• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ダバインディア (東京都中央区八重洲) 

     ここは南の最前線。  今もなお走り続けるトップランカー。
    超人気店だし超有名店だし、、、 だけど、やはりそれには訳がある。
    ポップなようで媚びのない、パンチ有るモノホンテイストに魅了されるんだよね。
    スパイスの生きた香り、強い酸味、トロピカルな風味使い、素材を生かしキリッと強めの塩気、
    分かりやすく、しっかりとサウスの風を感じさせてくれます。




     "ヴェジミールス"
    PB230734.jpg

     特にヴェジタリアンでも無いんだけど、いつもこちらを選択してしまう。
    ダバミールスも食べたいんだけどなぁ・・・  何故だろう。




    PB230733.jpg

     玉葱やオクラ、キャベツに大根カブなどの野菜をふんだんに使う。
    マスタードシードのほんのり香ばしさを先頭に、後ろから強く効いたスパイスの風がブワッと!
    ひとくちづつ味見しつつ、使う食材のアタリを感じつつ、食欲に火を付けて。
    しみじみ染みいるように旨いサンバルはいつ食べても好きだなぁ~
    酸味のフォロウとサンバルスパイス感の押し寄せに、コリアンダーの香りが堪りません!
    キリリッと酸っぱ辛いラッサムは、全体の味わいを埋もれさすことなくとても良い引き締め役。
    トロピカルな味わいのココナッツカレーなど、オリエンタリックな華も咲いて豊かな味覚攻め。
    しっかり過ぎるほど調味されてるんだけど、素材の生きた美味しさがあるんだよね。
    芳しきバスマティライスにいろんな要素を吸わせての、ガガガ~!っとマゼライスをカッ喰らう。
    いつもこんな感じだけど、食の衝動に駆られまくっての止まらない食欲。
    "食べるという幸せ" を 実感します。
    マンゴーやチリのチャトゥニで味変すると、これまた表情が明るくなって、更に食が進みます。
    夢中になってるといつの間にか完食に至ってるという・・・
    トリップ感のある美味しさに打たれた余韻に浸ります。



     立地も良いし安定感のある美味しさはとても有り難く、使い勝手が良いんだよね。
    ふと食べたいと思ったときに、フラッと向かってみる。。。
    いつもそんなスタイルですが、、、求めた時、求めた物が、バシッと返ってくる。   
    当たり前のようでなかなか無い満足感が得られますね。







    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    Dahaba India (中央区八重洲)  

     

     ダバインディアで遅めの夜食。
    なんだかんだいつも着席出来ちゃうんだけど、この日は行列。
    遅い時間帯の方が混んでるのかな。

    では、ササッと軽く食べて立ち去りましょう!




     プレーンドーサ
    PB230735.jpg

     パリッと焼き上がったドーサは、肌がキメ細かく薄皮の状態がとても良い!
    ほのかな酸味ある発酵感、醤油のようにしっかりとした味わいを感じさせる。
    サクッとした生地の食感ともに まるでモンジャのようで。
    なのでどこか懐かしさを感じる味覚。
    そして何と言ってもパンチのあるサンバール。  これがキレっキレでウマウマなの。
    酸っぱ~  辛~~! だけど素材とスパイスがビンビン反り返ってる感じでイキイキ!
    ライタも乳酸発酵がイキイキしてコクがまるやかで。
    ドーサを割いてサンバールに付けたりライタを乗せて食べたり・・・
    気分はまさにインディア!


     しかし、、、かなり美味しいドーサだなぁ。  
    さすが東京を(日本?)代表する南インド料理の名店、その迫力を感じるねぇ~
    ここのミールスが好きだけど、ドーサも旨いわ~
    ガッツリ食いたいときはミールス、サッと食べたいときはドーサ。。。
    これからは そんな感じでいきましょうか!











    trackback: -- | コメント: -- | edit

     Dahaba India (中央区八重洲)  



     東京の(日本の)・・・ 南インド料理の代表格的なお店の1つ    
    東京駅八重洲口近くにある  ダバ インディアにてディナー。


     青い洞窟、、、 店内はバラエティ豊かな人種と人層、そして滑る床(笑)
    何とも言えぬ異国情緒があり、バブリーアラビックな雰囲気もあり、、、香りで感じる名店の空気。

    今尚シーンを突っ走る、ここは “最前線” 



     ダバミールス (ベジ)
    IMG_4794.jpg

     絵に描いたような、バナナの葉に盛られたミールス。

    IMG_4795.jpg

    IMG_4796.jpg

    IMG_4798_201311270545046d4.jpg

     ビシッと辛くスパイシーなサンバール、タマリンドが鋭く刺激してくる酸っぱいラッサム、
    タマネギやオクラの味わいが生きてるベジカレー、ドロンドロンで豆の滋味に満ちたダルカレー、
    クリームシチューのようなココナッツ風味のジャガイモのホワイトカレー、
    酸味と発酵コクのバランスがいいヨーグルトサラダ、、、  刺激的だけど素材感あるアツァール。。。
    パパダムや2種のプーリー(全粒粉とほうれん草)、、、そして主役の柱でもあるバスマティライス。

     とりあえず一口ずつ 全てを味わう。

    うん! どれも味に勢いがあり、ガツンとくるインパクトがある。
    そしてメリ&ハリのあるパンチの効いた味わい。  中途半端じゃないです。  
    味わいに、良い意味での鋭さがあって勢いを感じる料理たち。
    全てをぐちゃぐちゃに混ぜて食べてみると・・・
    うん!うん!   これは単独では感じなかった素晴らしいセンシティヴ感。
    絶妙なバランス感がハッキリと伝わってくる。    ウマイッ!

     
     ホットでスパイシー、オイリーでソルティ、、、  
    だけど全て素材が軸となっていて、シンプルさの中で生かされてくる味わい。
    これは素晴らしいな。  食材の輪郭がハッキリと立ってるんだよね。
     
     独特なパンチ力、圧倒的な味わい、“攻め”の味わいがね、、、ハートに突き刺さるように刺激的なの。
    骨太で無骨さが味わいの中でパンチとして効いてるけど、全体的には優しくまとまってくるんだよね。
    魅惑のパンチで食欲中枢をガッツリ持っていかれそうで、尚且つ ス~~~~っとカラダに染みこんでくるの。
     グググッと引っ張られるような 食わせるパワーがある。  
    夢中でガツガツ喰らっちゃう。   食べてる最中から、、、『また来たい!!!』  と思ってしまった。





     そして今も・・・  今すぐ食べたい衝動に駆られてる(笑)





    trackback: -- | コメント: -- | edit