• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    パティスリー アン (稲沢市) 

     ほっこりを求めてアンさんへ♪

    P1450857.jpg








     こじんまりしてて、センス良くオシャレで、ぬくもり感じる美味しいお菓子と美味しい珈琲。
    パティスリー冠なのですが、ボクがカフェとして求める理想型なのです。
    3_2016102820584888f.jpg







     ケニア
    P1450858.jpg

     ストレートはメニュゥに載ってないけど、聞けば教えてくれます。
    シェルパさんの豆を使いとても丁寧に芳醇に淹れてくれるんだよね。
    雑味の無い豆の膨らみを感じる風味が美味しいです。
    何より “気持ち” が込められてる。  優しくも情熱を秘めている事が伺えます。
    やや深煎りでケニアらしい力強さ、かすかな果実味がシュッと感じられる味わい。
    専門店でもなかなかここまで美味しく淹れてくれるお店は少ないと思う。









     ピスターシュ
    P1450860.jpg

     やはりここでは焼菓子を選択しちゃいます。    ピスターシュは見かけると必ずゲット。 
    バターの香り良いタルト地はホロッと崩れて香りとコクを魅せます。
    優しく香るピスタチオのパートダマンドにフランボワーズの華やかな酸がベストマッチ。
    口の中で パステルな幸せの気泡が弾けるように。
    添えてくれる小菓子も、見た目以上の美味しさで2度見必至(笑)    器も素敵。








     アンさんを訪れると、とても穏やかで どこか凛と締まるような気持ちになります。
    心地良く、温かさのある空気、店主&マダムの描くフランスへの世界観が伝わってくるんだよね。
    緻密なイマージュがしっかりと表現されてるのではないでしょうか。
    人のセンスに触れると、とても気持ちがよくて、浄化されるようなある種の刺激を受けます。
    アンさんにはその最上級のレスプリがあるんだよね。   

    大好きです。




    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    pâtisserie an Du temps pour la maison (稲沢市) 

     大好きなアンさんへ♪
    P8152690_20160725042853d3d.png

     









     ケニア
    R0130402160430.jpg

     シェルパさんの豆を丁寧にDRIP、とてもキレイに豆の表情を映し出してくれます。
    ちょっと果実味のあるカカオマスのようなフレイヴァー、円くコクやかなボディ。

    タルト フリュイ (2)160430

     付いてくる焼菓子もバターの香りが良くてホッコリ。   スッと口溶けます。


















     タルト シトロン
    シトロン (2)

     レモンの香りがシュッと。
    ホロリと崩れる生地からはバターの高級な香りがフワッと広がり、シトラス香を包み込んで。








     タルト フリュイ
    タルトフリュイ (2)

     シャキッと爽快なベリー、白ワインからのスカッとした軽やかな香りが織り合って、
    生地のコクを軽やかに感じさせます。








     ブール ノワゼット
    ブールノワゼット (2)

     定番だけど大好きなお菓子。
    焦がしバターとナッツの風味が広がって、コク側からのアタックが堪りません!
    噛むほどに増すナッティな味わいは、飲み込んでしまうのがもったいなく思えてしまう。
    鼻を抜けるバターの輪郭がとても贅沢です。










     軽やかに、穏やかに。   ソフトだけど芯のあるフランス観が素敵なアンさん。
    ホッと出来る場所でもあり、パリジャンなオシャレ感と美味しさに癒されます。

    trackback: -- | コメント: -- | edit

    pâtisserie an Du temps pour la maison (稲沢市) 


     超美味しい珈琲と超美味しいケイク。   喫茶の理想型。
    それがアンさん♪    今のLifeに欠かす事の出来ないお店の1つです。
    P8152691.png



    相変わらず焼きっぱなし系ばかりを食べますが、、、  ホント大好きなんだよね。




     美味しい珈琲。
    R0030627.jpg

     ヴェーニーで華のあるエチオピア。  見事なDRIPでもってキレイでコクのある味わい。
    トロ~リとエキスも感じられる。 
    ワインのようなブーケのような香りがフッと鼻から抜ける至福の瞬間。
    抜けた後から膨らんでくるコクと円やかな味わい。
    アンさんのコーヒーって かなり美味しいんです。   








     カシス ノワゼット
    ブールノワゼット

     程よいバターの芳しさ、サクッとしてホロリと崩れる絶妙な生地。
    その土台に乗って輝くヘーゼルナッツのコクと香り。
    そして浮き彫りとなるカシスのコンフィチュール!
    ジャミーに甘酸っぱくフローリー、フルナッティな香ばしさとの絡みが素晴らしい逸品です。









     ケイク・レザン
    ケークレザン
      
     レーズンの旨味にシナモンがフューーーンと息を吹き込むように。
    しっとりしつつ軽やかなようで 味わいのしっかりと見える生地。。。 
    レーズンの濃コクさがエキゾテイックにさえ思えて愛おしい。









     カラメル・バナーヌ
    カラメル バナーヌ

     香ばしいキャラメリゼをザクッと割ると、ほんわか~♪と香るバナーヌ。
    バナナ以上に上品で香りのあるケークとして仕上がってる。
    パサつかず適度なしっとり感がボリュームを感じさせ、味わいにキレイなフレアがあるんだよね。
    果実がまんま シェフの魔法で美味しいケイクになっちゃった。。。 みたいな。
    ミニマルかつフィジカルな果実の味わい。   





     仏蘭西のエスプリ感じる、空間全てがハイセンスでハイクオリティ。
    コーヒーも焼菓子も飛び抜けて美味しく、とても素敵な “ひととき” を過ごせます。



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    pâtisserie an Du temps pour la maison (稲沢市) 

     
     大好きなanさんへ♪
    P8152690.png

     マダムに “おまかせで” お取り置きさせて頂いての、アンパ-ティーです!
    最近このパターンがお気に入り。






     
     コーヒーはストレートをお願いしまして。   豆はシェルパさんのエチオピアNTです。
    R0040640160130.jpg

     とても清らかにドリップしてくれます。
    なかなか飲むことのないレヴェルの美味しい珈琲を淹れてくれます。   
    あぁ、、、実に幸せ。
    ワインのような華やかなテイストを感じさせるエチオピアのナチュラル精製、
    キレイに華やぐアロマをカップに落とし、味わいに煌めきを感じさせますね。







     フロマージュ
    フロマージュ (1)

     ボクはanさんでは焼菓子(焼きっぱなし系)ばかりを好んで食べるんだけど、
    ショーケースに列ぶ生菓子もとても魅力的で。
    たまには生を!  と、いう事でオーダーしてみました。
    これが乳酸感じるキレイな酸でもって ミルキーなコクが澄んで感じるの。
    さっくり心地良い食べ心地のタルト地も バターの香り良くサクサクと。
    カシスのキレる甘酸っぱさがキリリと引き締めます!

    サーヴィスされたケーク、メレンゲ、ブール、、、 どれも旨すぎ!
    ヨーグルトのグラニテも香り良くて最高です。











     キャラメルノワゼット
    キャラメルノワゼット

     ホロ苦いキャラメルにヘーゼルナッツの膨らみある滋味深い風味がノリノリです。
    しっとりしつつホロホロっと崩れる生地。
    口に広がるナッティでビターなテイスト。。。  フランスへの妄想旅が始まります(笑)







     プラム
    プラム (1)

     プラムの美味しいとこをギュッと。
    ねっとり絡みつくジャミーでベリーな味わい。  フワッ! っと、  ラム酒が吹き抜けます!
    この濃厚で爽快な味わいはクセになるなぁ~







     シトロン
    シトロン

     シトリーな風味が爽快!
    レモンの香りに包まれながら、バターのコクと香りが彩ってきます。
    軽やかにサックリと、口に広がる味わいは想い出を描くように、懐かしく。。 








     レザン
    レザン (1)

    ホロホロっと。
    ラム酒の効いた力強さの中にも優しい味わい。  レーズンがとても良いコクと味わいを魅せます。
    ナッツの鮮やかな風味も美味しさを引き立てて高めます。








    どれもなのですが、まずベースとなる生地が美味しい!
    攻めすぎず、穏やかな優しさと手の温もりを感じさせてくれます。






    美味しい珈琲と美味しいおやつ・・・
    これほど調和の取れてるお店って、そうそうあるものじゃなく。
    かなり高いレヴェルにあると思います。

     とっても、とっても、とっても好きなお店なのです!






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    pâtisserie an Du temps pour la maison (稲沢市) 



     アンさんの ホワイトデー期間限定ケーキ
    R0130040160312.jpg






     ガトーショコラ ブラン
     ベルベーヌ風味のホワイトチョコムースに オレンジのコンフィチュールがアクセント
    R0130047160312.jpg

     普段、アンさんでは生菓子を食べることが希なんだけど(アンさんの焼菓子が大好きなので)、
    でも、こういった企画モノでは要所要所で頂いてます。
    何と言ってもイメージするところの “パリっぽい感じ感“ があって可愛いんだよね。
    アコーディオンの音奏が聞こえてきそうな。


     味わいはソフトで優しいんだけど、存在感が相まって テンション上がります。
    R0130046160312.jpg

     ベルベーヌと白チョコのフュージョンが、どこか懐かしい香りを感じさせながら胸を打ちます。
    そして舌溶け滑らかな味わいとともに スーーーーっと口溶けてゆくシルキーなクレーム。
    フッと香るオレンジの凝縮されたキレイな味わい。。。
    1口・・・もう1口・・・と ついつい食べ進んでしまう。

     穏やかに、華のある香りと味わいの広がりが感じられ、とても幸せな気分になりました。











     こちらは いつかの企画モノ。   プティフール7種。
    画像だけ残しておこっと♪

    502 (15)



     
    1_2016031316240440d.jpg



     
    2_201603131624054c7.jpg



     
    3_20160313162410345.jpg



     
    4_20160313162407dc4.jpg



     
    5_20160313162429f7a.jpg



     
    6.jpg



     ⑦
    7_20160313162433a26.jpg
         

     
     
     




     こちらも いつかの企画モノ♪

    R0020055.jpg


    R0020057.jpg
    R0020058.jpg
    R0020062.jpg





    R0020056.jpg
    R0020064.jpg
    R0020066.jpg














    trackback: -- | コメント: -- | edit