• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    里弄 (豊橋市井原) 

     素材の味わいのパンチがあり、勢いある旨さ、ズドーーーンとくるような迫力のある料理たち。
    けして高級食材ってわけでもないんだけど、凄味を感じるドラマティカルな美味しさ。
    本物の持ついぶし銀のシンプル。    里弄さんの魅力は尽きませんね~  










    豚肉と夏野菜の蒸しスープ
    IMG_0193.jpg

     骨付きの豚肉は熟成加減も良質でもって旨味に溢れる。
    太陽感じる味わいの夏野菜からの強い風味と相まって、
    優しくもパンチのある澄んだ味わい。
    ゴクゴクと飲み干したくなる、シンプルで勢いのある美味しさ。















     土佐あかうしのブラックペッパー炒め
    IMG_0192.jpg

     コレぞ! 里弄さんの独壇場!
    赤身の旨さが段違いな赤牛を豪快に焼き付ける。
    ガツンと黒胡椒ホールからの弾けるスパイシー感、野菜の味わい濃いぃさ、
    キリッと立つようなパンチある調味、、、  炎の味わいといえばいいのかな。
    ニュアンスなんだけど、まさに炎の勢い感じるような 『火』の料理です。これは。
    いや~ 旨い。  香やかに旨いんだよね。
    噛み締めるほどに赤牛の旨味を堪能。  パンチ力が爽快です!


















     汁なし担々麺
    IMG_0197.jpg

     これ、即KOされました!  ブラボー!!!
    胡麻を使わない担々麺、、、 シェフらしいヒトヒネリあるボンバーアイテム。
    たしかに、担々麺といえば芝麻醤ありきと思い込んでいたけど、
    これはしたり! 胡麻がなくても胡麻を香らせることが出来るのだ!
    このテイストは食べた人にしか分からないです。
    しっかり麻と辣の効きも立ち、醤油ダレ、ナッツ、香菜のオリエンタリックなテイストが!
    もちもちの自家製麺との絡み抜群で!  虜になってしまう美味しさに、終始唸りまくりでした!
    絶品!




















     鮭ほぐし身と新生姜の炒飯
    IMG_0201-1.jpg

     こーゆーのが最高に旨い店なんだよね。
    しっとりしつつもハラりハラり舞うような米粒。
    一粒一粒に軽やかなオイルと調味、卵がコーティングされ、
    しっとりと旨味の尾を引くような味わい。  それでいて軽やかでスっとカラダに収まるように。
    鮭身からの川の風味と新生姜のハーバルな土の香りをまとって。
    これは飲み物だなぁ(笑)













     杏仁豆腐
    IMG_0210.jpg

     杏仁草のスパイシーな風味とタイトなミルキーさがあって、
    トロトロフルフルの豆腐のクチドケが堪らない。
    シンプルさの中にも、やはりパンチを感じるのです。  料理から甘味まで一貫してるよね。


















     愛玉子(オーギョーチ)
    IMG_0208.jpg

     デトックス効果抜群の台湾スウィーツ。
    どこか仙草にも似た独特の風味を遠くに感じながら、レモンシロップが導線となってスカっと。
    優しいんだけど、東洋的な魅惑を奥に感じます。  何だろう不思議な気持ち。
    スーーーっとキレイに沁み込むので、食後の整えとして心地よい味わいです。














     黒板メニュゥから食べたいものを食べられるだけオーダーするのが好き。
    他所にはない凄みであったり、食材にパンチを与える調理であったり、
    抜きんでてる感のある、素晴らしい味わいに出会えます。










    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    里弄 (豊橋市井原) 

     素材のパンチ力に優れるリーロンさん♪
    広東がベースにあると思いますが、四川系にパワフルな凄味があって圧倒する美味しさを感じます。
    定番メニュゥもいいんだけど、店内の黒板メニュゥからワクワクしながら選ぶのが好き。
    いつも魅力的なんだよね。  そして外しがない!  
    一見フツーに見えるメニュゥでも、しっかりとリーロンワールドを魅せ付けられる。
    中国料理を食べにへ行く・・・というより、里弄の魅力を食べに行くという気持ちです。




     "四川風麻婆豆腐"
    P1460933.jpg

     これが美味いの何の!  しっかりと麻辣の効いた香り高い麻婆。
    調味料でパンチを出すのではなく、素材や出汁などのコクからくる『厚み』を感じるんだよね。
    構築力がしっかりとしているので、辛いけど疲れません。  
    飽きることなくグイグイと食欲が増してくるよ。
    陳マーボーにはない味わいの膨らみが素敵。
    しかし、驚きの旨さだなぁ。  相当にです。









     "北海道イワシ(大)オーヴン焼き、ピリ辛ひき肉がけ"
    P1460939.jpg

     イワシの大きさに驚く。  鰺か!? ってくらい大きい。
    パリッと皮目を焼いて身はホクホクでジューシーな火入れ感。
    脂ノリと香りのある身質で食べ応え有ります。
    四川風のピリ辛ひき肉は花椒や豆板醤などのインパクトに複雑な香りを散りばめて。
    素材力のあるこのイワシを更に盛り立てます!  
    豪快ですが繊細でもある、リーさんらしい美味しさ。








     "天然鮎ほぐし身と新生姜の炒飯"
    P1460936.jpg

     センス感じるメニュゥ・・・いいですねぇ!
    ほぐし身タップリ!  しっとりしつつも一粒一粒がハラリと舞うような完璧な炒飯。
    米一粒にしっかりと旨味がコーティングされてます。
    苔の香りが特徴の鮎の風味がしっかりと軸となり、清湯、卵、香油、葱などの豊かな膨らみでもって、
    重奏なメロディを奏でている印象。
    食材のイメージと組み立ての合致を感じます!
    さすがのスキル&モチベーション、そしてイマジネーション感じるセンスです。







     "豊川しじみ入り汁そば"
    P1460943.jpg

     夏らしい季節の風物詩。  
    残念なのはこの時期は自家製麺してないというところ。  温湿度でダレちゃうからね。
    製麺室やある程度の専用環境がないと厳しいのです。
    でも既製品とはいえ、そこはリーさん。
    やはり素材の凄味でグイグイと食い込んでくる!
    もう、完全にしじみ汁なんだけど、、、やはり中国料理として成り立ってる味わい。
    調味ではなくコクで魅せ付ける美味しさ。  絶妙な塩加減のキマり方。
    散らした胡麻も良い仕事して。
    スープもゴクゴクと飲み干せちゃいます!    旨いなぁ~






     何食べてもパンチと凄味を感じ、満足感の高い食事が得られるリーロンさん。
    ボクにとって、豊橋4皇の一角なのです。









     ※新たな試み。
    ジュールスさん、くいぜさんなどでオフ会(超ラフな食事会)を開催しようかと考えています。
    興味ある方は↓メールフォームからご連絡下さい。




    trackback: -- | コメント: -- | edit

    中国料理 里弄 (豊橋市井原) 

     豊橋で圧倒的な美味しさが感じられるリーロンさん。
    名古屋圏も含めて抜きんでてると思います。  
    旬の食材使い、勢いなど、(同じ豊橋のフラスカティさんでも感じる) 本物のみぞ持つ凄味があります。

    定番メニュゥも良いんですが、やはり常に旬で更新されてる黒板メニュゥが超魅力的。
    どれも食べたくて迷っちゃう(笑)   胃袋3つくらい欲しいです。

    1_20170612042756d94.jpg






     土佐あかうし タタキ風
    P1460896190102.jpg

     リーロンさんへ来たなら是非食べておきたい赤牛。
    綺麗なロゼ色の赤身肉がタップリと。  前菜だからね、一応(笑)
    ニンニクの効いたピリ辛の醤、瑞々しく味わい濃い自家菜園野菜との相性もGOOOO!
    噛むほどに溢れる赤身質の濃ゆい味わい、脂質にはないワイルドな旨味の大波。
    肉喰らってる感があって爽快です。   圧倒的に味わい深いです。







     舞阪 鱧サクサク揚げ スパイシーソルト
    P1460900191432.jpg

     こちらの魚の質の高さには安心して美味を委ねられます。
    しっかり衣に閉じ込められたホクホクのハモ、香りが生きた瑞々しさにパッションがあります。
    クミンの特徴が出たスパイシーソルトの風味との相性がすこぶる良くって。
    塩のリードによって旨味がグイグイと、溢れてくるように感じます。
    旬のアスパラも太陽の香りと甘さがウマウマ。
    香りを生かしたハモって美味いなぁ~~~~  








     桜エビの炒飯
    P1460903192843.jpg

     旬の桜エビがタップリ!
    こちらの炒飯はしっとりしつつも旨味が米一粒一粒にコーティングされて、ハラリと舞うような軽やかさ。
    ジューシーな炒飯とでも言いましょうか。  ベチャッとした感じは一切皆無。  メチャウマです。
    トップノートとなる食材をしっかり主張させつつ、全ての旨味が高いところでバランスが取れて。
    抜群の美味しさとして響いてきますね~







     魚のほぐし身入り 酸辣湯麺
    P1460906193946.jpg

     なかなか酸っぱ辛く刺激的!!  でも尖っておらず円やかさと柔らかな振り幅があるのは流石。
    膨らみのある豊かな味わいと為ってるんだよね。
    スープ・ド・ポワソンのような魚の香りの生きた味わいに引き込まれます。
    なかなかに贅沢なほぐし身からの旨味、 刺激を包み込むようにグイグイと旨味側に導く。
    花椒、辣油、酸味、旨味、、、、 香りの共奏があって高いステージでの美味しさ。

    P1460910194050.jpg

     麺もかなり旨い!!!   小麦の甘さと卵の香り生きた自家製麺。
    シコシコです!








     杏仁豆腐
    P1460914195901.jpg

     さらに美味しくなってる気がする!  杏仁がしっかりと主張したスパイシーで高貴な風味。
    絹の様にシルキーな口溶け。








     以上、食べてみてかなり満足感が高いです!!!
    美味しさには凄味があって、しっかりリーロンワールドが感じられて。
    凄いお店になってきたと、改めて感じたディナーでした。
    豊橋でこの味わいが感じられる事って、誇りに思うべきですね!
    いろんなジャンルで見渡しても、輝き感じられる素晴らしいお店です。    




    trackback: -- | コメント: -- | edit

    リーロン (豊橋市井原) 

     素材のパンチを味わいに、フェイバリット中華のリーロンさんへ。
    食材も秋の装い、こちらならではのストレート且つ味わい深い美味しさに舌鼓。






     高知 あかうしタタキ風
    R0030258150919.jpg

     リーロンさんの赤牛系は見かけたらマスト!  豪快に食わせてくれるのが魅力です。
    赤身質に広がるサシ。  噛むほどにジュワジュワと溢れる肉の味わい。
    モグモグしてると鼻を抜けてゆく芳しき香りにクラッとしてしまいますね。
    醤油とニンニクの効いたソースが、味わいをさらに高く感じさせる。
    自家菜園からの野菜のサラダも、元気な味わいが跳ねています!









     キノコのあんかけ柳麺
    R0030259150919.jpg

     手打ちの自家製卵麺はタリオリーニ風、玉子と小麦の持つ甘い味わいが特徴で。
    エッヂがあり、シコシコッとしてパツッとした歯応え。   とても美味しい麺です。
    たっぷりキノコのあんかけは熱々。  しっかりとされた味付けでガツンと! 
    ベースの清湯スープの優しさと相まって、深い味わいの世界が広がります。









     北海道 イクラのせ青菜炒飯
    R0030267150919.jpg

     こちらも短い旬ならではの美味しさ。
    紹興酒漬けされたイクラがゴッソリとオン・ザ・ライス!  プチュプチュと柔らかく弾けます!
    そこからジュワ~っと広がるウッフィな味わいと、紹興酒のパンチ。
    とても味わい濃ゆいイクラとなって一粒一粒に感激がありますね。  いや~ 豪快。
    それと対極にあるかのような、優しい味わいの青菜炒飯。
    米一粒一粒にシットリとした味わいがコーティングされ、ハラリと舞うように踊ります。
    パンチあるイクラとの絶妙なハーモニー、リーロンさんの独壇場です!




     
     旬の美味しさ、高い満足感が得られる口福。
    リーロンさんには、豪快で繊細な美味しさが溢れていますね~♪



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    中国料理 里弄 (豊橋市井原) 

     夜のリーロンさんへ。
    豊橋で満足の得られるお店の1つ、、、 この欲深な怪物の心を満たしてくれるお店なのです。
    P5270070.jpg

     最近では自家菜園で獲れた野菜なども積極的に取り入れたり、
    常に強気で攻めの仕入れをしているようにも見えます。
    それが最高のカタチで凄味のあるパンチとなり、食べ手にズドーーーンとストレートに伝わってくる。 







     九州産いさきと野菜の蒸し物
    九州産いさきと野菜の蒸し物 (5)
     チャイニーズ・アクアパッツァ的な。
    こちらの魚介の仕入れは、そこいらの海鮮店より確実に強い。
    そして切りつけも豪快、調理にも勢いを感じます。
    イサキの香りと旨みを大切に、甘辛いソースで蒸し焼に。
    野菜からの香りも高く、全てが底上げされてるような美味しさがあります。
    白髪ネギがとても良いアクセントとなって、全体を清らかに魅せます。








     16種 彩り野菜の冷やし中華
    16種彩り野菜の冷やし中華 (2)

     冷やし中華!!!  というもの、、、 何気に食べてみたかった~~~!
    こちらも自家栽培野菜にスポットを当てた、瑞々しく夏らしさあるヒト皿。
    麺は製麺所製? 自家製麺の卵麺とは違ったような・・・
    ハムや錦糸卵きなど、イメージするとおりの “冷やし中華” って感じがまた昭和風情だなぁ~
    何せ野菜が美味しいからね、麺もハムも卵も全て絡めてサラダ麺的に頬張れば・・・
    穏やかな酸味と甘コクの胡麻ダレの調味でもって、美味しさへのオヴェーション。







     土佐赤牛のあんかけご飯
    土佐赤牛のあんかけご飯 (1)

     これはヤバイでしょ。
    リーロンらしい豪快で、胸を撃ち抜いてくるような直球感。
    トロトロに煮込まれたお肉は口に入れるとホロホロと、プルルンとしたコラーゲンも持ち合わせ、、、
    赤牛ならではの力強い味わいとコクを魅せてくれます。  香りもしっかりと。
    茸や野菜にも力があり 風味を高めてます。
    牛出汁と醤油などの調味の塩気と甘さが絶妙で、ガツガツ食らいつきたくなるような美味しさ!






     いや~  ええですわ。  いつ来てもリーロンさんって。
    美味しいから訪れたい! と思う気持ち以上の美味しさを感じさせてくれる。
    どんな使い方&食べ方をしても、欲深なボクの心を満たしてくれる 凄いお店なのです。


    trackback: -- | コメント: -- | edit