• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    伊部 (浜松市東区上西町) 

     大好き、安定の伊部さんへ。  
    お決まり的定番を頂いてきました~









     マナガツオのスモーク
    DSC00480.jpg

     黒板より、本日の小皿前菜的なオススメ。
    伊部さんではわりと古くからある定番メニュゥですね。
    白身を燻製にかけて凝縮された旨味と芳しきソソル風味。
    そこに合わせる和ハーブ的な香葉にセンスを感じます。











     スープ
    DSC00493.jpg

     伊部さんの淡麗で上品な清湯ウマい~!
    具のザーサイの風味が、グイッと旨味を高いところに持ってく。
    ゴクゴク飲み干したい!










     野菜の甘酢漬け
    DSC00499.jpg

     伊部ピクルス!
    食感の生きた漬かり具合、しっかり仕事感じる旨さ。
    甘さがポイントでもありそうで、酢の立ちとのクロスポイントが高いんです。







     エビチリ
    DSC00487.jpg

     フレッシュトマトから作られた風味高く奥深いチリソースに、プリップリの海老がゴロゴロと。
    香味野菜の香りの良いところを引いた香りの良さも特徴。
    フワトロの卵の絡みも食感を滑らかに、チリソースを華やかに。
    手早い鍋回しが生むフワフワ感、しっかり瞬に乳化させるスキルの高さ。
    シルキーな辣油のドレスも素敵です。











     麻婆茄子
    DSC00490.jpg

     さすがにバジルは入ってないか~
    コク甘かつキレのある調味で、上質ながら龍の勢い感じる調理感。
    茄子だけでも三種類使われていて、特に天狗茄子のトロトロ感がとても良いコントラストに。
    肉みそのコク、勢いよく炒め上げて風味を閉じ込めた茄子の瑞々しさ、、、
    高級素材は無くとも、贅沢な旨さが光ります!   シェフの技術は特級ですから。











     海鮮あんかけそば
    DSC00498.jpg

     他所ではまず頼まないようなメニュゥだけど、、、 
    伊部さんではこうなります。   The 伊部ですね。
    上品な塩味のあん、フレッシュな海鮮がタップリ!
    海臭さもなくただただ、旨味の引きが巧い。
    バリソバって言うのかな?  
    揚げ麺もモチモチしていて、オーダー受けてから作られたのが明らか。
    時間経過とともに麺が餡を吸いしなやかに変化してく様を楽しみつつ、
    自家製XO醤でアクセント付けながら味変、そのたびに何度も唸る旨さ。











     杏仁豆腐
    DSC00501.jpg

     ソフトタイプでしたが、それでも風味の高さには驚きますね。
    自家精した生の杏仁粉をふんだんに使い、これでもか! というくらいのビターアマンド感。
    突き抜けるオリエンタリックな風に、ボクの欲も満たされます!











     サクっと食べたつもりだったけど、結構楽しんじゃいましたね~
    何食べても、そこに至れる安心感があるので重宝します。






    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ラ・グラティチュード (浜松市中区住吉) 

     トレトゥールがクセになりそうです。
    もーすぐシュトーレンも登場との事で、そちらも楽しみだなぁ~
    味だけなら近世イルプルーの良いところ、店主の情熱の転写がとても巧く融合していると感じます。
    目指す形への削がれのない、ノビノビっとしたハツラツな艶がありますね。








     ル テュラン
    DSC01168.jpg

     お馴染み、ドゥニさんの栗のショートケーキ。
    これを食べると、、、 あぁ今年も冬がすぐそこだなぁ~ と。
    ここ数年、旬をフランス菓子で感じる機会が多く、、、
    マニアじゃないのに! と 笑えます。
    こちらのテュランは栗の感覚とコックリしたクレームの反応が上手く相乗。
    粒感もあって 『栗!』 というインパクトもありつつ、円やかで包み込まれるような柔らかなシルク。
    絶妙なシズル感と乾いたフンワリ感のコントラストある食感の妙。












     ポティロン
    DSC01174.jpg

     いや~ 秋ですね。
    南瓜のインパクト、素材感あるコックリ膨らみのあるあるムース。
    そのクチドケの滑らかさが特徴、ふわふわシフォンのようなキメ細かい息を感じます。
    クリーミーさと明るさのある南瓜の風味が堪りません!











     カボチャのお菓子
    DSC01175.jpg

     こちらは更に凝縮感あるカボチャが主役!
    キャラメルのようなハリのある旨味となって、南瓜が自素を超えてます!
    ねっちりしたペスト状とタルト地の食感も楽しく、あっという間に消えてしまいました(笑)
    う~む、、、上手だ。。。   そう印象が囁いてきます。












     旬菜のキッシュ
    DSC01216.jpg

     インゲンとバターナッツ。
    いや前回より更に美味しくなってるように感じるのは何故?!
    瑞々しさと濃厚な味わいがスマートに融合。
    頬張ると野菜の香りも口腔内に広がり、料理食べてる感に満たされる。
    卵のしとやかさ、生地のホロホロっと崩れる食感と風味高さ。













     キッシュ ロレーヌ
    DSC01234.jpg

     思わず顔がほころぶ旨いやつ。
    芳醇なチーズ、これでもかっ!というくらい詰め込まれたヴェーコンなど、
    店主の気迫というか情熱の塊がギュギュッと。
    とても豊かな美味しさであり、食事としても隙のない味わいで。
    でもってダメージもなく食べてるそばから、また食べたい! と思わせるパワーがあります。















     エネルギッシュな味わい、目が離せません!










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    宏松 (浜松市中区幸) 

     四ツ池にある老舗の洋食屋さん。
    数年前に移転してきて、その時に名前も宏松支店から宏松へと変更。
    2代目中心態勢となってスタート。
    言うまでもなく静岡西部では絶大な人気を誇るお店ですね~
    洋食全般なんだけど、特徴的にはデミグラスソースを多用するところ。
    トンカツやヒレカツもデミソースで食わせます。
    それが病みつきなんだよね~
    近辺では、豊橋のキッチン島村があるけど宏松支店の頃と雰囲気的に似てます。
    デミ大好き人間としては嬉しいお店なんだよね。
    クラシックタイプのオムライスやハンバーグなども魅力あるんだけど、
    ここはトップメニュゥであるヒレカツ又はトンカツでしょうか。
    ちなみにメニュゥ名にはライスが付き、名称はトンカツライスやハンバーグライスなど。
    ライスいらなければ単品も可能です。  ただ、ライス欲しくなる味(笑)









     とんかつ
    2 (1)

    1 (1)

     より肉厚な特とんかつもあるけど、これは普通のとんかつ。
    デーーーーーーーーん! と鎮座。  
    そこにサラリとしたデミソースがタップリ!
    カラりと揚がりサクッと香ばしく厚めの衣が肩ロースを包んでます。
    頬張ってみると、、、 デミで衣が柔らかくなってるけどそこは気にならず、弱くもなく、
    しっかり料理として一体感があり。
    ザクッと噛み締めると豚肩の旨味がジュワっと広がり、熟成された味わいが膨らむ。
    火入れは繊細なレアではなく、クラシックですがコレが合うと思う。
    デミはトマトの風味を感じる深さであり、あれこれゴールに向けて投入したような雰囲気はなく、
    まさにサラリとしていて爽快。
    たっぷりでも苦にならず、トンカツやキャベツに絡めまくりたくなります。
    特筆すべきはそのキャベツの処理!
    しっかりさらしてしっかり冷やし、キャベツの嫌味が全くなくフレッシュ感と甘さが繊細。
    切り口にしても繊細でちょいと驚きました!
    これはかなりのこだわりと技術をもった職人技かなと。
    声を出さないところに本物があります。





     美味しかったですよ~   洋食のジャンクさよりも温かみというか優しさというか、
    心にポっと燈火を感じるような、そんなメモリアルな美味を感じます。








    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ラ・グラティチュード (浜松市中区住吉) 

     待ってました!   の、トレトゥールが登場!
    イルプルーでの販売休止は悲しかったけど、浜松の地でそのスピリットを繋ごうと奮起。
    素晴らしいですね。    心に純粋で美しさを感じます。
    トレトゥール、、、 まぁ、今回はキッシュ’Sという事で。
    旬の野菜などを使ったシェフの気まぐれ的な旬菜のキッシュ、
    そしてイルプルでお馴染みだった旨しキッシュ・ロレーヌの2種を基本的に作られてくそうで。
    こりゃ毎週でも行きたいとこだな、と。   楽しませてくれそう♪
    そう、このお店と出会って、楽しみが増えたんだよね。
    行けない週でも、オフィシャルインスタの今週のメニュゥ見て垂涎してます(笑)














     旬菜キッシュ
    DSC00710.jpg

     インゲンや南瓜がゴソッと!
    野菜からの優しさが前面に出ており、重さは全くありません。
    生地のバターの風味も高く、サクッと軽やかなんだけど味わいに厚みがあって。
    完全食になりうる旨さ。












     キッシュ ロレーヌ
    DSC00712.jpg

     こちらはフランスらしくガッツ~ンとチーズやハムの魅力的な香り。
    香ばしさや熟成香など複雑ながらスコーーーンと抜けがよく味わいが軽やかなのは、
    徹底したレシピへのオマージュとスキルの高さが生むのでしょう。
    少し温めてやるとさらに顕著に旨さが光ります!


     このレヴェルのトレトゥールが頂けるなんて、、、 嬉しすぎです!
    ブーランジェリーやデリカテッセン・焼菓子店はおろか、フランス料理のお店でもなかなかないような、
    ブライティーな奥行きある香やかな旨さだと思います。
















     マンゴーとフランボワーズの乙女心のムース
    DSC01048-2.jpg

     マンゴーのフワッと膨らむ香りと、フラボワのスカっと突き抜ける刺激的なヴィヴィッド感。
    見た目以上に鮮やかな味わいの香気があり、ヘーゼルナッツの風味のラインが入ったスポンジの穏やかさ、
    躍動感のある味わいで若さのある色気を感じさせてくれます。
    とても好きなタイプの旨さであり、
    細かいとこは抜きで・・・大好きだった大垣の今は無きお店の風合いにも似た、
    滑らかさと香やかさを感じます。    明るさのある美味しさ。













     ブレズィリアン
    DSC01063-2.jpg

     林檎のジュレがかったコーヒーのババロアのお菓子。
    その名の通りブラジルを連想させるキャッフェな風味の膨らみ。
    甘さを帯びた珈琲をリキュールでスピード感上げて、スカっと。
    シュワ~っととけるようなババロアの食感も清々しく、クチドケと珈琲の風味のコントラストが楽しい味わい。
    カルバドスの上品な香りが胸にトキメキを与えるように。

    いろんなお店でこのお菓子を食べてますが、分かりやすく、透き通るように明るい味わいでした!

















     ガトーバスク ショコラ
    DSC01055-2.jpg

     正直ナメてたというか、トラッドをアレンジされたものにあまり惹かれないんだけど、、、
    これは食べてみて大正解!
    ペック社の抜けの良いショコラをふんだんに使用し、チョコレートの色気ムンムン!
    それでいてキレがあり、違和感なくスーーーっと収まりの良い旨さ。
    ガトーバスクというより、チョコレートのお菓子としてもかなり美味しく感じました。






     浜松では600円域の価格帯のフランス菓子ってまだお高い印象のようだけど、、、
    この素材感、贅沢な使用感からして、、、 とても良心的だとボクは感じます。
    ルセットを削ることなく味わいを映し出す、、、 
    そりゃ贅沢な香やかさで、最近の本家より旨さを感じるわけだわ。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    布橋みやひろ (浜松市中区布橋2) 

     遠州系中華そばの代表格ですね。
    ボクは舞阪の浅草軒がツボなのですが、
    ここ、みやひろさんの豚ガラがっつんの、ワイルド且つ素朴な味わいも好きだな。
    懐かしい味というにはパンチあるけどね、シンプルで旨味の掛け合わせ感がないところが好き!
    醤油感あるカエシの強味でもって食欲を盛り立てます。




     わんたん麺
    R0040617.jpg

     豚臭さのある背ガラ豚ガラの出汁に醤油濃さあるタレでもって、ラーメンとして豊かな風味のスープ。
    豚の旨味も十二分。  太いボディでコク旨タイプ。
    カンスイ臭い黄色い中華麺も、それっぽさがあってこのスープとのマッチングはヴェリグ!
    トゥルンの口に流れ込んでくるようなワンタン、もも肉で旨味強いチャーシューなどなど、
    遠州系中華そばとしての魅力満載です!

    豚しくも素朴でストレートな強い味わいは、なかなか他所ではお目にかかれないね。










    trackback: -- | コメント: -- | edit