• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    ○△□ (美濃加茂市山之上) 

     究極の珈琲を頂きに、山之上へ。

    P1030031.jpg

     良い季節です。  
    陽が柔らかくなった頃、テラス席にて木漏れ日を浴びながら。










     究極の珈琲
    P1030021.jpg

     大量の豆を使い、ギュッとエキスを抽出するようなハンドドリップ。
    極深煎り焙煎で苦みが特徴なんだけど、甘さや旨味濃度もしっかりと感じさせる。
    カフェインはほとんど飛ぶので、濃いようでカラダへの負担はかなり少なく、
    ダメージを受けることは全くありません。
    雑味も皆無、圧倒的な味わいですね。
    ブラジルの香味を最大限に膨らませた美味しさです。
    フィンガーフード的に付いてくるサイドプレートも嬉しい。
    スナックに完熟ミニトマト、カマンベールなどを乗っけた嬉し美味しな珈琲の肴。




    P1030023.jpg

     スチームされたミルクの登場。
    珈琲を2/3ほど飲んだところでカップイン。


    P1030027.jpg

     カフェ・オ・レの出来上がり!
    いや~ こうなると、これまた珈琲が生きてくる!
    薄まるとかマイルドになるとかの次元ではなく、旨くなるのです。
    珈琲のもつ甘さと香りが生き生きとして弾ける。
    ミルクの甘さも引き立ち、お互いの良いところをピックアップして溶け合うような美味しさ。
    広がる香りにフランス菓子を感じるものがあり、これは堪りません!









     セカンドドリップ
    P1030026.jpg

     究極のもう一つの凄さ。
    二煎目とは思えない上質でクリアな味わい。
    寧ろスペシャリティコーヒー感があって、人によってはこちらの方が好みなんてぇ事もあり得るかと。
    こんな飲ませ方は名古屋はおろか東京でも無いでしょう。
    メディアに取り上げられてもおかしくないレヴェルにあると思います。






    いや~ 圧倒的ですな~  グレイトです。
    山猫軒の伊藤さん自身が淹れる珈琲に次ぐコーヒー。
    飲ませ方はそれ以上の面白さがあり。  素晴らしいです。
    グッと心惹かれる、圧倒的な感動。
    店主、お店の雰囲気、優雅に流れるナチュラルな時間、、、
    全てが癒しです。






     最近、タンザニア(キリマンジャロ)も取り扱いだしたようで、
    上品な酸味と優しい甘さを持つ極深煎りってぇのも、非常に興味あります!






    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    まるさんかくしかく (美濃加茂市山之上) 

     究極の一滴
    P1460346.jpg

     ブラジルのピーベリー。
    極深煎りの豆を大量に使い、ギュッと良いところだけを抽出するドリップ。
    ファーストタッチの苦みがスカッとドライに、それを包み込むような円やかな甘味とショコラのようなコク。
    フルーティなテイストやワインのアロマもしっかりと感じられ、ゾクゾクします!
    飲み口は濃厚なんだけど、キレッキレなのでスーーーー!っと風味が疾走します。
    そして長き余韻の尾には、ベリーのジャムのようなキレイな酸と穏やかなウッディノート。
    少量ロットの炭火焙煎による息吹を最大限に生かし、素晴らしいドリップによってこの珈琲豆の美味しさを200%へと。
    何という奇跡的な美味しさなのだろうか。

    深煎りは苦手、浅煎りオンリーな人、珈琲は嫌い。。。
    そんな人にこそ! 美味しさが伝わりやすく、胸張って勧められるような究極の一杯だと思います。
    イメージを超えてくると感じます。







     驚愕の2煎目
    P1460348.jpg

     デガラシではなく、セカンドブイヨンとして完成されてます。
    ブーケのようなアロマがあり、透き通った味わい。
    この抽出には毎度ながら驚かされます。






     ミルクを投入して
    P1460351.jpg

     ミルクのコクによって珈琲の甘さがフォーカスされます。






     ポンデケージョ
    P1460352.jpg

     熱々でサーヴ。    モチモチで芳しくて旨いんだよなぁ~









     一度で三度美味しい、素晴らしいアミューズメント。

    究極の珈琲はまさに "孤高" です。




    trackback: -- | コメント: -- | edit

    まるさんかくしかく (岐阜県美濃加茂市山之上) 

     究極の深煎り珈琲をいただきに、○△□さんへ
    P1460071.jpg

     いつ来ても素敵なロケーションです。
    P1460073.jpg

     ここには街の喧騒とは無縁なチルアウト、大らかな時の流れがあります。
    上辺だけのオシャレカフェには出せない、ホンモノの持つ空気の円やかさを感じます。







     究極の珈琲
    P1460075.jpg

     まさに究極。   
    極深煎りの炭火焙煎珈琲豆を贅沢に使い、ギュッと少量を抽出。
    濃厚でトロ~リ、スカッとした苦みを包み込むような甘やかなコク、フルーティで穏やかな酸、
    膨らみのあるボディ、深みと広がりが織りなす立体的な味わい。。。。
    艶やかで芳醇なコシがあるのです。
    香りにはスモーキーでスパイシー、凝縮されたナッツのようなたわわとした風合い、、、

    美味しい上澄みだけを ギュッとこのデミタスカップに注がれてるイメージです。
    これは凄い。   まさに求めてきた珈琲なんだよ。

    ボクの師の珈琲にも勝るとも劣らない、素晴らしい美味しさ。   感動的です。






     2杯目はミルクを注いで・・・
    P1460083.jpg

     甘さが引き出されます。
    1杯目とは違った表情を見せる、とても楽しい演出。







     ポンデケージョ
    P1460085.jpg

     SETもあるようだけど、こちらはサーヴィスで出して頂きましたm(_ _)m
    ブラジル珈琲にはブラジルのフードが良く合う。   ガチなポンデケージョの香り。





     チョコレートブラウニー
    P1460086.jpg

     店主が惚れ込んでるお菓子らしく、試食させて頂きました。
    しっとり濃厚だけどスッと溶けるような味わい。  ナッティな風を包むような追風をみせる芳醇なショコラ。
    一瞬フワッと弾けるように広がります。










     他に、偶然にもお店で会った(笑)親友が持ち込んだケーキ。
    P1460081.jpg

     地元では知る人ぞ知る、 『タマフクマメ』 という小さな焼き菓子店のものらしい。
    梨とチョコレートを合わせたタルトゥ。
    シナモンの香りでコクを広げ、サクッと軽やかで香り良い生地がしっかりと受け止めてます。
    見た目以上にインパクトがあります。   優しい気持ちになるような美味しさでした!



    P1460084.jpg

     シホンもしっとりフワフワ、玉子の風味良く、柔らかな愛情を感じました。

    タマフクマメさん、ちょいと気になりますのでまた機会を作って伺わなくちゃ!







     今回も素晴らしい時間を過ごすことが出来たよ。
    こんな感動のある珈琲って他にある?   感激からそんな感情が込み上がってくる。


    とてもとても、刺激と励みなるような素敵な存在なのです。



    trackback: -- | コメント: -- | edit

     ●▲■ (美濃加茂市) 

      


     ついに、、、遂に!    究極の珈琲を淹れてくるお店と出会えた!!!
    珈琲専門店で、このレベルまで突き詰めた珈琲を出すお店はなかなか無いかと。
    多くの意味で、真似できないと思います。  


    美濃加茂市にある、知る人ぞ知る週末カフェ。    ヒシヒシと“本物”を感じます。
    R0030466.jpg

     カフェマニアなら心くすぐられまくりなロケーションです。  店内はギャラリーもあったりハイセンス。
    とってもチルで温かな空気が漂ってるんだ。  細胞が活性するのが分かるかのような。
    グ○ミー受賞の世界的ミュージシャンにも愛される、オープンエア感のあるお店なのです。
    10年以上ぶりの訪問なのですが、ボクの目にはかなり素敵に映りました。




     これです。
    R0030474.jpg

     本日限定、究極の深煎り珈琲。






     炭火焙煎によるブラジルのブルボン種(100%)の極深煎り。
    R0030468.jpg

     デミタスカップに、静かに、穏やかに、、、胸に情熱を秘め、、、  とてもとても丁寧にDRIPしてくれます。
    まず、香りが凄い! 炭焼珈琲らしいガツンとくる味わい。   
    濃厚なエキス状なのにスッと引く味わいへ導く抽出は見事です。
    それでいてとても優しい。  円やかで豊かな味わい、ハッキリとした意志と世界観が見えてきます。
    強さで押さず、優しさから溢れる強さが感じられる。
    これは豆の力と言うより、抽出する技術と情熱と愛情ですよ。
    それがしっかり伝わってくるから、、、 ボクは感動に包み込まれたよ。



    驚いたのはコレ。
    R0030471.jpg

    何と! 2煎目なのです!!!
    完全に御法度だと思ってた2煎目。   いや、、、美味しいハズがない!と。



    R0030473.jpg

    正直ビックリしました。   コレが美味いのです!!!!
    そこいらのSPC専門店より美味しいんじゃない?  と思えるほどのレベルにあります。
    香りがちゃんとあって、味わいも崩れず、まるで浅煎りのようなフルーティ感が出てる。
    それでいて非常にクリアで雑味のない豊かな味わい。
    えぇ~~~?  嘘でしょ?!!!   と思ったよ。   衝撃的でした。
    こちらの方が好きという人もいるかもしれません。   だって、軽やかでメチャ美味しいんだもん。
    今年1番ビックリした瞬間だったよ。





    R0030470.jpg

    R0030475.jpg

    せんべいにクリームチーズをトッピングしたもの、甘納豆やら、、、ポンデケージョまで。。。
    出るわ出るわのサーヴィスチャーム。  楽しいな。




    少しですが、ご主人の珈琲観をお聞きすることも出来、とても有意義なひとときを過ごせたよ。
    ボクの世界観にも共鳴してくるような、素晴らしい宇宙を持ってらっしゃる。





    究極の珈琲、、、
    素晴らしかったです! 想像を超えてました。
     ボクの淹れる珈琲が世界で2番目に美味しい!  なんて密かに思ってるの自分がいるのですが(爆)
    コレでまんまと世界で3番目となってしまいました。



    それにしてもこの珈琲の存在は、、、  ボクの中でとてもデカイ。

     今この世の中に存在してくれてる事が感激であり、感謝なのです。



      他にはない、、  まさに孤高の味わい。






    trackback: -- | コメント: -- | edit