠の味わいに胸が躍るように弾みますね~
    量も多いので食べきれるか不安でしたが、いろんなアイテムで味変させたりして完食!

    食った喰った!
    食べたいものを満腹になるまで食べるというのも、1つの幸せなんだろうな~
    と。





    IMG_5406.jpg

     素敵な事ですね~ 








    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ベベ (愛知郡東郷町) 

     突き抜ける香りを感じに、ベベさんへ♪
    このような香りの突き上げ感はそこいらのパティスリーでは感じられません。
    この地において、まさにBEBEさんの独壇場です。
    いろんなものを削ぎ、全力でケーキに情熱をブツける。
    そういった意味では、真の職人魂なのではないのかな。
    最近気付いたんだけど、ベベさんのケーキって商品というよりも、
    芸術を生むような 『作品』 として受ける印象が強いな と。 
    即ち、シェフにとっては自ら創作する作品なんじゃないのかな? と。 
    とても力強いし、作品へのパッションが相当高い。
    気高さが見事に各パーツと連携し、一つの作品として凛々しく立つようなイメージ。
    凄いですね~   ホント凄いお店になってきました!






     フレジエ
    DSC02844.jpg

     突き抜ける香り、アロマティックな膨らみ、メロウな込み上げ、、、、
    とてもとてもシャープであり、気品あふれる味わいにクラクラと。
    口内で崩れる苺からの鋭利で香やかなで味わい、アマンドやピスターシュ系のアロマ、、、
    しっとり生地からの鼻腔を抜けてゆく風味の膨らみ。。。
    スカ~っと天に抜けてくようなイメージです。










     ガトーバスク
    DSC02854.jpg

     久々にガトバを食べたくなって。
    あれ? こんな美味しかったっけ?  と、改めて感じる。
    含有の高さからくる、官能的なヴァニラ香の恍惚感がグググッと押すように。
    サクッ、ザックリ、、、ホロっと崩れる生地の風味は高らかで、
    バターの香りも甘やかに舞うように、明るさのある味わいと相乗して広がります。
    ラムのアクセントがリード感を生んで、円い味わいをスカっと明るく。
    こちらも飽きることなく、食べ手を魅了し続ける美味しさです。






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    讃岐 釜宗(蒲郡市御幸町) 

     旨し地物の牡蠣を喰らいに釜宗さんへ。
    ここの牡蠣は大きさよりも、その肉厚さとプリっと弾けるような身質に魅力があります。
    リアスの牡蠣よりはミネラル豊富な味の濃度を感じることはなく、
    どちらかといえば岩牡蠣のような純朴な旨さ。
    ガツンときてスっと引く旨味ですね~    官能的な食感がたまりません!





     どこにも牡蠣の天ぷらの表示はないけど、店主に相談でどうにもなるのが魅力ですね。
    サーヴィス精神の旺盛さと料理好きなんだなぁ~ と思わせるような探求力と表現。
    本日のうどんは、小麦粉を少し変えたようで、、、 モッチリ感が増したようだ。
    ボクのような何も分かってないような人間にも、そうやって打ち明けたり、、、
    とても素直さがキレイな御方なんだろうなぁ~  と。


     牡蠣を全部天ぷらにするのもいいけど、
    せっかくだからその出汁をうどんに足すのもいいんじゃない? と提案していただき、
    一粒二粒はうどんの出汁で煮出してくれるんだと。
    それは嬉しい。   ほんとサーヴィス精神というか、
    良いものはとことん楽しませてあげよう! という気持ちが伝わってくる。





     ひやかけ
    IMG_0733.jpg

     えっと~  ひやかけをオーダーしたつもりですが(笑)
    さすがですね^^   アゲとこれなんの野菜なんだろ?
    ホクホクとしててちょっとウイキョウのような食感。 
    トスカーナ手法のクタクタキャベツの芯にも似てるような、、、
    わりと中粒ですが厚味のあるツルツル牡蠣が二粒!
    うどんのイリコ出汁に存在感を与えてウマウマだわ!
    麺はなるほど~ もっちり感というか粘りが増して、噛み締めが気持ちいい。
    ミチっと噛み切れたあと、小麦粉の風味がフワッと鼻を抜けるように。
    出汁の旨味と共に、丼持ち上げてズルズルズル~!!!と啜り立てたい衝動。
    あまりに美味しくて、ガブガブ飲むように食べちゃいました(笑)






     牡蠣の天ぷら
    IMG_0734.jpg

     身厚な4粒がまるまるっと肥えて。
    よく見る長細ではなく円いよ。
    噛み締めれば、、、 ブジュっと弾け溢れる牡蠣エキス。 
    熱々なので要注意ですがお構いなし!
    身の持つ旨味と塩気だけで、何もつけずに食べてウマウマ!!!
    ヨモギ? 葉物の天ぷらも蒼やかな苦みが甘く美味しい。

    途中で出汁に浸して味変したり、半分そのままかじって半分はアゲで巻いて食べたり。。。
    楽しんじゃいました。

    これ、最高に旨くまさに宝物なんだけど、シーズンあとどれくらいだろうか。
    一般的な流通とは訳が違いそうだけど、まだまだ食べたいな~



    こういった旬の地の物を存分に楽しませてくれる讃岐うどん店、、、
    そうそうあるものじゃないよ。  
    少数精鋭にはなるけど、海鮮料理店にも無いようなラインナップが素敵すぎます!









    trackback: -- | コメント: -- | edit