• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ (東京都渋谷区猿楽町) 

     3/14をもって一時閉店、、、 のち、5月に縮小しての移転再開予定。。。
    一瞬ドキッとしました。  閉店?! って。
    でもまぁ、とりあえず再開あるとの事で安心しましたが。。。
    やはり無くなってもらっちゃ困る、フラッグシップ的存在なので。
    弓田氏の御姿が見られなくなってからは様々な変化を肌で感じてしまう現状ですが、、、
    (パティスリーの方ね)
    やはり聖地であり、リスペクトの念は忘れません。  人はそうそう変わるものではないので。
    進んで食べるものは少なくなってるけど(笑)、でも今回はヴィエノワズリ的な使い方をしてみて、
    あえて生菓子は食べてないけど、なんだか楽しかったよ。
    これからはコレだね!  と思ってしまうほど新鮮な気持ちを得た(笑)


     ま、今までは何が何でも生菓子!だったから、
    でも、ヴィエノワズリ、、、 つまり菓子パン的な要素でも十二分にイルプルーの味わいを感じるし、
    パティスリーのパンってものもなかなかにフレンチカルな気分が盛り上がる。
    イルプルを菓子パン屋使いなんてちょっと贅沢気分で^^
    オーボンヴュータンをビストロ使いしてるのと感覚似てる(笑)




     Croissant Aux Amandes
    P1490002-1.jpg

     クロワッサン・オ・ザマンドゥ。
    シロップ漬けしたクロワッサンにダマンドを挟んで更に焼き、
    杏のコンフィテュールを盛ってグラスアロでコーティング。。。
    そんな感じでしょうか?   ウマソ~
    さすがに重厚な味わいで重たいんだけど、杏の酸味とこれでもか!って甘さがノリノリ。
    パンというより完全にお菓子のイメージですが、芳しいクロワッサン的な風味、
    厚味のあるアーモンドクリームなど、魅力的な味わいに富む。
    食感も重いですが、パンチもあってコレはコレでアリなんじゃないのかな。
    これを食べようとする人間は、まさにコレを求めてるという事でしょうから。
    フランス生菓子たべるよりも、何だかボクは腑に落ちたなぁ~
    杏の香りってイイね。









     Vostock
    P1480995-1.jpg

     ボストック。
    ブリオッシュのような菓子パン的。
    シロップとラム酒に漬けたブリオッシュな生地はしっとり。
    クレームダマンド、アーモンドスライスもたっぷりとあってアマンドゥな厚味。
    とてもリッチな味わいでヘビーではあります。
    が、好きですよ~    やはりパン屋の菓子パンとは違い、香り風味に比重があって。
    フランスではパンもパティスィエの仕事なんて聞いたこともあるので、
    もしかしたらこーゆー事なのかしら。



     



     西洋かりんと
    P1490010-3.jpg

     あれば買っちゃう、アーモンドとココアの旨いやつ。








     昔カステラ
    P1490012.jpg

     何気に憧れてたもの。
    卵の風味、プロヴァンスの百花蜜の風味良く、甘やかでどこかスパイシー。
    単純な味わいではなく、いろんな要素で構築されてるものの、懐かしさのある旨さ。















     イルプルのヴィエノワズリー使い、結構気に入ってしまった。
    ま、今更ですが(笑)
    移転後もやってくれるといいなぁ~   
    教室の一角にパティスリーとの事なので、、、 イートイン無くなる?
    う~む、、  いろいろ不安ですが、しっかり態勢整えて万全でのReスタートを願うばかり。
    と、  微微微の微力ながら、今後のイルプルも応援しますよ。
















    trackback: -- | コメント: -- | edit

    イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ (東京都渋谷区猿楽町) 

     代官山のセーヌ河へ。
    腑に落ちないことがあっても、やはり寄ってしまうのです(笑)
    信者では無いですが、弓田亨という偉大な御方への敬愛と敬服。
    会社には興味ないけど。
    弓田さんご不在だと空気も弱いですが、でも、、魂が宿ってるので。
    いつまでも元気でいらしてほしいです。
    そして多くのチルドレンには、その、偉大な魂を宿す媒体となって欲しいな。

    な~んて思いを馳せながら。

    本日は焼菓子オンリーで。



     
     西洋かりんと
    1_201901161556449ca.jpg

     やっぱ買ってしまうsaga(笑)
    イルプルーのものはやや大判で食いつきやすいw
    スペイン産の旨しアーモンドとココアの共演は軽やかに、
    サクッ、ホロホロっと崩れる儚さと引き換えに、滋味豊かな口福感。











     フィナンスィエ
    2_20190116155647c4f.jpg

     発酵バターとアーモンドプードルの豊かな味わい。
    素朴な組み合わせが生む深味というやつでしょうか。 黄金比。
    贅を味わうというよりも、お茶うけに常備したい(笑)











     サブレ・ミモレットゥ
    P1460297.jpg

     これも好きなやつ~ぅ    
    仏産チーズのミモレットゥの塩味のクッキー。
    フォルテな芳しさある味わいがあり、前菜級の旨さ。
    チーズの風味にキレがあり、甘くないので酒のアテにも通用しそう。
    余韻まで込みで旨く、トーンに郷愁感と明るさがある。











     タルトゥ・サンチャゴ
    R0020597.jpg

     これも外せないやつ。
    スペイン産アーモンドと松の実がふんだんに使用された滋味深く旨いやつ。
    素朴ながら豊かな味わいに魅了されますね。
    甘さと旨さが明解で、ホッとする味わい。
    これもお茶うけに常備したいくらい(笑)










     最近のイルプルーでは、
    生菓子よりも焼菓子のほうに好みが向いてるかもしれない。






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ (東京都渋谷区猿楽町) 

     イルプルーで正月限定のギャレット・デ・ロワを買ってみた。  初!
    毎年、作られてるので気にはなっていたけど、意識は遠く。
    でも今季は何故か購買意欲が湧いた(笑)
    フランスでは1/6の公現節に食べられてる、伝統菓子といったところでしょうか。
    いろいろ諸説はありそうなので知識は入れませんが、美味しそうなのであやかりますか。






     ギャレット・デ・ロワ   杏とピスターシュ
    IMG_4610.jpg

     径18センチと丁度良く、手に取るとイメージよりも軽い感じ。
    サクッと軽いパイ生地にピスターシュの効いたアーモンドクレームが濃厚かつ明るくスポットされて。
    イルプルのアーモンドプードルは美味しいので、そこにピスターシュなんて旨いにキマッとる^^

    DSC01902.jpg

     結構熱々のオーヴンで熱を入れてみた。
    少し疲れていた生地が生き返ったようにサクッと。
    あの発酵バターの香りもフワッと。  
    サクッ、モグっと頬張ってみれば、嗚呼芳しや。
    高貴で自信に満ちたような気高い味わいが五感を刺激する、、、 かな?。
    あ、ボクの好きなタイプの旨さですよ~ コレは。
    ピスターシュやビターアマンドが香ってるだけでイチコロなのです(爆)
    杏の香りと滋味、甘酸っぱさも盛り上げてくれる。
    味わいがイルプルしていて、どこかブ―ランジェリック。
    完成度的にどうなのか、素人のワタクシめには分かりかねますが、
    美味しく頂けたよ。


    DSC01910.jpg

     陶器のフェーヴは何だろう、、、  ドーナッツ?
    オールド可愛いから飾っておこうか。
    紙製の王冠も付いていたけど被る気にはなれず(爆)
    ノリが良いのか悪いのか、どっちつかずのギャレットパーティーを楽しみましたとさ^^







     なにはともあれ、
    生まれ育ったこの国で、気軽に異国文化に触れる事が出来るって素晴らしいです。
    まずは感謝からだね!






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    イル・プル-・シュル・ラ・セーヌ・ (東京都渋谷区猿楽町) 

     久しぶりに代官山の聖地へ。
    昼下がりだったのですごく混みあってたけど、テラスならサクッと。
    猛暑の戻りで誰もここで食べようとは思わないよね~
    日陰で黙々と(笑)




     ワニタ 
    DSC00558.jpg

     氷菓です。
    バナナのアイスクリームにラムレーズンとパイナップルの入ったパルフェ。
    柔らかなバナナの風味にトロピカルな雰囲気。  ラム酒の効きでグっと大人のトーンへ。
    主軸のバナナの輪郭を保ちながら優しく構築された味わい。
    滑らかな舌触りからのクチドケと風味のフェードアウトしてく余韻が心地いいです。
    自立感の高い女性的な印象。










     ファンテジーエクゾティック
    DSC00550.jpg

     アーモンド、ココナッツ、マンゴー、パッションフルーツ、フランボワーズ、、、
    トロピカルさ輝く風味が魅せる味わい。
    パッションフルーツのムースのクチドケからの心地よい酸味がクセになりそうで。
    そこにマンゴーの甘やかさが乗り伸びやかに、フランボワーズの甘酸っぱい香やかさがフンワリ。
    アマンドとココナッツの揺るぎのない風味がビシッとキマります。










     ふらりと来て美味しいフランス菓子を食べることが出来て大満足。











    trackback: -- | コメント: -- | edit

    イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ (渋谷区・代官山) 

     と、、、言うことで、 イル・プルーなりのサロン・ド・ショコラ♪
    世間は三連休ということもあってか、いつも以上に凄い人、人、人。
    いろいろ渦巻いてました(汗)
    てゆーか、いつもボクが訪れるのは暗くなってからなので、
    昼間のイルプルーって、もしかしていつもあんな感じなのかもしれない。
    スタッフさんもパティシエまで総動員でテンヤワンヤでした。
    あのスペースってカフェじゃなくあくまでイートインだとボクは認識してるので、
    あそこでカフェ営業としての効率は求めないし、待たされても何とも思わないけど、
    中にはかなり怒りを露わにしてる方もみえました。
    大変だなぁ、、、。
    前からいる販売スタッフの女性は、客に嫌なこと言われても笑顔でちゃんと返しており、
    凄いなぁとしみじみ思ったよ。  ボクなら顔に出てしまう、、、(爆)
    素敵な人だなぁと。  販売になれていないパティシエスタッフはホント大変だったと思う。
    ボク自身はかなり有り得ないトラブルに巻き込まれたんだけど、ちゃんと誠意をもって対応してくれたし、
    逆に忙しい時間帯にわざわざ来てしまったことを、ゴメンね、、、と後悔。
    やはりかけがえのない好きなお店だし聖地でもあるので、嫌な思いはしたくないしさせたくないよ。
    自分自身で世界は変わるからさぁ。  そーゆー日はそーゆー日なんだよね。
    客側も店側も、これからの糧になってくと素敵だね。   
    逆にイレギュラーをネタに楽しんじゃおっ!

    って訳で、、、イルプルーなりのサロンドショコラ(笑)









     ショコラショー
    P1500529.jpg
     ヴァレンタイン期間限定のホットチョコレートドリンク。
    ペック社の美味しいチョコレートなので旨いにキマットル。
    香りよく味わいにキレがあり、芳醇なカカオの風味を堪能できます!
    純粋実直なんだよね。  よくある有名どこの高級チョコレートとは一線を画す旨さ。
    あれに慣れた人がこのチョコレートを味わったら世界変わるんじゃないの?
    と思う。   実際ボクはそうでした。  
    ああいった有名チョコレートが美味しいとは思えません。
    もちろんあら探しはしないし、フツーに美味しく頂くことは出来るんだけどね。  
    別物ですね~   駄菓子とフランス菓子の違いくらい。
    残念ながらボクは駄菓子は駄菓子で好きなので(笑)  嫌悪感は感じないけど。
    とにかくこのショコラショー、、、 温かみがあって味に輪郭がありとても美味しかったな。
    取り置きしておいてよかったぁ~
    去年よりも美味しく感じました!    きっと世界が変わったんだろうね。

     『美味しいのでもう一杯ください』










     プティ・ショコラ
    P1500530.jpg
     ショコラショーSETにすると店頭で好きなものを2つ選ぶことができます!
    ハートがフランボワーズ、四角はパッションフルーツ。
    いや~ 前日のベベさんのが凄すぎたので、こちらでは肩すかし喰らうと予想してましたが、、、
    予想は外れてかなり美味しく頂けました!
    ベベさんのような衝撃的なヴィヴィッド感とは質が違うものの、
    ペック社のチョコレートの優しく純粋な味わいに華を咲かせるようなフルーツ。
    フランボワーズは『やさフラ』みたいな完成された美味しさに、
    パッションは甘酸っぱくトロピックな風味がパンッ!とスパークするような鮮やかさ、温かさ。








     ル・ペシュ・ミニョン
    P1500533.jpg
     ケーキはこちらを。   ドゥニさんのお菓子ですね。
    お米のお菓子です!  タイ米をミルクで煮込んだエキソティックな魅力のババロワ。
    白チョコとレモン、オレンジピールや大量のヴァニラビーンズが織り成す味わいは複雑でリッチ。
    とても好きな味わいなのでテンションが上がります!
    レモン菓子のような風味とタイ米の風味とのディレイに妙があり、
    1枚上を行くような味覚のリード感がありました。

    このお菓子を食べるまでにいろいろと予想外の展開があった事もあって、
    この美味しさがとてもとても嬉しかったなぁ~    癒されましたわ。










     東海地方はとても恵まれたフランス菓子環境なので、
    東京で美味しいフランス菓子を食べることに対して、ある程度の織り合いがついてきました。
    それが今回はとても心地良く実現できたかな? と。
    ヴィジョンが見えてくると、いろいろその他が見渡せるようになるなぁ。
    気持ちええわ~



    そして、聖地は聖地として巡礼する事に意味がありますね!







    trackback: -- | コメント: -- | edit