• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    葵春堂 (豊川市駅前通4) 

     豊川ならここで食べたい。
    特に変わったところはなくとも、店主なりの気概を感じさせる。
    自分の覚えてきたものに忠実なんだけど、手間と気合は惜しむことなく。
    押しつけがましさもなく謙虚な接客は気持ちがいい。
    他客いる中、あからさまにマニアや常連などと慣れ合ってるのって、あまり気分よくないからね。
    そういう周りの見える距離を保っていると感じる。









     豆乳担々麺 トマトを添えて
    1127 (2)

     なんかガッルーラみたいなネーミング(笑)  ウィットだからね^^
    濃厚でクリーミー感のあるスープはドロンと粘度あり。
    豆乳割合のせいか、濃厚でもスっと分解するような味わいで思ったより軽やか。
    ホアジャオもしっかり効いて痺れと風味があり、八角のアクセントある辛目の辣油のエッセンス。
    ピロピロ気味の平打ち麺は味気ないけど食感的に合ってるね~
    完全にエキストラですが、しっかりとスープを持ち上げて麺と同時にスープも減ってゆく感じ。
    トマト? と思っていても、これがなかなか酸味とと甘さと瑞々しさでもってオアシスと為り。

     レンゲ三杯ほど並々の酢を投入すると、、、かなりイイ感じのクセになる美味しさになります!
    一気にエスニックテイスト!!!








    1127 (1)

     もちろん、こうなります。   パクチー乗せ。
    倍盛りでも良かったかな。
    ジャンク感というか異国情緒が増して食欲止まんねぇ って感じ。












     ごちそうさま。










    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    長崎ちゃんぽん専門店 西海亭 (豊川市蔵子6) 

     未だ、ここを超えてくる、本場に迫る味わいに出会えない。。。


    P1450301.jpg

     麺も、具の天ぷらなども 全て本場より直送。
    豚骨のワイルドさを残しつつマイルドで温かみのある美味しさ。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    久留米ラーメン大幸 (安城市宇頭茶屋) 

     いや~  15年以上前の、元ラヲタの残り血が騒ぎますよ。
    トラッドな久留米とんこつが愛知でも食べられる!
    中州屋台系や長浜系のガチなラーメンすら本物は存在していないのに、
    さらにディープな久留米とは!

    豚骨臭さはもちろんあるので(現地よりだいぶマシ)、ダメな人は受付けないだろうけど、
    好きな人にはたまらない 『香り』 であり、豚骨の髄まで抽出しきった激乳化なエキスのような豚骨スープ。
    旨味は強すぎるほど強いけど、味の重ねはシンプルなので、、、
    化学調味料のパンチはあるとはいえ、ノンケミカルだけど味を幾多にも重ねちゃってるラーメンよりは、
    食べ心地良いです。
    ボクは興味半分、好奇心半分でこういった味わいも美味しく食べられるように訓練されてるので(爆)
    それは幸せな事ですホントに。   幸せが多いこと、大きい事は良いことだ!  
    お! 店名の大幸に繋がってきたところで、、、、(笑)







     ラーメン
    1_20181101185456dec.jpg

     いつもながら、食べるもの以外にどんなメニュゥがあるのかさっぱり見てませんが(爆)
    多分これが基本中の基本。
    トラッドで良い顔してますね~
    思ったより臭く感じないけど、豚骨の存在感は存分に。
    スープ濃度も高め、少しトロミすら感じるね。
    でもザラっとした舌触り、、、 おぉ!  骨が粉々になるくらい煮込んでる証しぢゃん。
    長浜のように極細麺ではなくそこそこ細麺は茹で加減もアルデンテではなく。
    そう、久留米でバリカタなどコールはナンセンス。
    柔らか中細麺くらいで丁度いいです。
    チャーシューはね、、、   九州系はね。。。  
    分かっていることだけど、そこだけは美味しく頂けないかな。  (もちろん残さず食べるけど)
    ま、、ま、、、、、  それも含めて久留米というか九州豚骨っすね。




     好き・嫌い・とかじゃなく、旨いまずいとか言ってる次元でもなく。
    このガチな久留米とんこつラーメンが頂けること自体がアンビリバボーです。
    美食だけが全てなんてつまんないし。  
    カブレや自分の好み加減など自分の世界を狭くするばかりで。
    頭で食べず、いろいろ知りたいし、ジャンクでも美味いもんは旨いと感じるのも確かな事で。
    幸か不幸か、ボクは食べられないものは全くなく、何でも美味しいと感じられるようだし。
    まぁカラダは正直だからいろいろ反応が出ちゃうことも多々あるけど。


    久留米とんこつから、胸の中のアツい想いが、、少し込み上がった(笑)









    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ガチ麺道場 (豊川市御園三丁目) 

     南山のガチ麺(そば)さん、11/1まで店舗改装工事で休みに入るそうで。
    まぁ、ボクには特に影響はないんですが、、、 とりあえずコレが食べ納め。

     ・・・どうりで最近いつになく、より行列してるわけだ。


     自ら 『製麺師』 を名乗る店主。
    ラーメンの枠内でやってるので少し勿体なく思わなくもないけど、、、汗
    ラーメンジャンルの製麺としての情熱は、飛びぬけて高いのではないでしょうか。
    粉にしてもいろいろ試されてるようで、大麦を使った甘さのある麺を打ちます。
    いろいろブレンドされてるので、まぁそーゆー味になるのですが、
    コレがなかなか甘さを引いて旨いんだわ。  
    美味しければ良い! という独特の分野なのでそこは間違いないでしょう。








     つけ麺  淡麗節ノ汐
    IMG_E3112.jpg

     面白いネーミング。  イメージングしやすいね~
    つまり塩味のつけ麺。
    つけ麺といえば濃厚ドロン系が多かったけど、ボクは遠い日の東池袋のつけ麺のあの、
    煮干しの効いた甘酸っぱいのが好きなので、、、
    ある意味このチョイスは間違いないよ。
    甘酸っぱくはないけど、キリリと汐を立てた鋭いつけ汁。
    節類乾物が これでもか! と主張。  旨味強すぎで単体ではキツいです(汗)





     が!




    IMG_E3114.jpg

     この麺が凄いんだ。   灰分も高そうだけど、小麦大麦の甘さ芳しさが著しい!
    さすが麺を大切にしてるだけあり、その特性を分かってるね。
    しっかり茹でてムニャっと粘り、旨味と風味をグワンと底上げる。
    う~ん、粘りが良いねぇ~  好きです。
    わざとらしいくらいの旨味でもって、つけ麺としての迫力を与えてるね。
    つけ汁と合ってます! なるほど!納得。
    とことん突き詰めてるラーメン道って感じで、やはりそこは他の追従を許さず、
    シーンから突き出て突っ走ってる感があり。




    ボクは孤高が好きだけど、群れの先頭を突っ走ったり、面白い人も好きなので、
    そーゆー意味では11月からの業務拡張? リニューアル? も、楽しみにしてます。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    布橋みやひろ (浜松市中区布橋2) 

     遠州系中華そばの代表格ですね。
    ボクは舞阪の浅草軒がツボなのですが、
    ここ、みやひろさんの豚ガラがっつんの、ワイルド且つ素朴な味わいも好きだな。
    懐かしい味というにはパンチあるけどね、シンプルで旨味の掛け合わせ感がないところが好き!
    醤油感あるカエシの強味でもって食欲を盛り立てます。




     わんたん麺
    R0040617.jpg

     豚臭さのある背ガラ豚ガラの出汁に醤油濃さあるタレでもって、ラーメンとして豊かな風味のスープ。
    豚の旨味も十二分。  太いボディでコク旨タイプ。
    カンスイ臭い黄色い中華麺も、それっぽさがあってこのスープとのマッチングはヴェリグ!
    トゥルンの口に流れ込んでくるようなワンタン、もも肉で旨味強いチャーシューなどなど、
    遠州系中華そばとしての魅力満載です!

    豚しくも素朴でストレートな強い味わいは、なかなか他所ではお目にかかれないね。










    trackback: -- | コメント: -- | edit