• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    Bebe (愛知郡東郷町) 

    ベベさんのヴァレンタインシーズンの風物詩のショコラ。
    ドモーリ社の美味しいチョコレートを使うからこそ、それを生かし・伸ばしきるからこその、
    崇高な美味しさが特徴ですね。
    他では追従できないほどの高らかな完成度と、気概の高さを感じさせられます。
    笑っちゃうくらい、次元違いな美味しさかと。

    何種類か登場してホントは全種食べたいくらいですが、かなり絞り込んで。









     ボンボン フルーツセット3粒入り
    DSC02249.jpg

     左から、、、フランボワーズ、カシス、フランボワーズ(ミルクチョココーティング)。
    どれもスカっとチョコレートの鮮やかな味わいがインパクト大。
    これほどにヴィヴィッドなチョコの味わいはなかなか体感できないよね。
    素晴らしいです。
    そしてそれぞれの果実フレイヴァーがそれを伸びやかに、華やかに演出し、
    エッヂを魅せて高らかに昇華するんだよね。




     トリュフ
    DSC02250.jpg

     ドモーリ社カカオ75%のチョコレートのトリュフ。
    ストレートにズドーーーンと美味しいチョコに打ち抜かれます。
    高級ショコラ蔓延る世の中に、芯のあるチョコの味わいって、ほとんど無いと思います。
    これは商品レヴェルではホント次元違い。
    カカオの果実味とナッツの核味がキレイにスーーーっと抜けてく。
    とても美しい味わいなのです!






     ピスターシュ 
    DSC02253.jpg

     大好きなやつ。
    生のピスターシュの純なテイスト、ダマンドがオリエンタリックで妖艶。
    とても高貴な味わいに包まれます。
    受け止めるチョコも負けてなく、お互いの色合いを張り合って高いところで昇華するイメージ。
    素晴らしいです!










     

     食べてみないと分からない美味しさですが、この美味しさを知ってるつもりでいても、
    やはり想像や記憶を超えてくるような美味しさがあります。
    もちろんドモーリ社のチョコや他の高級素材だけでは出し切れない領域。
    そこを生かし・伸ばしきるシェフのポテンシャルの高さを感じる素晴らしいショコラパーティーでした!












    trackback: -- | コメント: -- | edit

    Bebe (愛知郡東郷町) 

     ベベさんへ初詣。
    いろいろ食べましたが、やはりヴィヴィッドな美味しさが魅力で、
    凄い味わいなのに、華味に振り回されずしっかり世界を魅せてくれます。
    素晴らしいフランス菓子だ! と、つくづく・しみじみと感じた次第。 感嘆に浸る。


     タルト オ フレーズ
    DSC01883.jpg

     いや~ もう素晴らしいです。
    今まで散々食べてますが、今回改めてドキッとさせられました!
    マセレされた苺の何ともまぁ華やか且つ光速的な風味!
    スカっと、スッコーー―ンと突き抜ける。
    こんな凄い味わい、他で感じられるとするならパリ空くらいでしょうか?
    それがこんな近場で、苦労もなく頂くことができる事、、、
    これはとてもとても幸せな事なのではないでしょうか。
    ホント今更ながら、『おぉ!!!!!』 っと驚きのある、鮮やかな美味しさでした。
    ピスターシュのダマンドの甘高貴な風味、タルト地の浅く攻めるような上品な焼成、
    情熱だけじゃなく、しっかりとシェフのスキルでもって自らの味わいを為してる、と。







       【心、頂きました】





    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ベベ (愛知郡東郷町) 

     最近、ベベさんの定休と自分の休みが重なることが多く、
    思うように行けてません(泣)

    タルトフレーズやフレジエのヴィヴィッドな味わいを恋しく想いつつ、焼菓子を堪能。
    いや~ さすがです。
    今まで散々食べて来てるけど、やっぱり焼菓子も旨すぎる。
    粉の違い、バターの違い、など素材の違いが明らかであり、それを巧く操るシェフのスキルの高さ。
    ちと次元が違うところにありますね~   とても高らかで香やか。








     ガトー バスク
    DSC00853.jpg

     多量のヴァニラの含有。
    カリッ、サクッとした表面からのホロホロ崩れてトロけるようなコントラスト。
    口に含めばいっぱいに膨らむヴァニラや卵やラムの風味!
    それらを抱き込む小麦粉の味わいがとても気高いのです。












     カヌレ
    DSC00858.jpg

     カリカリっと蜜蝋が香ばしくも苦みのないクリアなビターベール。
    ムチっと濃密な中身からは爽烈なヴァニラとラム酒の風味がスカっと!
    豊潤さ、ビター感、明るさ、膨らみ、、、 すべてが高い!













     マドレーヌ
    DSC00877.jpg

     ベベさんのマドレーヌにほれ込んでいます。
    グラスアロのシャリッとして上品な甘さの口当たりからの、咲くように膨らむアーモンドやバターの芳醇な味わい。
    す、す、す、凄いなぁ!  何度食べても唸ります。
    シンプルゆえに小麦粉の違い、乳製の違い、センスの違いを目の当りにしますね。
    クチドケて一体化してゆく味わいのリズムにVIBSを感じる。











     フィナンシェ
    DSC00907.jpg

     サクッとした表地からホロホロと崩れて、膨らむアマンドとバターの香りは官能的ですらある。
    粒子の違い、焼成の違いからか、この食感はなかなかに絶妙。









     どの焼菓子でもそうなんだけど、素材・焼きの違いがとても大きく反映されているんだよね。
    ケーク/パウンド類も最近ご無沙汰してるけど、きっと凄いに違いない。
    焼菓子にこそ真価が表れてる気がするよ。
    ヴィヴィッドな味わい、膨らみに膨らむ香り、、、、 あぁ恋し。  中毒だ。








    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ベベ (愛知郡東郷町) 

     ベベさんの今季の苺!
    登場知ってから訪問出来るまでの時間が長い事長い事。
    ろくろ首状態で枯渇するかとキリキリしてた(笑)
    それくらい魅力的であって虜にさせられてる銘菓ですね~

     世間的に三連休の中、仕事後のとんぼ返りですが・・・
    まぁ~ 渋滞がひどく閉店時間までに辿り着けるかドキドキでしたよ。
    頭の中は苺・苺・苺・苺・・・  ジリジリ追いつめられるような時間の圧迫感、、、

    ま、何とかL.Oに間に合い安堵感のハンパない事(爆)
    そこで見つめた苺の艶やかな姿に即倒しそうでした。









     フレジエ
    DSC01275-2.jpg

     まぁ~ 素敵!
    カットが変わり、より素敵に映えます。
    洋酒で舞う苺のクリエイティヴな香りが立ち込めます!
    アーモンド生地のコク、ピスターシュのアロマティックな香り、
    マセレされた突きあげるような最強苺の風味、、、
    う~む! 凄いなこれは。  
    前季よりもバランス感というか一体感が増し、突出感は削がれた実に洗練された味わいに。
    埋もれる味わいは一切なく、ハッキリ明るいシャイニーな美味しさ。
    甘さ、苺の酸味の均衡が素晴らしく、隙の無い立体感。
    こんな素晴らしい世界観を味わえるなんて、、、 幸悦至極。








     タルト・オ・フレーズ
    DSC01273-2.jpg

     いやいやいや、、、 眩ゆいばかりの美味。
    光を当てた苺の輝きとピスタチオのオリエンタリックな流麗、香り高いタルト生地、、、
    フレジエと違い、しっかりと土を感じさせるような迫力ある味わい。
    ジュレなど仕事で盛られた苺の味わいはヴィヴィッドで、底の力をグイッと天まで伸ばすかのよう。
    華やかさ、コク、香ばしさなど豊かな風味がめくるめく、素晴らしい発色味の輝きとなってます!












     大満足です。
    他所では味わえることの出来ない素晴らしいフランス菓子です。

    今季もいっぱい、お世話になりますよ。 







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    Bebe (愛知郡東郷町) 

     秋の深まりを感じさせるベベさんのお菓子。 

    シックでモードな装いを感じさせる食色には、うっとりさせる色気があるよ。








     ベレレーヌ
    DSC01036.jpg

     洋梨のババロアとチョコレートのムース、洋梨のガルニチュール。
    とてつもなく細やかな美味しさの構築があり、複雑なんだけど困惑しない鮮やかさ。
    ヘーゼルナッツの風味やヴィヴィッドなチョコレートの美味しさ(他店とは次元違い)、
    洋梨とはいえ芳しさのある美味しさへと仕事され昇華。
    いろんな食感、いろんな味わいがルービックキューブみたく統一されてゆく一体感。
    そして重さなどまるでなく、重厚なのに軽やかでキュービックな美味しさ。
    シナモンなど壮烈なエピスの効きもエッセンスの1つとしてキャラクターを作り上げる。

    旨すぎます。   こんな素晴らしいお菓子、、、特にBebeさんの素材の素晴らしさ、、、
    スキルや技術、、、   惚れ惚れします。  
    第一線級のフランス料理と比べても全く見劣りのない味わい。


















     モンブラン
    DSC01039.jpg

     たっぷりメガサイズ!
    大きさだけじゃなく、美味しさもメガトン。
    栗~~~!!!!  って風味もあるのですが、そこはフランス菓子の解釈でもって、
    実に香り高らかで上品に抜けてゆくエレガントな味わい。
    栗~~~~! なんだけど、BEBEさんらしさのある意地と凄味を感じる作品です。
    ラム酒効いたレーズンも突き抜けるし、単に強さを重ねただけではなく、一体感があって立体的。
    ストレートにフランス菓子解釈のモンブラン食ったなぁ~! という印象が胸を打ち抜くように。
    もはや一年分のモンブラン食べた気分で、もうモンブランというものはコレで納めていいかな、とも。
    凄さに圧倒され、Mont Blanc欲の気が済んだ。
    あ、、、、でもBebeさんではまた食べたいと思うよ。   何回でも(笑)












     や~  凄いね。 秋のBebeさん。
    この圧倒的な迫力、凄味、香やかな美味しさ。。。    突き抜けてます。











    trackback: -- | コメント: -- | edit