• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ロシア料理 甘藍 (豊明市新田町) 

     寒い日はロシアンに限る。
    熱々トロトロの煮込み料理、パリッと香ばしい揚げ料理、、、
    どれもがフハフハと熱々を頬張る醍醐味に溢れ、寒い季節にこそ理にかなった美味しさ。


    P1490925.jpg

     こちらは冷菜的なビーツのポテサラですが、心はホッと和むような安心感。
    ヴィネガーの効きで胃にビシッとGoの信号が走ります。









     ボルシチ
    P1490932.jpg

     甘藍さんのボルシチはパンチあります。
    クタクタに煮込まれた野菜からのブイヨン、肉の旨味、トマトのキレにビーツの紅。
    いや~ あったまる~     ジワ~~~っと広がるHOTな美味しさ。 至福。












     ピロシキ
    P1490930.jpg

     熱々揚げたて!
    香ばしく揚がった生地をザクッと噛みこめば、、、 具のフワッとロシア風ミンチ肉の芳醇な味わい。
    結構濃い味付けなんだけど、さらにケチャップ付けて食べるとウマウマ。
    ここは郷に従うべく好みを超えていきましょう。   すると何とも言えぬ背徳の悦び(笑)
    ピロシキ食べると、ソールフードの幸せ感じてしまうよ。
    小学生のころ、絵の授業でピロシキを書いてしまったほど好きなので。














     ビーフストロガノフ
    P1490927.jpg

     ガノフっちゃう?
    濃厚なハッシュドビーフ的な分かりやすく食べやすく、それでいて情緒感ある美味しさ。
    フワッとクリーミー、ビターなコク。  
    赤身のビーフもゴロゴロ入っていて食べ応え十分。
    ライスが添えられてるのもポイント高く、ハヤシライス的な楽しみ方もベター。














     ロールキャベツ
     P1490937.jpg

     キャベッちゃう?
    いや~ 何度見てもインパクト感じるキャベツ爆弾。
    濃厚なトマトクリームソースもパンチあって、これまたライスがススムくん。
    トロトロに蒸煮込まれたローリングシューにナイフを入れると、、、
    ジュワ~~~~ っと具のミートローフからの豊潤な旨香。
    トロトロ~ でフワフワ~ です。
    濃厚ソースを拭って口に運べば、、、  嗚呼、、、 
    瞼裏に映るは極寒の地の暖炉のある情景。
    キャベツ軸の根菜や野菜、香味野菜のじんわり効く根強い味わい、、、
    潤しのミートローフのフワフワなコク。。。
    迷いがなく、爽快な気持ちにさえしてくれる美味しさ。
    千差万別の家庭料理とはいえ、
    これはこれで完成された料理なんだよな~  と腑のあたりへ収まりよく。













     つぼ焼き
    P1490934.jpg

     熱々、激熱のオーヴン料理もテッパン。
    熱々のパンキャップをちぎりちぎり、中のクリームシチューを覗く。
    熱い蒸気とともにクリーム、鶏、茸などの香りがフワっと。
    恐る恐るスプーンで口に運べば火傷必至ですが止められない食衝動。
    フハフハ・ハフハフ吐息で絡ませながら頂くこそ生まれる美味しさもあって。
    パンキャップもシチューに投入して絡ませてホクホクと。
    パンチあって濃厚だけど、なぜか好きに食べちゃえるんだよなぁ~













     ロシアンティ
    P1490939.jpg

     熱々の料理の後は、熱々のロシアティで。
    苺ジャムたっぷり入れて飲みましょう!
    甘々でホッとしますね~(笑)








    いや~  寒い時期に寒い国の料理が食べられるなんて、素晴らしい事だと思います。
    まさに郷に従え的、流儀に浸りきって食べると、、、 そこには食べる至福がありますね。
    情緒情景のある料理って好きだなぁ   と。  しみじみ感じます。









    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ロシア料理 甘藍 (豊明市新田町) 

     暑さに逆行してロシア料理が食べたくなり、甘藍さんでのディネ。
    ロゴスキー名古屋も閉店しちゃってるし、名古屋圏で貴重な存在ですね。

    本日はフル堪能。  定番を食い漁る。








     ニシンのサラダ
    IMG_0169.jpg

     ヴィネガーでキッチリ〆られたニシンは強めな酸味とほんのり甘さがあり、にしんの旨味をグイッと。
    日本食でありそうだけど組み合わせが異国チックで、こーゆーフツーじゃない感じが堪りません!










     サーモンのサラダ
    IMG_0172.jpg

     こちらはよく見るやつ。  自家製スモークサーモンは燻香が心地よく。
    野菜もマリネーゼで柔らかい味わいで、酸とスパイシーさがあり。
    誰もが美味しい安定感ですね。











     ボルシチ
    IMG_0177.jpg

     これ食べないと始まりませんね。
    こちらのボルシチはパンチがあって分かりやすく美味しい。
    ビーツのホロ甘さとトマトの酸味、牛スジ系のブイヨンのポイントを突く旨味。
    派手目ですが、じんわり美味しさの伝わるスピード感でもあり、あぁ旨いなぁ、、、と。











     ピロシキ
    IMG_0179.jpg

     パリッとザクッと噛み締めのある香ばしいピロシキ。
    具のミンチにはしっかり味付けがなされていてケチャップは不要、、、
    と思いつつ、好み排除でしっかり付けたくなります。  ありきの美味しさだと思うので。










     つぼ焼き
    IMG_0182.jpg

     これもハズせません。   熱々激熱をハフハフと。  
    蓋の役割のパンをちぎり、熱々のクリームシチューに浸して食べる。
    茸と鶏肉、玉葱の旨味凝縮されたシチューは火傷必至ですが、ロシアン食べてる感で気持ちが盛り上がる!











     ビーフストロガノフ
    IMG_0184.jpg

     フライパンの香ばしさがあるビーフが妙にクセになる。
    たっぷりの茸と芳醇クリーミィなソースでもってパンチあるストロガノフ。
    結構なヴォリューム感。











     ロールキャベツ
    IMG_0186.jpg

     パンチあるロルキャ。  クリーミィで分かりやすい美味しさ。
    トロトロキャベツに包まれたミートローフは柔らかく、肉と野菜の味わいにパンチもあり、
    濃厚なトマトクリーム系ソースをぬぐいつけて食べる、ちょっと罪感じるような美味しさ(笑)











     ロシアンティ
    IMG_0187_20180811044317395.jpg

     苺ジャムの風味が異国情緒。  もっと甘々でもいいね~







     自家製プリン
    IMG_0189.jpg

     しっかり深焼きビターなカラメルがとてもいい感じの大人のプリン。
    卵と牛乳、砂糖のシンプルな組み合わせで、傾向としては山猫プリン方向です。











     夏のロシア料理も、堪らない魅力があります。




    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ルンビニ カレーハウス (知多郡東浦町) 

     たま~~~に・・・・ お伺いしてるお店。
    よくある現地系の人がやってるインドネパール料理店。
    あえて行くことのないタイプのお店ではあるんだけど(汗)
    なぜ今回? というのは、、、 えっと~ メニュゥにダルバートが加わっていたので!

    そう、ボクはダルバートに弱いのです。  その店の味が好みか好みじゃないかに関係なく。
    とりあえずは食べたい(笑)  そーゆー気持ちになってしまうロックオン。

    その名の通り、ダル(豆)+バート(米)でダルバート。
    米と豆のスープを混ぜて食べるネパールの国民食。
    日本でいえば、ご飯、みそ汁、ぬか漬けと小鉢、、、、 
    といったところでしょう。    現地食です。





     ダルバート
    IMG_3279.jpg

     見た目はよく食べるダルバート然。
    でもカレーやダルスープの色を見ると、ナッツケチャ系なのが分かる・・・^^;
    シンプルな素材軸系ではないですが、ダルスープは割と豆の味わいにフォーカス来てるので、
    雰囲気は味わえます。
    チキンとほうれん草のタルカリも油脂のコクがあり、カレーっぽい(笑)
    ま、言うてもそれは好みの話なので小さい小さい。
    家庭料理なので味の違いがあって当然なので、このお店の流儀に則って楽しみますよ。
    ダル、タルカリ、ジャガイモのアツァール、、、
    全て米にぶっかけてマゼライス!
    あ、、、 米は長粒ブレンドで、炊き加減? 解凍加減? ムラはあるけど食感は良い感じ。
    バスマティの芳しさこそ希薄ですが、しっかり吸ってくれる。
    素朴な味わいではないけど、ナッツのクリーミーな贅沢さのある派手目なダルバート。


    食べることが出来ることに感謝。

    食べ続けますよ、ダルバート。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ザトラ (岡崎市矢作町) 

     久しぶりの訪問。
    ダルバートの味がだいぶ変わってしまったので、距離置いてましたが。。。
    その後どうなったかなぁ? という気持ちでチャレンジ。





     ダルバート
    IMG_31722.jpg

     ヴィジュアルバランスが良くなってる!
    アツァールやタルカリもボリュームあっていい感じだし。
    ダルスープを食べると、、、  前回感じたニンニクのディープローストに支配されることなく、
    スッキリしてダルの味わいにフォーカスがきています。
    特有のコク太な味わいで塩気もしっかりしており、  おっ!コレはイケるぞ、と。
    タルカリもスパイシーな肉じゃが感でもって食欲をくすぐる。
    インゲンの香りがいいアクセントだねぇ~
    アツァールのピクルス感、生野菜の瑞々しい口休め感など、とても合理的な食事と為って、
    込みあがるような食欲衝動が疾走します。
    全部ゴチャゴチャのマゼマゼで、芳しいバスマティライスにしっかり吸わせてガツガツ喰らう。
    食べることの幸せ感じるネパール飯。  たまりません!










     チャイ
    IMG_3177.jpg

     食後はホットチャイ。
    ちゃんとミルクで煮出したコクと風味。  美味しいです。








     ファーストインプレッションとは違うけど、美味しいダルバートを頂くことができました。
    好み関係なく、どうやらボクはダルバートという食べ物自体が好きなようです。




    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ロシヤ料理 バイカル (豊橋市花園町) 

     ロシア料理ではなく、ロシヤ料理ってとこも何だかレトロティックで
    このお店の持つ雰囲気とバッチリ合ってる。
    この雰囲気ばかりは、どれだけ設計士や建築士が頑張っても出せないデザイン^^
    バイカルさんのこじんまりとして、客の皆がこのお店に参加しているような空気、
    懐かしいように美味しいロシヤ家庭料理をしみじみと楽しんでる。
    大好きなお店です。
    寒い季節にこそ真価が顕著ですが、どの季節でも変わらぬ美味しさと安定感、
    ロシア料理喰ってる~  っていうよりも、バイカルの料理食べてる~
    って感じですね。  
    ロシア料理自体が好きですが、それとは別でバイカル自体が好きなようだよ。


    さて、毎度のようにレナコースを軸にア・ラ・カルトを取り入れてのディナー♪
    いろいろ食べる事が出来て幸せです!










     ザクースカ
    D1 (1)
     ロシアの冷菜盛り合わせ。  
    いろんなものがちょっとづつ、、、 これ嬉しいスタイルですね。
    素材的に家庭的そのものですが、ここで食べるのは別格の空気感のマリネーゼ。
    何でもない料理でも、小さな世界が降りてるんだよね。
    楽しんだもん勝ちです。









     ボルシチ
    D1 (3)
     ソールフードであるここのボルシチ。
    もう小さな理由付けなど全く関係ないです!  これが旨いのです!
    牛の出汁と野菜のブイヨンが優しく回って、ビーツの香りとほんのりトマトの風味、、、
    長年の積み重ねがコクを為してジンワリしつつも明快な美味しさ。
    いや~ ほっこりしますわ。  愛して止まないヒト皿ってやつです。









     ピロシキ
    C1 (2)
     こちらも大ソールフード。
    カリッと香ばしく揚がった皮生地をザクッと噛み込むと、
    フワ~っと広がるピロシキ世界。
    羊肉と牛肉のミックスかな? ナツメッグなどスパイシーさとチーズの風味と相まって
    独特の美味しさを発します!
    赤々しいケチャップを付けて頂くと、まぁ美味しいのなんのって。
    マッシュルームのようなコクも効いて隙の無い味わい。
    何個でも食べたい!  









     つぼ焼き茸
    IMG_E2062.jpg
     こちらも無いと寂しい名物料理!
    熱々トロトロの濃厚なキノコと鶏などのクリームシチューをパイ生地で包んだ陶器でオーヴン。
    ハフハフと激熱を食べる・・・・  ボクのアンチ猫舌はここで鍛えられた気がする。
    野菜からの出汁、鶏の風味、キノコの旨味、、、  とっても濃厚なんだけど、
    これこそ家庭的でどこか優しさを感じてウマウマ。
    パイの蓋で器に残ったクリームを余すことなく拭いきって食べます。
    はぁ~ 喰った喰った~ という満足感。。。 なんでしょうね、この口福感は。










     ロシアンティ
    D1 (4)
     やっぱコレで〆ないとね。
    ここにウォッカを投入して熱々の食後酒として楽しむもアリです。
    バラジャム、苺ジャムを大量に入れて甘甘で飲むのが好き。









     バイカルさんの家庭料理は輝いて美味しい♪  
    いつまでも存在して欲しい!   今や豊橋を代表する名店だと思います。



    trackback: -- | コメント: -- | edit