• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ノワゼット (豊川市豊川栄町) 

     新作ラッシュ!
    本日はガトーバスクを作るとの事で、、、 
    昨日の今日ですが、こりゃ行かねば!と。

    お店のインスタ見る限り、ガチ郷菓タイプではなく、
    パティスィエさんの思う美味しいガトーバスクのイメージかな。
    それはそれでアリですね。 
    強い想いが生む創作には人の心をググッと掴む力があります。






     ガトー・バスク
    IMG_5594.jpg

     ホールで見たかった(笑)
    ちゃんと本格的な造形ですね。
    表面はカチッとさせ生地はサラッとホロホロッと、白い砂の粒みたく軽やかに。
    アーモンドの風味こそ淡く感じちゃいますが、このお店にあってはコレが最適です。
    そこに卵感のカスタードがネットリ絡み、ダークチェリーの甘酸っぱい香やかな味わいでもって、
    底から一体感を感じる安定した軸です。
    優しい味という表現で良いのか分からないけど、とても真っ当な味わいでサラッと馴染む。
    こういうTYPEのガトーバスクは初めて口にしましたが、
    ノワゼットさんの色合いある美味しさだと感じます。  
    ジワっとボディに効いてきますね。  紅茶がよく合います!







     チーズとローズマリーのサブレ
    DSC03151.jpg

     結構好きな感じでリピしてます。
    DSC03162.jpg

     口に入れると、チーズのふんわりした芳しさとローズマリーの抜ける香りが豊かな旨さを生み、
    ややしっとりしたサブレの崩れる食感とともにフワッと心地よく。
    小麦粉に照準があり、引き立てるような絶妙な塩気とBペッパーの追い風が、
    芳しさにモジュレーションを与え、風味高らかな美味しさへ昇華。
    小さいけど、ちょっとした前菜でも通用しそう。
    ワイン泥棒な旨い奴です。







     



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    焼き菓子屋Noisette (豊川市豊川栄町) 

     ふらりと開店直後のノワゼットさんへ。
    超人気店になってきたので売切れが早く、皆さんお話しされてくのが好きな為か、
    接客中で取り置きしたくても電話も繋がらないことが多々あります。
    対面式スタイルの良さでもあり、このお店の人気の比重があるかと。
    ゆえに、ふらっと仕事帰りに寄って気軽にオヤツを買って家で楽しみたい! というお客さんには難しい現状なんだよね。
    ボクも結構な頻度でお伺いしてますが、高めのハードルを感じてるのも確かです。 が。
    真っ当なお店が売れっ子になってくのはとても良い事ですね!  応援しましょ~



     本日は珍しく新作を。
    あまり洋菓子屋の生菓子を好まない傾向にあるんですが、
    食べてみて正解。  美味しかったですよ~   
    パティスィエさんの長所がよく表れてます。




     タルト・パッション
    DSC03116.jpg

     今まで製作されてたタルトシトロンに替わっての登場!
    大好きなパッションフルーツを取り込んだ嬉しいお菓子です。
    おぉ! スカっ!と酸味の心地よいパッションフルーツの味わいに甘さとコクを与えて美味しいスウィーツへと。
    カシスを忍ばせたメレンゲがコックリした円やかさを滲ませ、
    パッションだけを突き抜けさせない磁力となって一体感への貢献を感じます。
    波は小さく穏やかですが香りの盛り上がりもあり、食べていて楽しいです。
    レモンじゃなくても明るく仕上げるセンスは流石ですね!







     タルト・ショコラ・フランボワーズ
    DSC03132.jpg

     ラズベリー風味の生クリームもトッピングではなくショコラの補強として捉えると、
    なかなかに重厚かつキレのある味わいでして、
    エッジある甘酸っぱいのソースと重なれば、カルディナルのような味わいを感じます。
    スピード感は無くとも引っ掛かりがなく、楽しい美味しさですね。
    ルビーチョコが何となくRAWを感じさせて、ショコラに共鳴する明るさと輪郭。
    豊かな味わいを感じました。


     洋菓子として、、、
    これをひらめいて作ってるとしたら、相当なハイセンスとイメージ力の強さだと感じます。
    普段食べないタイプのものですが、美味しく頂けました~






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    焼き菓子屋ノワゼット (豊川市豊川栄町) 

     デイリーな、ちょいとウキウキするおやつ。




     木苺のタルト
    DSC02277.jpg

     サンチャゴのようなアーモンドプードルの旨味、
    しっかりとした甘さが骨となり、キイチゴの発味を鮮やかに浮かばせます。
    サクッとさせた表地からの風味の軽やかな膨らみもあり。







     オランジェット
    DSC02272.jpg

     オレンジのコンフィ自体に華やかさがあり、
    チョコレートをキレ良く感じさせて味わいに艶がある。
    鼻を抜けるオランジェットの香りクラッときたよ。






     ティグレ・アールグレイ
    DSC02269.jpg

    アールグレイはほのかに香り、イボワールの円やかさも嫌味なく。
    バターの香りとアーモンドプードルのコクがうまく絡み合ってバランス良く昇華。
    いろんなVERもあり、何気によく買ってる品です。
    こーゆー半焼菓子的なものが美味しく頂けるのは嬉しい限り。







     ノワゼットさんのクセというか特徴のようなものを掴んできたので、
    また楽しみ方に幅というか豊かさが増してきましたよ~

    良いおやつです^^





    trackback: -- | コメント: -- | edit

    焼き菓子屋 Noisette (豊川市豊川栄町) 

     店主は創作意欲がとても旺盛、
    一週間程の間隔でも、ラインナップがガラッと変わってるなんて事もあるある^^

    相変わらずのチョイ買い、ちょいと幸せなおやつ使いです~



     ティグオランジェ
    DSC02184_20190307180521d77.jpg

     派手ではないものの、ちゃんとオレンジ香る。
    香ばしくネチッとさせた生地にオレンジの明るさが何となくでも、ちゃんと香る。
    チョコはいらないかな~?と思いきや、素材にあった味わいとしてアクセントを生んでいた。
    やはりバランス感という事かね~  






     マドレーヌゆず
    DSC02192.jpg

     おぉ! 柚子だ^^    しっかり柚子の明るい香り。
    バターに負けず主張するが、仲良く風味として折り込んで香ばしさと共に旨やかに。







     ケイク・アールグレイ・ポム
    DSC02187.jpg

     紅茶葉の風味がしっかりと。
    細かなリンゴが脇を添えるように明るさとして穏やかに、バターの風味の円やかさと。
    こちらでは紅茶系のアクセントを得意とされてるのかな?
    そういうテイストが多い気がします。
    お菓子コンセプトの身丈に合った風味を上手に扱われてて、印象が良いのです。







     モンモランシー
    DSC02178_2019030718051154d.jpg

     やりたい事が分かるよ!  伝わってきます!
    キルシュでマセレしたような風味を持つチェリーと、香ばしくアマンド香るアンニュイな美味しさ。
    表地のムラングのサクサクホロっとした崩れの食感、焼き込んだショコラタルトのビターな味わいともに、
    とてもよくマッチして西洋菓子として一体感があります。
    こういう味わいがあるとは思ってもなかっただけに、これは嬉しい誤算でした!











     気持ちをこちらのお菓子の声に合わせてみると、、、
    なんと心地よいものだろうか。  信念の強さと愛に満ちた情熱も。
    人の笑顔の為に尽くす気持ちからくるような、キラキラした美味しさだと感じます。



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    patisserie Paris S'eveille (パリ・セヴェイユ@東京都目黒区自由が丘) 

     いつも素通りだった、憧れの自由が丘(笑)
    超有名店ですね~  
    いわずものがな、日本に本場仕込みのフランス菓子(?)の存在感を広く知らしめたお店でしょうね。
    一般的な層にも分かり易く、マニアな感じのものをキャッチーカルに。
    特に興味は持ってなかったけど、自由が丘の近くにいたし、ちょっと意欲出てきた(笑)
    お茶(キャフェ)使いすれば楽しいんじゃね?  的なノリです。
    個人的に、パティスリーをそういう使い方すること自体が好きなのです。
    ディグるつもりなければ、こだわりなくほぼ美味しく・有難く頂くことが出来るので。

    いやぁ~ でも、一昔前だったら高嶺の花に感じていたお店なので、やはりワクワクするよ。
    スウィーツ系の食べ歩きには全く興味ないけどね。

    さて、朝のパリセヴェ前。  もちろんシャッターポジションで!(爆)
    開店前から行列が出来るとは、、、 さすが人気店なんだよね。
    ヴュータンみたく重厚に見えるお店は気分盛り上がります。
    店内入ると、、、ドカッ!とショーケースが。
    キレイに見えるケーキたちの宝石箱みたく。
    すると、、、店の片隅に、、、クロワッサンダマンドなどヴィエノワズリコーナーが小さく、、、
    ホントに小さく追いやられてるかのように(笑)
    焼きっ放し系も小さなスペースに、、、
    でもそこ辺りを眺めるのが一番アガったな。
    今考えたらヴィエノワズリを食べるべきだったか、と後悔。
    生菓子を食べるつもりはなかったけど、やはり味わうべきかな? と貧乏性発症。
    ケース中で一番大丈夫そう(?)且つヒカリを感じたものと、焼きっ放しコーナーからタルトをチョイス。
    イートインスペースは簡易で狭いけど、ちゃんとカトラリーも揃ってありがたい。

    Dメニュゥに目をやると、、、
    ここでコーヒーの選択は無いとして、、、 
    意外や意外! 紅茶やハーブティ系がとても充実してる!
    ここで結構アガりました(笑)
    値段も1000円以下だしポット出しでお得。
    レモンバーベナや何とリンデンまであるし!
    リンデンの香り大好きなので決定!w






     リンデンティ
    DSC02175.jpg

     西洋菩提樹!  シングルオリ?  これ飲めるのはなかなか珍しいよね。
    しかもたっぷり。   長居するぞ~~~ (頑張ってもなかなか出来ません)
    穏やかな百花蜜のような香りがあり、ハーバルさよりもリラクシンな温かみがある。
    いいねぇ~  これ飲んでるだけでも来た価値感じるなぁ~
    心はOPEN。








     ロアジス
    DSC02176.jpg

     オレンジとマスカルポーネチーズ、ホワイトチョコやいろいろ散りばめられた柑橘のエッセンス。
    普段こういうケーキを食べないので詳しい事はわからないけど、こーゆーのが美味しいんだね。
    予想通りと言えばそうなんだけど、でもこんな感じの味の構成は好きだよ。
    リンデンティとともに優雅に楽しむ♪









     タルト オ パンプルムース
    DSC02178.jpg

     杏と悩みましたが、、、 なぜかこちらをチョイス。
    しっかり焼き込まれたタルト地の香ばしさ、ピスターシュ? ダマンドはしっかり甘さを持っており、
    艶やかなジュレをまとったパンプルムースの甘々さと特有の苦み。
    リンデンティと共に優雅に楽しみました^^






     ボクはこーゆータイプのお店では、生菓子より焼き系が好きかもしれないと、、、 認識。
    好みとはまた土俵、土壌が違うんだけど、なかなか楽しめたよ。
    いろんな意味で勉強になりますし。

    次来るなら、ヴィエノワズリと焼き系を迷わずセレクトすると思う。
    もちろん!   リンデンティで♪



     いろいろ初体験で楽しかった~








    trackback: -- | コメント: -- | edit