• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    らぁ麺 幸跳 (豊橋市東脇) 

     これ、美味へのアプローチがとても面白く、旨かった!






     昆布水の醤油つけ麺
    IMG_0730.jpg

    IMG_0729.jpg

    IMG_0728.jpg

     まず、自慢の旨い麺は冷たい昆布水(淡い昆布出汁)に浸かっています。
    これが、麺の持つ旨味と昆布の旨味が反応しあってなかなかに旨い。
    昆布は淡く嫌味が出されていないのでグイグイいけちゃうやつ。
    薬味・具、つけ汁とは別に塩とワサビが添えられていて、これが良かった~!
    ミネラルの甘さがある塩を麺の上に指先を擦るように振りかけて、、、
    それを啜り上げると、、、  おぉ! 旨味に輪郭が出来て味わいが開きます!!!
    とても美味しい。  もち麦だっけ?
    その特性を得た甘くコクのある麺の味わいが水を得た魚みたく、悠々と。
    ごめんなさいですが、ほぼつけ汁に浸けることなく、塩で食べちゃいました(汗)
    塩で調味しちゃうのではなく、塩をアテるという事が肝なのです。
    凄く美味しかった!!!!

    時折、箸休め的に具をカジりつつ、アッという間に麺完食。
    鶏とたまり醤油のつけ汁に、少しだけ残った昆布水を投入してスープ割風にして、
    少しお冷を足せば、、、ばっちり美味しいダシ汁に!
    飲み干して口福の御馳走様でございました!







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    らーめん ヤマシロ (磐田市富士見台) 

     久しぶりにヤマハスタジアム近くのヤマシロさんへ。
    相変わらずの人気っぷりですが、店内というより駐車場に入れない。
    運もあるでしょうけど。  
    ぐるぐる徘徊しました(笑)



     しかしヤマシロさんはさすがの貫禄があり、食べるものを圧倒する道を持っています。
    中身の薄い成り上がりとは訳が違いますね。
    地に足着いてます。
    個人的にこちらの味わいというものにはそれほど惹かれてはいません。
    が、、、その貫禄たる 『なるほど』 『流石!』 と思わせるようなものがあり、
    自分の物差しでは計り知れないポテンシャルというか、
    やはり 『道』 を感じられるということこそが魅力です。







     本日はラーメンではなく つけ麺に狙いを定めての訪問。
    こちらの製麺技術の高さには敬服してます。  
    やたらと周りと弦まない、孤高の製麺だと思います。
    そういう一見武骨な一面ってのも、ボクが惹かれる要素かもしれない。
    なので、、、 麺がメインとも言える つけ麺照準なのです。






    DSC00537.jpg

    DSC00536_201902251749562b1.jpg

     出ました! 東北のピロピロ麺や奥州系を思わせる平打ちの極縮れ麺。
    こいつがスープをしっかりとトルネードするんだわ。
    麺の味わいとしては、イマドキの麺のような人為的な旨味重視とはまた違うんだけど、
    しっかり小麦の小気味良い味わいがあり、
    鍛えられた麺力と共に爽快であり明朗な美味しさ。
    モグモグしてると甘さがフワ~っと鼻を抜けるイメージ。
    そのままでも美味しく食べられちゃうレヴェルなので、結構そのまま食べちゃった(笑)
    広州風の本物のチャーシューも肉の旨味と燻されたような香ばしさ、
    八角などスパイシーさもあってウマウマ!  煮豚じゃなく焼き豚です。
    赤身がかりが本格中国料理を想わせますね。

    つけ汁はオイリーで香ばしく為された魚節粉や濃い口醤油などのインパクトながら、
    エグさはなくわりとスッキリ感じさせるので不思議。
    甘ショッパ辛く、酢の効きもあって東京風な感じがとても好きです!
    静岡以西、、、 愛知だとまずお目に掛かれないTYPEですね~
    完成度高いですし、ブレることなく世代を渡っていける味わいかと。
    個人的な好みからは大きく外れているんだけど、嫌じゃなく・関心に繋がる驚きにも似た感覚。
    麺との相性は流石の高いレヴェルにあり、好みを超えてこちらの麺の凄さが伝わってくる。






     格の違いがハッキリと見えますね~   
    店主の中の勝負が高いところにあるんだろうな、と。

    次はラーメンを食べてみよっと。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    らぁ麺 幸跳 (豊橋市東脇3) 

     何気によく行ってます。
    ここのたまり醤油らぁ麺が好き。
    ラーメン店には珍しく(?) シングルオリジンでの丸鶏出汁。
    まぁ、タレの方にはいろいろ使っちゃってはいますが、、、
    基本的に味を重ねるようなことはせず、狙いをビシッとキメようとする意思が伺え。
    たまり醤油の発酵調味とミネラルの高さでもって風味高い。
    ショッパイとは思うけど、旨味を重ねをるより、濃いとかショッパイ方がイイですからね。
    ちょっと紫陽花@中川区みたいな鶏の旨味で押してくるようなスカっとした旨味があって、
    グイグイと食欲をもってかれるTYPEですね~   旨いですよ~。





     丸鶏たまり醤油らぁ麺
    IMG_3994.jpg

     麺が時々によって変えてたりと、研究探求には抜かりないようです。
    この日は平打ち気味の中太麺。   
    地場の大麦の旨味風味を生かした美味しい自家製麺。
    豊橋ならではの美味しさではないでしょうか。
    歯当たり柔らかくも、伸びるようで粘るコシ。  ナチュレな甘さもあります。
    丸鶏なので肉と骨際、骨の旨味がストレートにきます。
    チー油からの鶏の香りも高く。  
    かなり鶏感に満ちているけど、香ばしく風味旨味高いたまり醤油のパンチでもって、
    高次なバランス感が生まれ、旨味が相当高いです!
    流行りなのか? 鶏チャーシューみたいなものはトロトロっとレア。
    豚チャーシューも味が抜けることなく、旨味がしっかりと保たれて。
    塩気が強いので、口内にて水で薄めつつ薄めつつですが完飲しちゃいますね~
    満足感あります。











     焼き鯖らぁ麺
    IMG_4584.jpg

     この日だけの超限定でリクエストN.O1という鯖のラーメン。
    興味本位で食べてみました。  が、、、  ちょっと好みからは大きく大きくハズれて。
    幸跳さんどうしちゃったぁ?  と、、、  
    素材を大切にクリアな味わいが魅力のお店だと認識してたんだけど、、、
    限定モノやマニア向けのメニュゥって、、、 やはり今はこうなってしまうのかな?
    鯖出汁と思ったけど、そうではなくペースト的に、ガンガンやっちゃうやつでした。
    でも偽りなく、確かに焼き鯖の味でしたよ。  
    ちょっと驚いたけど勉強になりました。
    こーゆーのが今はウケるんだね。
    好みには全く合わなかったけど、フリークや業界傾向のメニュゥを創作する意欲、
    アンテナ張りに発信、凄いな。








    という事で、、、  リベンジ。






     丸鶏たまり醤油らぁ麺
    IMG_4803.jpg

     何だか安心する~  良い香り。
    今回は中細気味のストレート麺。
    味は同じタイプ。    細い分、スープをよく吸い付けるので一層パンチに感じる。
    しかし鶏がよぉ出てるなぁ~   シングルならではの深味に感じますね。
    掛け算や重ねがないので味がボヤけてない。
    たまり醤油のミネラルで旨味をグッグググイ~~~っと引く。
    しかしここで少し疑問が、、、
    これだけ出汁として丸鶏の特徴を出してるのに、香油としてのチー油って必要なのかな?
    と。  確かに風味高く甘みも出て華やかに美味しくなるけどね。
    何だか勿体なく思えて。










    と、、、いう訳で。  さらに翌日リベンジ(爆)





     丸鶏たまり醤油らぁ麺
    IMG_4819.jpg

     今回はチー油抜きでオーダー。
    これがスマッシュヒット!  
    鶏の風味はまったくもって健在。   よりダイレクトにすら。
    油膜のない福産として塩気がより立つけど、、、 全然いいです。
    ショッパサとは別で、じんわり効いてくるボディのコクと押し寄せる丸鶏の旨味。
    かなり図太く揺れることのない出汁具合。
    凄いなぁ~  
    ついに豊橋にもこんな凄いラーメンを出す店が出てきたか~ と。
    醤油ラーメンなので、やはり醤油由来の旨味が感じられるのが素敵ですね。
    あまり好みを押し付けるのもアレかな~ と思いつつ、
    香油抜きは恐れながら申し入れさせて頂こうかと思います。





     限定モノは初回で懲りてしまったけど、、、
    たまり醤油らぁ麺は、久々にココロオドル美味しさです。






     




    trackback: -- | コメント: -- | edit

    麺遊戯 みそ音 (碧南市金山町) 

     寒くなってくると映えるのが味噌ラーメン。
    でもなかなか好みのものに出会うことが無く、遠のき気味になってしまうメニュゥでもある。
    ボクの好みはズバリ! 純連(すみれ)の味噌ラーメン!
    昔、札幌で食べたあの味。。。  
    濃厚でガツンとくる味噌のパンチは甘さより味噌ッ気のキレがあり、
    香ばしいラードのベールでもって熱々、芳しくエッヂがあり。
    動物性出汁と煮干しなど魚介の絶妙なバランス、奥に感じる微かな酸味がグっと味を引き締めて。。。
    多加水のチュルンとした太麺が絡みつけてスープを持ち上げる。
    毎日食べたら病気になりそうな強い味だけど、たまに食べる贅沢として。
    中途半端な味は好みではないので、強いならとことん強く! 
    フォルテッシモな味わいに魅了されますね~

    その後、あのような味噌ラーメンと出会えてなく、、、、 やはり道内行かないと無理かな~
    でも、此の地ならではの味ってのもあるので、そこはこだわり持っちゃうと損ばかり。
    んな中、、、 ボクの真の友である友人の好きな味噌ラーメンが碧南にあります。

    まぁ、何度か食べてるんだけど、この時期旨いな! と素直に思えるよね。
    マニアじゃないので細かい事や味の好み云々で食べることはなく、
    目の前の美味しい味噌ラーメンを食べる事に歓びを感じます。




     味噌らーめん
    XFGW7054.jpg

     どでかいチャーシューがウリのようですが、申し訳ないけどそこには全く興味がなく。
    味噌ラーメンを食べに来てるので、一番オーソドックスなものをいつもオーダーしちゃいます。
    スープ自体をお店で取ってるのか分からないけど、例え〇〇〇でもシンプルに勝負してるので、
    逆にスッキリしてて斬新な旨味の伝達です。
    麺は、、、 ゴチゴチ硬すぎなのは毎度です。。。。汗

    北海道のものと比べちゃえば、そりゃあアッサリしたものですが、
    旨味がシンプルで印象は明るく。
    マニア的には弱いのかもしれないけど、親しみがある味わいかつ、
    味噌ラーメンとして美味しさの役割を全うしてるかと。








     そぉいえば、一八@武豊町の味噌ラーメンを随分食べてないなぁ。
    アレも最強だと思う。 すみれインスパイアだけど孤高の味わい。



    今シーズンはちょいと意識して味噌ラーメン食べてみようかな~






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    葵春堂 (豊川市駅前通4) 

     豊川ならここで食べたい。
    特に変わったところはなくとも、店主なりの気概を感じさせる。
    自分の覚えてきたものに忠実なんだけど、手間と気合は惜しむことなく。
    押しつけがましさもなく謙虚な接客は気持ちがいい。
    他客いる中、あからさまにマニアや常連などと慣れ合ってるのって、あまり気分よくないからね。
    そういう周りの見える距離を保っていると感じる。









     豆乳担々麺 トマトを添えて
    1127 (2)

     なんかガッルーラみたいなネーミング(笑)  ウィットだからね^^
    濃厚でクリーミー感のあるスープはドロンと粘度あり。
    豆乳割合のせいか、濃厚でもスっと分解するような味わいで思ったより軽やか。
    ホアジャオもしっかり効いて痺れと風味があり、八角のアクセントある辛目の辣油のエッセンス。
    ピロピロ気味の平打ち麺は味気ないけど食感的に合ってるね~
    完全にエキストラですが、しっかりとスープを持ち上げて麺と同時にスープも減ってゆく感じ。
    トマト? と思っていても、これがなかなか酸味とと甘さと瑞々しさでもってオアシスと為り。

     レンゲ三杯ほど並々の酢を投入すると、、、かなりイイ感じのクセになる美味しさになります!
    一気にエスニックテイスト!!!








    1127 (1)

     もちろん、こうなります。   パクチー乗せ。
    倍盛りでも良かったかな。
    ジャンク感というか異国情緒が増して食欲止まんねぇ って感じ。












     ごちそうさま。










    trackback: -- | コメント: -- | edit