• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    手網自家焙煎 o-coffee (三重県多気郡大台町) 

     面白い珈琲のお店との出会い。
    自家焙煎という言葉も珍しくなくなり、特にそれだけでは基準にもならない今日この頃。
    焙煎を趣味や生きがいにしてる人も多いと思う。
    自分で焙煎してる人には、世の中のコーヒーのほとんどは✖✖✖に見えるかな?(笑)
    中には、、、 おぉ! こーゆープロセスを踏むか! とか、キレイでデジタル的な味だなぁ~ とか。
    刺激はあると思うけどね。

    そんな中、この O-COFFEEさんは面白い事やってるんじゃないかな? と。
    WEBでの通信販売、週末に各所でのイヴェント出店など、実店舗レスの移動販売車での営業。かな?
    横ノリ、イヴェント系はチャラく、ウリ重視で自家焙煎やってるの多いよなぁ~ 
    と、体験からの超偏見を持ってたけど、、、(爆)
    オーさんの目、顔つき、話す言葉などなど、、、 そこから受ける気風に興味が湧いた。
    とても真っ直ぐなメンズに見えます。 不器用そうにも。
    チルで熱いHEARTを秘めてるようで。  実はイルな奴かも(笑)

    と、、、何気に、、、 ほんとに何気にオーさんと会話に入ったのが不思議。
    ボクは極度の緊張症なので人と話すのは苦手。
    でも何か通ずるものがあったのか、違和感なく彼を頼りました。

    コーヒー豆に対する熱い思いなど、伝えてくれたのが嬉しかったな。

    すると、、、なんとタイにコーヒー農園を現地人と共同で経営? という事が判明。
    どのレヴェルの話なのかは分かりませんが、
    この規模の商売でそれやってるか~  と。  徹底管理出来るしメリット多いかもね。
    その副産物として、なんと精製前のコーヒーチェリーを入手できるとの事で。
    コーヒーチェリー、、、 つまりコーヒーの実なんだけど、、、
    コーヒーって、飲める状態になるには、収穫した実を洗ったり精製してDRY(乾燥)させ、
    それが生豆という薄緑~黄色っぽい種部分(ビーンズ)になり、
    さらにそれを各熱源での焙煎という工程を経て、あの茶色の珈琲豆になるわけなんだけど、、
    収穫後の洗浄された後の実そのものを天日干しして、実ごと乾燥。

    DSC00574.jpg

     右側のビーンズがそのDRYチェリー。
    しかもこのチェリーを焙煎することなく、お湯で煎じてコーヒーチェリーティという飲み物として、
    提供しています。

    う~~~む!  コーヒー豆≒焙煎と完全に思い込んでるので、衝撃的な発見です。

    DSC00571.jpg

     このように、まるで紅茶のような色合い。
    酸っぱいんだろうな~  と思い恐る恐る口にしてみると、、、
    お、、、おぉ、、、 お?   おぉ、、、  おお。
    確かに超浅煎りのような酸味のインパクトはあるけど、柔らく嫌味ではない。
    スーーっと鼻を抜けるようなベリーのアロマ。
    イルガチェフェのワイニーな風味もありながら、ファーストフラッシュのような若い柔らかさ。
    う~ん、面白いなぁ。   
    美味しいか美味しくないか、、、 
    それは分かりませんが、こういった世界を提供してくれることに敬服。
    初体験が出来るなんて、なんと貴重な!   興奮しちゃいました。






     そして彼のDRIPする珈琲も飲みたくなり、もちろん追加オーダー。
    珍しいのが好きなわけじゃないから(笑)



    DSC00572 (2)




     
    DSC00579_20181203173559b60.jpg

     チェリーティ飲んだ後だから、焙煎の香味が愛しくて(笑)
    こちらでは手網でもって焙煎されてるそうで、、、 それはそれは!
    大変な労力だし、ストイックな作業だし。  
    まさに骨の折れる仕事で、好きじゃないとできません!  好きだけでもできません!
    続きません(キッパリ!)
    だけどね、手で焼くメリットには、、、 豆の気持ちになれる(伝わる・伝えられる)ところに醍醐味。
    思うように、リアルタイムに臨機応変に変幻自在な技法なんだよね。
    アナログの良さは機械的には出せません。
    でも、自分の飲む分を手焼きするのは良いとして、、、 人様、、、ましてや不特定多数相手にその労力を起こすって、、、
    そうとうなメンタルの持ち主だと思うな~
    アイタル君もそうだけど。   リスペクトします。

    お味の方はというと、手焼きの粗さは微塵も感じられず、繊細な淡麗感がキレイでした。
    ワインなどフルーティーなアロマに、焙煎で引き出す香味。
    スルスル~っとシルキーな飲み当たりを演出するDRIP、後味の良さなど、、、
    とてもとてもハートフルなコーヒーでしたよ。







    またどこかでお会いできるといいな。  行けばいいんだけどさ。
    何だか彼とは、、、  自然が作り出す縁を大切にしたいと思います。









    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    コジマトペ (岡崎市大平町) 

     丁度良さが心地よい、お気に入りの癒し喫茶へ。
    何かを食べに、、、  何かを飲みに、、、  という意識よりも、
    この空間を味わいに行く・・・ そんな気持ちが湧くのです。




     おすすめコーヒー
    3 (3)

     今月のレコメンドはグァテマラのエルインヘルト農園。
    評判の高い農園です。
    トペさんではサイフォン方式なので淡い抽出になるんだけど、
    グァテマラらしさのある柔らかなショコラのようなコクのあるボディ、
    甘やかな香り、隙のない味わい密度など、、、
    味わいの膨らみに特徴を感じるコーヒー。
    やや深煎り気味なので酸味も気にならず、穏やかなアタックからのピークへの円やかさ、
    柔らかな余韻を堪能できます。















     楽しそうなイヴェント発見!

    IMG_4166.jpg

     丁度、落語に興味が出てきたところで、、、、 実にタイムリー!
    落語めしという手法? 実は古くからあるようですが、初心者にも分かりやすくプレゼンして頂けるようで。
    松花堂弁当も付いてるようで、こりゃ楽しそうだ!







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    prest coffee (名東区一社) 

     夜半間際の大人の夜カフェ。

    モルトなどハードリカー飲むもよし、サンドウィッチなど軽食もよし、アッフォガードで〆るもよし、
    ガツンと自慢のエスプレッソをクイッとやるもよし。






     カプチーノ
    P1500365.jpg

     可愛らしいラテアートで楽しませてくれました♪
    スカっとキレイなプレッソ抽出はキメ細かいクレマ。
    絵を崩すのが勿体なくて、いつまでも、遠くの雲を眺めるように見ていたい。。。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    コジマトペ (岡崎市大平町) 

     久しぶりにお気に入りの空間へ。

    IMG_3861.jpg

     フレンチブルーのようでもあり、サブカルブルーでもあるような、
    絶妙なシャレオツ感の中、セレクトの光るテイストにオンリーワンの世界観が随所に。












     秋の限定ブレンド
    DSC00596.jpg

     サイフォンで淹れた穏やかな味わい。
    浅めの豆特有の強い味わいが柔らかく折れてシックに。
    後から追ってくるほんのりとした苦みに落ち着いた秋の気配を感じ、
    心静かに味わってみたくなる気持ちに。














     丁度良い加減、肌温のような居心地よさ、喫茶としての空気に癒されます。












    trackback: -- | コメント: -- | edit

    cafe glace cerise (中区錦3) 

     Kinsanのアジトへ。
    繁華街の雑居ビルの地階の奥、、、  中の見えない扉の向こう側、、、
    何度訪れてもそそりますね~ このシチュエーション。
    特別感というか、非日常的な空間へ足を踏み入れるような禁断的なワクワク感。
    初めてのLiveハウスやClubのドアを開けるときの感覚みたい(笑)

    本日も美人店主に癒されます。
    こちらではスウィーツ・カフェ使いしかしておりませんが、
    ボードに書いてある料理たちも想像するに美味しそうで。  
    活字からでも涎が溢れてきます。
    そのうち料理使いもしなっくっちゃね。

    ということでデセールメニュゥ&ショーケースを覗きつつ、声を感じたものを♪













     ルバーブのタルト
    DSC00443.jpg

     コレ見るととオーダーしてしまいます。
    スカっ!と洋酒が効き、バター香る生地が浮き上がってくる。
    もちろんリュバーブはたっぷり、酸味のある味わいが羽衣をまとってるように軽やかに。
    生地とのコントラスト、相性、バランス感というかリード感にスピードを感じます。
    しっとり香やかで美味しく、思わずニヤけちゃう。
    今のボクが知る限りの、フランス的な味わい。













     林檎のタルト
    DSC00444_20180926042337cb0.jpg

     ヴァニラ香るカスタードの風味が膨らむ膨らむ。
    火を入れたリンゴのスマートな甘さと香り、しっかり効かせた洋酒が風味を乗せて突き抜ける。
    シナモン使いがオリエンタリックに妖艶で色気を感じさせますね。
    シンプルながら贅のある味わいで、パートシュクレというのかな?
    パイ生地的なサクサクで軽やかな生地の崩れと共に風味も溢れます。
    香りが走ってゆくので、美味しさに引っ張られるような広がりがあり、魅了されます。














     深煎り珈琲
    DSC00438_20180926042332a5c.jpg

     店主渾身のハンドドリップで引っ掛かりなく、染み入るような珈琲。
    どとらかというと、浅煎りのほうが店のイメージに合うかもしれない。
    けど、人の手が淹れる珈琲って美味しいなぁ~















     非日常的な空間で頂く、フランス的な美味しスウィーツと旨しカッフェ。。。
    たまりませんね。   スリリングなイメージのアジトながら癒される空間です。
    都会のオアシスやね。











    trackback: -- | コメント: -- | edit