• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ガッルーラ (昭和区八事日赤) 

     お気に入りの森岡劇場へ♪
    DSC02081.jpg

     いや~ この場所もどんだけ座ったか分からないけど、やっぱ好きですね~
    もはや味覚的にどうこうなど、思う次元でもなく、
    やはりシェフの躍動する臨場感と彼の創作するパスタが大好きなのです。
    客層見るに、ハレ&気合メシのカラーが強いけど、ボクにとっては特別な食事ではないものの、
    やはり月イチで通いたいと思えるレストランなので、思い入れは強く持ってます。







    DSC02083.jpg

     当然のようにパクっと食らいつく玉葱のフォカッチャ。
    ガルさんに来たことを実感する瞬間。   本日はローズマリーのフォカッチャも。








     ~ カルパッチョ ~  
    昆布〆した寒平目・子持ち昆布・からすみ

    DSC02086.jpg

     シェフ自ら市場へ出向いて目利きする魚介には、強いこだわりと質の高さを感じます。
    完全に和の趣なのですが、サルディーニャへと落とし込むような蒼やかなオイル使いと調味。
    身のハリある平目は鮮度抜群。






     ~ Galluraスペシャリテ ~
    桜の木で軽く燻したフレッシュフォアグラとマンゴー
    鴨胸肉のレアを添えて  栃木県産栃の木の花のハチミツのサルサ

    DSC02088.jpg

     安定のフォグラマンゴーはIBIZAを思わせるリゾーティカルな贅の風。
    口腔内に膨らむ上品な燻香とフォアグラのシルキーなコク、、、
    瑞々しく破裂しそうなジュースィーなマンゴーのトロピック。
    栃のハチミツの風味、味わいにも艶があって。








     ~ スパゲッティ ~
    北寄貝・岡崎市長坂農園さんのキャベツ・アンチョビ
    アーリオ オーリオ

    DSC02093.jpg

     驚きの甘さを持つキャベツ!  糖度がメロン並みじゃないか?
    シャキッとしっかりした繊維質から溢れる甘やかさと、キャベツの旨味がハンパない。
    アンチョビの塩気もしっかり飲み込まれるように構築されちゃうほど。
    スパゲッティの粉の香り、ホッキ貝の磯やかな香り、絶妙な塩気とキャベツの甘味。。。
    絶妙!








     ~ リゾット ~
    増荒男ほうれん草のリゾット

    DSC02098.jpg

     森岡さんのリゾットも絶品で、メニュゥに載ってると必ず食べたい!
    このリゾットはもしかしたら3巡くらい食べたかな?
    でも毎度旨し!で、今回はホウレンソウ自体もTPされ、より蒼やかさが感じられ。
    シャクッとして甘く碧いコクのある味わい。
    アルデンテ絶妙な米の炊き加減、チーズやホウレンソウピューレ、肝であるブロード、
    全てが一体化して森岡シェフの味と為る美味しさ。
    濃厚で芳醇。  
    素材感もバッチリ出しつつ、調味でしっかり装飾する料理としての旨さ。









     エスプレッソのカタラーナ
    愛知牧場のミルクのジェラート

    DSC02100.jpg

     普段食べないようなものを食べてみたw
    これが軽くて正解。
    愛牧のミルクはコクと香りがあって美味しいしね。


     コーヒー
    DSC02103.jpg

     たまにはフォルテで長居しようかと思ったけど、すぐ飲み干してしまう(笑)











     オーナーシェフ、リーダーとしてのあるべき姿、ストイックさ、道具を大切にする姿勢、、、
    分け隔てのない凛とした姿、、、等々。  森岡シェフの魅力は尽きませぬ。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    Trattoria Fratelli Gallura (中村区名駅・大名古屋BLD) 

     機会があったので、ふらりっとフラテッリしてみました。
    フラテッリ・ガッルーラ。  
    ボクの通う八事の本店と違って、こちらはトラットリアを打ち出して入りやすい雰囲気。 かな?
    大名古屋ビルジング内という事もあって、ハードルは低く、、、
    本店にはない、デパート食堂感もあり、ここがガッルーラ?  と違和感ありますが、
    そこが狙いなのでしょう。
    ブランドとしても完全分離してるし、ガッルーラのお味をお気軽に楽しめるのが本望。
    本日は平日のお昼でしたが、それでも満席御礼とは、
    やはりそのネームと分かりやすい美味しさが、本店を知らない層にもウケるんだと思う。
    週末は分からないけど、予約は取りやすい方だと思うので穴場かもね~
    いや~ でも、スタッフさんは誰も知らない人ばかり。
    メインシェフは本店にいらした方がいると思ってたけど、見当たりませんでした。




     さ、パスタのコースを選択。
    本店同様プリフィックスなので選ぶ楽しみがあります。
    見たことあるメニュゥも多く、やはりここはガッルーラなんだな、と。
    二人以上なら、中分けも対応してくれるそう。








     パネ
    1 (2)

     お馴染み玉葱のフォカッチャとバケットラビットのブール。
    口取り的に玉葱ッチャを頬張るのは必然。
    シチュエーションからか? やはり少し違いを感じるけど、どうなんでしょう。
    青臭さが特徴の透き通るように香り高いオリーヴオイルを染みこませてパクパクと。











     フォアグラのスモークとマンゴー  はちみつのソース
    2 (2)

     定番いきますか!
    大きめのフォアグラが鎮座、趣旨明快。
    もちろんあの味です! 栃のハチミツの艶な甘やかさと燻の効いたフォアグラのシルキーなクチドケ、
    フレッシュマンゴーのエキゾティックなメロウ、、、






     プリモにはリゾットがあったので即決。



     新米のリゾット
    秋トリュフ香るマッシュルームとパルミジャーノレッジャーノのリゾット

    3 (3)

     このシンプル感がイイねぇ~
    さすがに森岡シェフの作る料理とは違う。  材料・味は同じなんだけどね。
    ボクはずっと森岡シェフの作りあげる料理にこだわって食べてきたから、よく分かります。
    ま、それは比べちゃうとの話なのでなんの参考にもならないけどね。
    でも美味しいよ! こんな素敵な料理が名駅で食べられること自体がアンビリバボー!!
    安定してるし、求めて食べに来ても安心。
    トリュフの香りとマッシュルームの風味が合致した、芳しさと官能感ある美味さ。
    とても食べやすく仕上がってる。













     国産レモンのパンナコッタ
    ミルクのエスプーマ   リモンチェロのジェラート
    4 (2)

     あえてハズシのなさそうなものをチョイス。
    リモンチェロのジェラートうめぇ~
    エスプーマが必要かは分からないけど、パンナコッタも香りあって美味しかった。





    コーヒーを飲んだけど、なぜか美味しかった! (笑)
    (本店が美味しくないわけじゃないけど、ゆるい圧系抽出のコーヒー自体が好みじゃない)
    ここのはドリップ上手な人・もしくわDRIP上手なマシンかな。
    たぶんマシンでしょうが、キレイに入ってました!
    オークリウールさんやフラスカティでもマシン抽出だけど、
    下手なハンドドリップより安定して美味しいからね。




     ホッと一息、、、  
    ガッルーラの味を気軽に楽しめて満足、気が済みました!










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    cucina italiana Gallura (昭和区山里) 

     定番のガッルーラ。    
    森岡シェフのリズムを感じながらのクッチーナヴュー。
    いろんな色が重なり合わさって生まれるようなグルーヴ感。
    ボーーーーーっと 見つめてしまう、ボクにとっては素敵な時間。








     玉葱のフォカッチャ
    DSC00603 (1)

     名物をパクっと頬張りながら、空腹を癒します。














     炭火で炙った鰆  トマトのガスパチョ  焼きナスのジェラート
    DSC00601 (1)

     たぶんこんなメニュゥ名だったかな?
    身厚な鰆は質の高さが感じられ、エッヂのある食感。
    からの炭火でサッと炙られた軽やかな香ばしさと、皮目の旨さが光る。
    モチッとした身肌は旨味のノリもよく、フルーツトマトのガスパチョとの相性抜群!
    苦旨なジェラートの風味も味わいに一瞬エラーを起こさせるようなエフェクト感で。
    皿としての味わいと風味の構築力に魅せられました。
















     桜の木のチップで燻したフォアグラとマンゴー  鴨胸肉のレア
    DSC00605 (3)

     スペシャリテであるフォアグラマンゴーは、何度食べても飽きないねぇ~
    スモークと脂質の固まりであるフォアグラの相性は絶妙。  
    甘くジューシーなマンゴーのトロピカルな味わいも輝きます!
    栃の花のハチミツの風味も素晴らしいね。













     卵白を練り込んだキタッラ    松茸のアーリオーリオ 
    DSC00608 (1)

     かなりたっぷりな松茸にテンションUPUPのUP!
    森岡シェフのオイル系ウマウマなんだよね~  
    いや~ 存分に香り、堪能した満足感があり、これでもうシーズン終えてもいいかなと(笑)
    キタッラは池下での創業時代からの逸品パスタ。
    モチっとしたコシ、ムニィっと噛み締めのある低反発、、、
    香り高いオイルと松茸の雅でもって秋らかな美味!











     ビーツのリゾット  噴火湾ホタテ貝柱のソテー
    DSC00612 (1)

     これは食べたことないメニュゥだ!  
    色鮮やかなビーツ紅、ブロードとフロマージュのコクでもって味わい濃厚、
    かつキレもあって、ポクポクっと絶妙な炊きあがりを魅せる米との協奏。
    良いホタテ使ってる~  
    シェフのリゾットも大好物だよ。













     酒粕と黒糖のジェラート  米のパンナコッタ
    DSC00615 (1)

     お初!
    米のパンナちゃんは米粒がしっかりと存在。
    某フランス菓子で食べたことあるけど、またそれとはアプローチが違って面白い。
    てか・・・ こーゆードルチェを作るようになったとは、嬉しい限り!
    酒粕と黒糖の豊かな風味あるジェラートも芳しくて美味しいよ。
    スダチの削皮がこれまた良い風味で盛り上がる!











     カッフェ
    DSC00616 (1)

















     秋らしくいろんな味わい、味覚で楽しませて頂きました!
    いつまでも好きなお店です。











    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ガッルーラ (昭和区八事日赤) 

     いつもの席で♪
    いつもより慌ただしく活気ある厨房、シェフの動線に無駄がなく美しい。
    ここに通いだした当時のスタッフはほぼ入れ替わり、池下時代からのUMIさん付いてくれると何だか落ち着く。
    当時のキタッラのイメージがとても強く、メニュゥにあるとつい頼んでしまうよ。
    懐かしいなぁ。 あの当時、いろいろと。

    現在はよそにも素晴らしいレストランが増え、レヴェル高いお店もたくさんあって。
    選択肢も多いわけなんだけど、ボクは森岡さんが好きだなぁ。  
    料理ももちろんなんだけど、リーダーとして、料理人としての姿勢、
    今でも感銘を受けるし、今もなお中部圏を代表するイタリア料理店だよね。
    ボクはハレ使いすることはほとんどなく、いつもデイリーユースで申し訳ないくらいなんだけど、
    欠かすことの出来ない日常の潤い的存在です。
    それが一番の贅沢に感じるんだ。







    DSC00307.jpg

     口取り的に、名物玉葱のフォカッチャをパクっと。










     愛知産トウモロコシ・ホワイトショコラのズッパとエスプーマ
    トウモロコシのジェラート・平貝の炙り
    DSC00304.jpg

     トウモロコシの甘やかでフレッシュな味わい炸裂。
    ごちゃつくことなくストレートに軸を引く。
    タイラギの炙りの香ばしさがアクセント。  コーンコーンな風味にニヤけちゃいます。











     マグレドカナールと白桃のサラダ
    ゴルゴンゾーラのムース   25年物のバルサミコのサルサ
    DSC00308.jpg

     たっぷり鴨。  香ばしさと赤身の旨さ。
    噛み締めるほどに旨味が溢れる。  ゴルゴンの絡みからの風味増し、
    年月が凝縮されたバルサミコは驚きの味わいでした! 











     【キタッラ】  
    毛ガニとフルーツトマトのサルサ

    DSC00314.jpg

     キタッラきました!
    フルーツトマトの甘々しさは嫌味なく、抜け感のある穏やかな酸味もエッセンスとなり。
    毛蟹の濃厚な旨味と高い風味が織りなす美味さ、とても巧いです。
    そして濁っていない味わい。
    パツッと歯切れよくシコシコモチモチっとしたキタッラとよく絡んでウマウマ。












     【リゾット】
    坊ちゃんカボチャ・アーモンド・マスカルポーネ
    DSC00316.jpg

     シェフのリゾット、とても好きです!  
    南瓜の甘さを前面に押した風味、そこに絡むマスカルポーネのフレッシュな芳しさ、
    相乗するというより、互いを引き立てながら体を成してる。
    絶妙な炊き加減の米に旨味を吸わせて、ホクホクと。
    濃厚さとスッキリしたキレを持つ旨ぁ~いリゾットです。  センスですね。












     ごとう製茶さんのファーストフラッシュ
    パンナコッタとキャラメルのジェラート
    DSC00320.jpg

     おぉ! 豊橋の誇るべき、ごとうさんのお茶やん。
    しかもファーストフラッシュ!
    見事にキレイなとこを引いて美味しいパンナコッタへと昇華。
    ファスフラのスカっとした風味と優しいフレッシュ感がよく転写されてます。
    これ気に入ったよ。
    キャラメルジェラートもしっかりキャラメルしてて、ほろ苦く澄んだ味わい。
    このドルチェ、とても気に入りました!
    ここんとこお気に入りだった八海山のジェラートばかり食べていたので、久々の新HIT感です。












     コーヒー   レジェロ
    DSC00324.jpg

     花のような香りをイメージされたレジェロという抽出法。
    エチオピアのようなブーケの香りが見え隠れ。











     アミューズ感があってワクワクする、レストランとして居心地よく、それでいて贅沢性もあり、
    シェフの熱意とセンスも垣間見れ、今も尚お気に入り度のとても高いお店です。
    この素晴らしい存在にとても感謝してます。






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ガッルーラ (昭和区八事日赤) 

     こちらも日々の暮らしの潤いに欠かせない存在です。
    いつもの森岡シェフ前特等席。    真剣に向き合えます。




     
    IMG_0071.jpg

     まずは口取り代わりに玉葱のフォカッチャ。
    オイリーですが玉葱の甘さとシャキッとした食感。 さらに碧臭いオリーブオイルに浸して。









     カルパッチョ
    IMG_0073.jpg

     師崎産イシガレイ・和歌山産水ナス・高知産小夏。
    瑞々しく爽やかな風味でもってイシガレイの鮮度よい旨味を淡く高めて。
    アスパラガスの薄スライスも舌あたりが広く、アスパラの風味がよく拾える。
    モチモチとシャキッとした食感コントラスト。









     フォアグラ・マンゴー
    IMG_0075.jpg

     ガッルーラのスペシャリテの。
    桜スモークの燻香がほんのりと、風味のライン付け。
    溶けるフォアグラの滑らかな味わいと、瑞々しくメロウなマンゴーのトロピック。
    味わい映えのある美味しさには、毎度ながら 『ウンウン』 頷く口福感。
    マグレ鴨の赤身の旨さもイイねぇ~














     『スパゲッティ』
    そら豆のピューレと生うに
    IMG_0079.jpg

     前回食べて悶絶したウニのスパゲッティ。
    今回はそら豆と織り合わせての再登場。
    ストレート感は薄れるけど、センスと組み合わせの妙でもって美味しさを昇華。
    ウニらしさとそら豆の甘コクと香りが、緻密に行き交う。
    シコシコのスパゲッティは茹で絶妙。
    森岡シェフの超人的スキルとセンスが輝いています。













     『トロフィエ』
    ジェノベーゼ・つぶ貝と噴火湾産帆立貝・ビーツの泡

    IMG_0080.jpg

    パンチある鮮烈なジェノヴァソースは蒼く深く。
    モチッ、プニッとしたトロフィエのスイトン的なコシ強い食べ心地との谷山が振り子となり、
    風味と食感のコントラストが生むヴィヴィッドな感じがGOOO!
    小麦の風味とバジルやナッツ、チーズの芳醇さがたまりません。













     ドルチェはいつもの、、、




     九平次の純米大吟醸酒粕と黒糖のジェラート
    IMG_0083.jpg

     これ、完成形だよね。  酒粕の独特の芳しい風味を黒糖と折り合わせて巧みな美味しさ。
    絶妙とはまさにこの事で。 










     煎茶レモングラス
    IMG_0085煎茶レモングラス

     これも面白い!!   淡い煎茶とレモングラスのオリエンタリックな融合は見事。
    奇をてらうかと思いきや、実に緻密な構成となって風味を魅せます。
    これ結構好きだなぁ。  伝統を割って組合すようなセンス感じます。











     いつも日常使いなんだけど、気持ちの昂る大好きなリストランテです。







    trackback: -- | コメント: -- | edit