• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    Il etait une fois (千種区覚王山) 

     イレテテュヌフワ・・・
    妖精の森に迷い込んでしまいました。
    P1450649.jpg

     妖精達の導き、小さな案内に沿って進んでみると、、、 そこには素敵なレストランがありました。
    P1450643.jpg


    P1450639.jpg

    P1450642.jpg



     本を開くと・・・
    P1450646.jpg

     わ~お。  素敵です。    おとぎ話のような世界にどんどん引き込まれていきます!
    と、 ともに日常からどんどん遠ざかってゆく。

     そこへ主であるシェフが登場して本日の流れを説明。    まさに孤高のストーリーテラー。

    はじまりは、海。






     ひとくちチップス。 
    P1450654.jpg


     竹炭を練り込んだモチモチ生地の中には、鮑、、、   磯の香りでクラクラ。
    P1450656.jpg


     蟹とチーズのコルネ
    P1450659.jpg






     苦みが特徴の西洋葉物とトマトのガスパチョ
    P1450662.jpg




     玉手箱登場!
    P1450664.jpg

     中にはマヨソースを軸とした、ミニチュアなサンドウィッチ。
    プリプリの海老、アスパラソバージュの風味。   マダムをメロメロにしたマヨソースはさすがの美味しさ!
    P1450666.jpg




     甘い甘いトウモロコシのケーキ。  驚くほど甘く香やかでノビノビした美味しさ。
    ニョロニョロみたいなトウモロコシのスプラウトからも しっかりとトウモロコシの風味。
    P1450669.jpg

    P1450672.jpg

    P1450677.jpg


     
     鮎のコンフィ。   骨まで柔らかく、身の香りと肝の苦みの素晴らしいハーモニィ。
    井深農園さんの香り高い緑野菜のソースが印象的。
    P1450679.jpg







     大好きなバケットラビットのパン。   料理毎に10種類近く提供してくれます。
    P1450681.jpg

    P1450682.jpg








     スペシャリテ!!!
    カリフラワーのバターソテー。   バターでじっくりと火を入れて芳しく香ばしく。
    甘さを引き出す素晴らしい手仕事。   シンプルながら最高の美味しさ。
    こちらもマヨソースが添えられ、シェフの愛着が伺えます。 マダムへの愛情も^^
    P1450684.jpg




    P1450685.jpg






     鳥の巣に見立てた、カダイフに鶉卵
    P1450686.jpg

    P1450689.jpg

     シェフが白トリュフソースを注いで完成!
    白トリュフの香りが立ちこめて、目眩クラクラ官能クラッシュ!   堪りません!
    贅沢なブイヨンの濃厚ソースはクリーミィでフロマッヂュ、茸の旨味がギュッと。
    卵料理とトリュフって何でこんなに素晴らしい美味しさなんだろう。 
    カダイフがこれまたいい風味に昇華するんだ。









    P1450690.jpg






     ナンバリングされたお馴染みのフォアグラクッキー
    P1450692_20160904091804ccb.jpg









    P1450698.jpg




     井深農園の元気で太陽香る野菜のサラダ、底には優しくも味わいの深いピラフ。
    P1450694.jpg












     メインは和牛のロースト
    P1450704.jpg

      このお皿が圧巻の大きさ! 直径400mmはあるんじゃないかな。

     

    P1450705.jpg

     クラシックな火入れが肉の旨味を香ばしく引き出す。
    マスタードソースの酸味、肉のジュの甘さと香り、柔らかな塩気、、、
    サシの入った肉質なので、ボクには少し強すぎるけど、とても美味しい料理となって
    このコースのへのオマージュを感じさせます。
    スパゲットーニのように見立てた赤カブ大根?が瑞々しくオアシス。











     さぁ! お楽しみのデセールタイムです!  まずは椅子にでも腰掛けて待ちますか。
    P1450709.jpg

    P1450717.jpg

     腰掛けたのは、マダム特製のキュートなプティフールセックでした!



     デセールは2種。  
    P1450713.jpg

    P1450715.jpg








     とてもキレイに穏やかに淹れてくれる、ほしのさんの珈琲で〆。
    P1450720.jpg








     今回もとても楽しく、非日常感満載な素晴らしい時間を過ごすことが出来たよ。
    ミニマルな料理、いろんなものを詰め込んで楽しませてくれる。
    こんな素敵なお店、他にないでしょう。  
    値段(5000円くらい)も含めてみれば それはそれは素晴らしすぎる事が安易に想像付くかと。

     ここより美味しいお店や、好みの味のお店は他にもあると思う。
    でも、こんなに楽しくて幸せにさせてくれるお店は、、、そうは見つからないでしょう。
    いや、唯一無二の最強無比無比でしょう!!!
    アーティスト肌で可愛いマダムに支えられた、大人の男の渋さを持つシェフ。。。
    素敵なご夫婦です。


    ここにはボクの求めている、レストランとしてのアミューズメント&パフォーマンスが満載。
    語っても語りきれないほど素晴らしい幸福感を味わる ”究極のレストラン” だと思っています。
    P1450722.jpg
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    シェ小杉 (千種区覚王山) 




     ここはホントに素晴らしいフランス料理店だと思います。
    レストランとしての好みでいうなら No.1。   
    今の 自分が求めるもの全てがここには揃ってる。     と、言っても過言じゃないです。



     可愛らしいマダムの描く絵も素敵です!    シェフと料理への愛がいっぱい。
    R0030113.jpg



     セットもまるでアミューズメントパークのようで。   ワクワクするね~
    R0030075.jpg





      バケット・ラビットのパンを多数用意。    添えるは、香り高いオリーヴオイルにタブレットに見立てたソルト。
    R0030097.jpg






     ~ 海から始まります ~

     さぁ! 壮大なテーマのもと、メッセージ性のある芸術的料理の始まり始まり~!








     竹炭を練り込んだ生地の中には、アワビ、タコ。    フロマージュのソース。
    R0030077.jpg

    ポンデケージョみたい。
    とても風味高く、最初から魅了される。  口に含むと、、、 いわゆる高貴な香りの風が吹く。
    温かく、柔らかな愛のある仕上がり。 
    芳しいチーズのソースに浸して食べてみたり。   ウルトラ級の美味しさ炸裂。








     貝柱のスープ。
    R0030088.jpg

     足し算の料理とはいえ、非常にクリアに旨味だけをキレイに引き出す。   旨っ。







     チーズの衣に鱒の卵を乗せて カラスミのパウダー。
    R0030082.jpg

     かすかな紫蘇の風味がキリッとさせる。
    豊かな味わいに満ちてます。  








     宝の缶が登場!   アンティークなフレンチカラーが可愛すぎる!!!
    R0030092.jpg

    R0030095.jpg
      
     小さなサンドウィッチ発見!  プリプリな海老とブロッコリーのクレーマサンド。
    可愛いミニチュアだけど味わいは濃厚。  素材が生きてる。  温もりもしっかり感じられる。









      キノコの削り節! 
    R0030102.jpg

    魚介の風味と塩気がリードするクッキーのような生地に乗せて。。。
    このコントラストが抜群にキマッてるの。
    ここにしか無い味わいだねぇ~   とても素敵だよ。  






     バケラビのパン登場!   ミルクパン。
    R0030104.jpg

    とても大切にされてる。  愛を持ってここのパンを提供してくれてるんだ。
    バケラビのパンは好きなんだけど、小杉さんで頂くバケラビのパンには これまたかけがえのないものを感じる。
     まさに愛だね。






     蛤のスープ。
    R0030100.jpg

    R0030106.jpg

     これ美味すぎ!!!
    濃厚な蛤のブイヨン、緑野菜の苦みと甘さのあるスープに瑞々しくヒラヒラと舞うカブ。
     食材へのスポットの当て方が絶妙で、悶絶美味です!







     店名を冠したバケットラビットと 全粒粉のパン。
    R0030110.jpg









     カリカリにグリルした真鰯。
    R0030109.jpg

     絶妙な塩気と鰯の強い旨味を、しっかりとグリルで一体化。   
    芽サラダによって瑞々しさとホロ苦みを与え、輪郭を浮き彫りにしながら旨味をキレイに魅せる。








     ウフ アラ コック。
    R0030115.jpg

    白トリュフ、卵、枝豆の素晴らしいハーモニー。
    鼻を抜けるトリュフの官能的な香りにクラクラ。   たまらん!








     1つ1つナンバーの入った、黒トリュフのクリームクッキー。
    R0030119.jpg

     積み重なってきた時間を感じるし、 嬉しいし、楽しいよね!
    むろん 濃厚な味わいで美味しい。








     酵母の違うバケット。   小麦香り高く美味しい!
    R0030121.jpg









     ヴィネガーの効いたサラダ。
    R0030123.jpg

    玄米のリゾットとマゼマゼ~
    R0030125.jpg

     爽やかさと滋味深な味わいで口の中をニュートラルに。








     もう一度 バケットラビットをリクエスト。
    R0030130.jpg









     キジハタのグリル、モンサンミシェル産ムール貝のクレームソース。
    R0030126.jpg

     美味すぎ爆弾炸裂!
    ホクホクだけどクラシックな火入れで旨味の引き出しが上手い美味いっ。  
    パリッと皮目が焼かれ、臭みと余計な脂がしっかり削がれてる。
    ムール出汁のソースには嫌味が全くなく、キレイな味わいだけが “ギュッと“








     国産牛赤身肉のマリネのロースト。
    R0030131.jpg

    赤ワインやハーブで3日? マリネで仕込んだという手間暇掛かった肉料理。
    柔らかでヴェーニーな風味によってフルーティにさえ感じる肉質。
    やはりクラシックな火入れでもって香ばしさと芳しさの狭間をゆくような絶妙な火入れ。
    R0030136.jpg

    美味しさと共に芸術的な視覚で楽しませてくれる。
    皿の上には常に地球があるんだよね。






     ティラミスのアイス。
    R0030146.jpg

     ホロ苦くもミルキーでキレのある美味しさ。   幸せ~~~







     マダム手作りのミニャ。
    R0030145.jpg

     お土産にまでして下さり・・・   なんと素敵なオモテナシ。
     しかも どれもしっかり美味しい!







     豊橋の自家焙煎珈琲店、ほしのさんの豆を 丁寧に クリアに キレイに抽出。
    R0030147.jpg

     この豆も非常に大切に扱われてて。   感謝の気持ちと愛に溢れる素敵なお店だよな~~~







     素晴らしいヒトトキ、  素晴らしいハコ、 作家さんによる素敵な器、、、  
    感動的な料理を作り出すシェフと キラキラまばゆいマダムによる持て成しと。



     愉快で楽しい そして愛に溢れるSHOWに魅せられ 魅了されまくりで。
    いろんな人たちが支え、それらに感謝の気持ちと溢れる愛情でもって、ここを作り上げてる。
    それが高い次元で成り立ってるんだ。   素晴らしいです。ホントに。



     とても至福の時間を過ごすことが出来たよ。



     ここ数年で1番、突き抜けた魅力に満ちた素敵な時間。   
    愛すべきものを見つけたような、、、 そんな ラック溢れる想いを余韻に。。。





    trackback: -- | コメント: -- | edit