• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    讃岐 釜宗(蒲郡市御幸町) 

     旨し地物の牡蠣を喰らいに釜宗さんへ。
    ここの牡蠣は大きさよりも、その肉厚さとプリっと弾けるような身質に魅力があります。
    リアスの牡蠣よりはミネラル豊富な味の濃度を感じることはなく、
    どちらかといえば岩牡蠣のような純朴な旨さ。
    ガツンときてスっと引く旨味ですね~    官能的な食感がたまりません!





     どこにも牡蠣の天ぷらの表示はないけど、店主に相談でどうにもなるのが魅力ですね。
    サーヴィス精神の旺盛さと料理好きなんだなぁ~ と思わせるような探求力と表現。
    本日のうどんは、小麦粉を少し変えたようで、、、 モッチリ感が増したようだ。
    ボクのような何も分かってないような人間にも、そうやって打ち明けたり、、、
    とても素直さがキレイな御方なんだろうなぁ~  と。


     牡蠣を全部天ぷらにするのもいいけど、
    せっかくだからその出汁をうどんに足すのもいいんじゃない? と提案していただき、
    一粒二粒はうどんの出汁で煮出してくれるんだと。
    それは嬉しい。   ほんとサーヴィス精神というか、
    良いものはとことん楽しませてあげよう! という気持ちが伝わってくる。





     ひやかけ
    IMG_0733.jpg

     えっと~  ひやかけをオーダーしたつもりですが(笑)
    さすがですね^^   アゲとこれなんの野菜なんだろ?
    ホクホクとしててちょっとウイキョウのような食感。 
    トスカーナ手法のクタクタキャベツの芯にも似てるような、、、
    わりと中粒ですが厚味のあるツルツル牡蠣が二粒!
    うどんのイリコ出汁に存在感を与えてウマウマだわ!
    麺はなるほど~ もっちり感というか粘りが増して、噛み締めが気持ちいい。
    ミチっと噛み切れたあと、小麦粉の風味がフワッと鼻を抜けるように。
    出汁の旨味と共に、丼持ち上げてズルズルズル~!!!と啜り立てたい衝動。
    あまりに美味しくて、ガブガブ飲むように食べちゃいました(笑)






     牡蠣の天ぷら
    IMG_0734.jpg

     身厚な4粒がまるまるっと肥えて。
    よく見る長細ではなく円いよ。
    噛み締めれば、、、 ブジュっと弾け溢れる牡蠣エキス。 
    熱々なので要注意ですがお構いなし!
    身の持つ旨味と塩気だけで、何もつけずに食べてウマウマ!!!
    ヨモギ? 葉物の天ぷらも蒼やかな苦みが甘く美味しい。

    途中で出汁に浸して味変したり、半分そのままかじって半分はアゲで巻いて食べたり。。。
    楽しんじゃいました。

    これ、最高に旨くまさに宝物なんだけど、シーズンあとどれくらいだろうか。
    一般的な流通とは訳が違いそうだけど、まだまだ食べたいな~



    こういった旬の地の物を存分に楽しませてくれる讃岐うどん店、、、
    そうそうあるものじゃないよ。  
    少数精鋭にはなるけど、海鮮料理店にも無いようなラインナップが素敵すぎます!









    trackback: -- | コメント: -- | edit

    讃岐 釜宗(蒲郡市御幸町) 

     『釜宗さんのカキフライ定食が気になって仕方ない病』 の治療に行ってきました♪

     昼時、お客さん多いねぇ~  半数以上は常連様かな?
    ボクも開店当時からなので(今の店主としての) 釜宗歴は長いですよ(笑)
    って次元が違うか~   リアル通ってそうだもの。
    さ! カキフライカキフライ!
    天ぷらや牡蠣うどんはリピートしてるけど、フライは初めて!
    あのプリプリどデカい牡蠣をフライにするんだから相当凄そうだ^^
    でも定食ってのが分からないんだよなぁ~
    カキフライ&うどんセットなら分かるけど、そのまま取ればカキフライ定食と、、、
    定食屋や洋食店での、あ~ゆ~STYLEをイメージするので。
    なので、うどん無しだと勝手にイメージしてました。



     カキフライ 
    IMG_0666.jpg

     揚げたて熱々でジュージューと衣が鳴いてるよ!

    IMG_0667.jpg

     見事に膨らんだグラマラスなカキフライが4粒も!
    インパクトある存在感です。  
    生野菜もたっぷりで、油モノを中和してくれそうなイメージ^^

    熱々をフハフハ~ フハフハしながらパクっと!
    これパン粉も自家製だろうな。  
    パンは違うだろうけど、超あらびきで風味高くカリカリっと香ばしく。
    そこから溢れ飛び出す牡蠣汁がもう、、、たまんないの!
    ブジュ~~!!!だよ。  しかも透明感があってどれだけでも食べられそう。
    カキの純な旨味がフワ~~~っと広がり口内から鼻腔へ膨らみ、それはボクを包みこんでしまいそう。
    ソースなど調味料は全然必要なく、牡蠣の持つ旨味・塩気、下拵えの塩気だけで十二分な味わい。
    海のミルクと例えられるような濃ゆいインパクトとはベクトルが違って、
    この牡蠣は純な味わいに満たされてるんだよね。
    それは輝きを失うことなくハッキリとした輪郭をもって疾走する美味しさ。
    ヒダヒダの食感や貝柱からの風味など、口内にありながら目で見えてるようにハッキリ脳裏に映しだされる。
    いや~ 凄いなこれ。  旨すぎでしょ。
    身入りパンパン、こんなにハリやコシのある牡蠣は、ここでしか味わえませんね。



    IMG_0670.jpg

     カスゴ(小鯛)のカルパッチョ!
    この柑橘と卵黄みたいなコクのソースがウマウマ!!!
    酢締めされたカスゴの身の旨味をバッチリ跳ねさせてるよ。
    たっぷりなのでしっかり味わえて幸せ~   
    そこいらの居酒屋比じゃないです。  旨し割烹レヴェル。



    IMG_0669.jpg

     白飯たっぷり、菜花のお浸しもかなり旨し!
    しっかり春の苦みを生かされてる。





    IMG_0671.jpg

     うどん付いてた!  てか凄いヴォリューム定食だ!!!
    アツアツなのでまさに熱々。
    でも麺がダレることなく、ソフトな口当たりからの粘りがしっかり。
    フルフル~っとした麺肌がキメ細かく心地よい。






     


     いや~  カキフライは絶品だし、定食? 膳でしょ?
    ヴォリューム感・バラエティ感でも満たされ幸せです。




    お陰様で、カキフライ定食が気になって仕方ない病は完治しましたが、、、



    それと引き換えに、、、 

    もっと釜宗の牡蠣が食べたい病に掛かってしまったようです(爆)
















    trackback: -- | コメント: -- | edit

    讃岐 釜宗(蒲郡市御幸町) 

     ぼちぼち始まってるかな~? と、向かうは釜宗さん。
    MISSION CODEは 【Ö・Y・S・TER】  そう、牡蠣です。
    地物の極上プリプリ肉厚の牡蠣ったら、、、 
    そこいらの名産地に全く引けを取らないどころか、
    オリジナリティある凄い個体が多い。
    もしかして岩ガキなのか? と思えるような肉厚ぶりで。
    これを扱ってる釜宗さんはタダモノじゃないな。 
    どこで食べられるんだろう、、、他に。。。  蒲郡なら有るかもしれないけど、、、
    ほとんど流通してないよね。 
    昨年VERはその大きさに驚いたんだよね。
    http://kokou2015.blog.fc2.com/blog-entry-828.html




     今季は限定?メニュゥとしてボードや壁紙などに掲げられてるのは、牡蠣うどん。
    他にはカキフライ、特大牡蠣を使った牡蠣ステーキなんて文字も見られた。
    定食にも出来る。
    そして牡蠣うどんは1300円。
    釜宗さんにしては高額ですが、全然お安く思えます。
    ブロイラーを使った唐揚げか、軍鶏やコーチンを使った唐揚げか、くらいの違いがあるからね。
    鱧天あんかけや河豚天や河豚カルパッチョなんて文字まで見えてしまうものだから、、、
    あ~~~!困った!!!   
    全部食いたい!!!  が、    本日は我慢我慢。
    牡蠣うどんをオーダーしてグっと堪えました。   いや、まさにそれが食べたくての訪問なので。









     牡蠣うどん
    IMG_4907.jpg

     ヤバいヴィジュアル!
    自慢の讃岐出汁&牡蠣から染み出た出汁で麺を煮込むので、
    さすがに 『そのまま』 や 『ぬる』 オーダーは出来ないと思うので熱々を啜ります。
    見える牡蠣は2粒ですが、、、 赤ちゃんの手の平くらいですが、、、
    やはり厚味がものすごい!  2~3センチはありそう。
    大将曰く、今年は身の入りがとても良いとの事。  うん。 確かに。
    プリプリを超えたプリプリな身質でパンパンに詰まってるよ。
    臭みも全くなく、自然な風味でワイルドさもなく。
    肝の溶け具合や溢れ方は尋常じゃないね。 
    舌へ絡みつくように、ウットリするほど官能的。
    長ネギの甘味やわかめなども良いエッセンス醸してる~
    牡蠣の旨味が転写した出汁はふくよかで、讃岐出汁からは逸脱しますが、
    素晴らしいアウトバーンでガブガブと熱々を飲み干したくなる。
    アツアツの麺は全くだれておらず、むしろムニムニ感が増してナチュラルなコシつきに魅了され。
    薬味のオロシショウガを投入すれば、ポカポカと温まる冬味。
    いや~ ウマウマですわ。  牡蠣ブラボー!!!
    って、、、 これだけじゃないんだよね。 釜宗さんってば。



    IMG_4908.jpg

     2粒で終わるはずもなく。
    添えられた牡蠣天は3粒も!  エノキ天までも!
    この牡蠣天は悶絶もんですよ!
    しっかり着衣してるので風味旨味はギュっと込められ破裂しそうなBODY。
    かぶりつけばブジュっ!と溢れる牡蠣汁。
    身厚感がさらに増し、口内蔓延。
    プルプルのプリプリ、溢れるジュースと肝の濃厚且つ雑味のない味わい。
    牡蠣の出汁に浸して食べれば、、、  どんだけでもペロリといけちゃいそうな旨さ。
    シンプルですが、この特別な牡蠣をしっかり堪能できる。
    いや~ アガるアガる、まさに牡蠣テンションですわ。
    だって魚介系レストランでも出会えないでしょ、この素晴らしい牡蠣たち。
    貝柱もまるでタイラギみたく、肉厚だし。   とにかくすごいやつらです。




     いや~ 近々夜にでもうかがって、あれこれ頂かないといかんな。

    ほんと地モノ魚介に強い讃岐うどん店だわ。   マーベラス!













    trackback: -- | コメント: -- | edit

    讃岐 釜宗(蒲郡市御幸町) 

     旨しうどんと美味し魚介を求めて釜宗さんへ。
    今日は何の魚料理を食べさせてくれるのかな~? と。
    もしかしてあの絶品岩牡蠣が登場してるかもしれないし!? 
    な、期待も少し抱いて。。。



    本日の魚はワガの煮つけだそうで。  旬だものね。
    常連さんらしき人に 『ぱんもあるよ』 と話されてた。
    『ぱん』 旨いんだよなぁ~   店主も好きらしく、とてもそそられたが、、、
    このお店のワガ煮付けもテッパンで美味いのだ。
    誘惑と好奇心に駆られることなく、冷かけうどん+ごはんSETをオーダー。








     ひやかけ
    IMG_4241.jpg

     ややヌルなので食べやすい。
    艶やかでキレイな麺線、本日は細打ちです。

    大根おろしも嬉し限り。  イリコ出汁がキリリっと生えるんだよね。
    麺を啜れば、見るに想像できる通り、ツルツルしなやかな麺のラインを感じ、
    ゆっくり反発してくるような歯心地の良いコシ。
    キレのある出汁を適度に絡みつけて口内へと滑り込んできます。
    粘りを感じながら噛みこんでゆくと、イリコの風味と塩気、麺の小麦の甘い風味が
    混ざり合い、飲み込むのがもったいない気持ちと、
    このプロセスを一刻も早く再度味わいたいと思う逸る気持ちの激レース。
    欲張ってどちらの気持ちも叶えてしまうと、、、
    口いっぱいでアオガエルみたいになってしまいます。
    が、そんなことも楽しく美味しい。









     ワガの煮付け
    IMG_4242.jpg

     中小ぶりですが十分なサイズが二尾!
    しっかり煮つけてるし、香味野菜やら味醂やらいろいろ使ってると思うんだけど、
    いやはや何とも、、、 不思議と重さが全くありません。
    山猫軒の教室を経験してる人なら、懐石料理店の魚の煮付けほど野暮ったいというのが分かると思いますが、、、
    そんな事は微塵も感じることなく、見事に臭みもなし、野暮味もせず、
    身の保湿も完璧で味にもキレのある料理と為ってる。
    これは店主のスキルとセンスの問題でしょうか?
    地魚を知り尽くしてる故のピンポイントな引きでしょうか。
    ワガの持つ香りと旨味、ホロホロトロトロな身質になる熱入れが肝であり、
    とても洗練された美味しさに昇華されています。
    調味料類はごくフツーのものなんだろうけどね。
    素材質に頼り過ぎず、旬の素材をありのまま美味しくする料理、、、 
    まさにそこにあると思います。











     やはりただモノじゃない店主だと、、、 つくづく思います。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    讃岐 釜宗(蒲郡市御幸町) 

     ここは良い。 ホントにイイ。
    讃岐うどんはもちろん、料理のセンスだったり、旬の海の幸の贅が感じられます。
    地の利の恩恵を料理へと遷して。


    本日は鱧があったら食べたいなぁ~ と思いつつ、気分はメヒカリ!
    大概、年中あるかと。  蒲郡の魚だものね。



    そしてうどんはいつものひやあつ!  と言いたいとこだけど、、、
    オーダー係のおばちゃんに説明するのが恥ずかしいので(小心者です)、
    メニュゥにある 『冷かけ』 で(笑)









     かけうどん(冷)
    IMG_0472.jpg

     いいですね~  やはり常に同じではなく、気候や温度なので変化させてる麺。
    やや平打ちでツルツルっとした麺肌は艶やかでセクシー。
    啜り心地と吸い付くような肌質が堪りません!
    噛み締めの粘りもバッチリ、噛むとともに小麦の芳しさが弾けます!
    イリコメインの讃岐出汁の塩気が食欲をコチョコチョとしますね~
    麺とのバランス感は黄金比ですわ。
    そしてオロシと自家製かな? スダチが良い!!!
    潰しながら出汁に酸味を溶かしつつ、味変を楽しむ。
    旨いです!













     メヒカリ天
    IMG_0473.jpg

     トッピングではなく、一皿として。
    どう? 25尾以上あるよ!!!!  モリモリのメヒカリ! モヒカリ。
    コラーゲンみたく溶けるようにスボボッっと口の中で膨らむ。
    とてもミスティだなぁ~   塩気、胡椒の効かせ方などにセンスが感じられ。
    食べきれるか? と思ったけど、、、 いやいや瞬殺でした(笑)
    唐揚げ的なものなんですが、かなり美味しい料理だと思います。
    スダチ絞ってさらにウマウマ!!!  ホント塩加減が絶妙で食欲を盛り上げる。











     旨し讃岐うどん、そしてメヒカリ補給も万全に済ますことができ、大満足!
    そこいらの漁港メシ屋よりも、抜群の隠し玉持ってると思う。  最高!








    trackback: -- | コメント: -- | edit