• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

     草喰 なかひがし (左京区浄土寺) 

     

     思い入れのあるお店。

    P3221018.png

    華やかな祇園系の京懐石を知る前にここを知ってしまっているので、ボクの中での京懐石といえばここがスタンダード。

    草喰という名の通り、山野草や路地野菜を中心とした野草を摘んで地産の食材をふんだんに取り入れた郷土食。
    素朴の中に季節感、何とも侘び寂びのあるSTORY性が感じられてたまらなく好きなお店なんだよね。
    草喰ドラマティック。

    若い頃は実際よく理解してなかったと思うけど、、、最近ここの良さがしみじみと感じられる。
    心が洗われるような料理とおもてなし。  





    ★八寸

    P3220961.jpg

    金柑と土筆をのせた蛤のダシで炊いたおこわ。
    P3220969.jpg

    左京区の山で獲れた猪と堀川牛蒡。
    P3220967.jpg

    赤蕪の椿。
    P3220968.jpg

    イイダコの炊き飯。
    P3220964.jpg

    おからと空豆。  菜の花の煎り焼きなど。
    P3220966.jpg

    敷かれた山葵葉の爽やかな香りと、蒼い味わいもアクセントとしてこの八寸を立体的に薫らせる。









    ★蕗の薹の白和え

    P3220970.png

    豆腐を名残雪に見立て、その上で力強く芽吹く蕗の薹。。。  春の息吹を表現してるそうで。
    ホロッと苦みが心地良く、包み込むような豆腐の甘さ。








    ★椀もの

    P3220981.jpg

    白味噌 栃餅 小蕪。
    P3220980.jpg

    香りの良い白味噌がビシッと。  栃餅の苦みある味わいがこの中で実に輝いてる。
    滋味深い味わいに満たされる。







    ★岩魚の炭火焼

    P3220983.jpg

    じっくり炭火で火を入れてるので、頭や骨まで美味しく頂ける。
    淡水の川魚特有の“香り”が炭香をまとって実に旨い。 ホクホクでジューシー。
    芽キャベツや堀川牛蒡のせんべい、田芹、こがねミカン、、、
    付け合わせとの共演が実に深いアンサンブルを奏でるんだよね。







    ★鯉の洗い  お造り

    P3220991.jpg

    鱗の素揚げや皮の湯引き、煮こごり、なずな、すいば、タンポポ、辛味大根、ルコラ。
    とてもバラエティに富んだお造り。
    それぞれの食材に“生命宿った味わい”があるので、カラダが瞬時に反応するような美味しさ。

    P3220993.jpg

    鯉も良質な脂質で滑らかでクリーミーにさえ感じられる身質。 淡泊なようで実に味わい深い。






    ★炊きもの

    P3220996.jpg


    若竹煮。
    P3220995.jpg

    遠くに感ずる若い苦み、その奥からくる甘み、フッと抜ける竹の香り。
    贅沢に抽出された昆布ダシのアタリが素晴らしく、ワカメの風味と相まって素朴さの中にも贅沢さが感じられる逸品。
    揚げレンコン餅がこれまた風味を高め、溶け出す味わいと油分がダシに豊かさを与える。







    ★畑菜、ほうれん草、黄湯葉のおひたし

    P3221000.png

    これもいいねぇ。   
    地の味わい溢れる野趣感が楽しいです。
    カラダに溜まってるアクが抜けてゆくかのような浄化感。







    そしてメインディッシュ!!!!

    P3221003.png




    “おくどさん”で炊きあげられたご飯!!!

    P3221004.jpg
    P3221007.jpg

    名物、炊きあがる直前のアルデンテも食べさせてくれる。

    何と言ってもここのおくどさんで炊かれた飯の旨いこと!
    白飯で白飯が食える(笑)      これぞここの真骨頂でしょう!    米が旨い美味い。    
    その昔、初めてここのご飯を食べたとき・・・  その美味しさに感激、10回以上お替わりしてしまったという(笑)
    今でもその感激は薄れることなく、、、10回は無理でも8~9回くらいお替わりいきましょうか(爆)


    メインの炭焼きのめざし。
    P3221011.jpg

    おろした赤蕪と焼いたブロッコリー。
    P3221009.jpg

    大豆と牛蒡と金時人参の炊きあわせ。
    P3221008.jpg

    漬け物。
    P3221006.jpg




    ご飯がススムススム!!!
    P3221013.jpg





    お焦げさん、お替わりください!
    P3221015.jpg
    なぜか得した気分になってしまうお焦げさん。




    とっても楽しい食事の時間も終盤です。  ちょっと淋しい気持ちになってしまう。
    お腹も心も満足してるんだけどね、とにかく名残惜しい気持ちが込み上げるかのようで。
    それくらい楽しくって。






    ★水もの 甘味

    甘酒と朝採り苺。
    P3221016.jpg

    酸味が特徴的なイチゴも野趣溢れる味わいで。  糀の立つ甘い甘酒との織り合いがいいね。








    草喰なかひがし・・・   
    華やかさと鮮やかさを追求した祇園懐石とは違い、
    季節のもの地のものを大切にされた伝統的な郷土料理だと強く思えたよ。

    摘み草料理って素晴らしい。  心と体にスーーーっと染みこむような美味しさがある。


    媚びることなく思う道を貫いてきた孤高の名店だと思います。





    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit