• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    Aux Crieurs de Vin (豊橋市萱町) 

     禁猟解禁も近づき、いよいよジビエのシーズン。
    鳥獣の深味ある美味しさを堪能したいねぇ。
    フランスからは、今年少し早めだと言われる鴨が出回り始めてるらしく。
    そんな中、オークリウールさんで青首鴨を頂いてきました。
    DSC00952.jpg

     穏やかな時間が極上の空間でユルりと流れてる。  素敵ング。
    上辺だけじゃなく本質からこんなに素敵なお店はそう無いと思う。
    演出というより滲み出てるんだよね。











     グジエール
    DSC00959.jpg

     口取りに、ちょいと嬉しい芳しいやつ。
    ワインへの愛情が深いので、チーズの香りへのこだわりが感じられます。










     仏・バイヨンヌ産 生ハム
    DSC00967.jpg

     頬張ってモグモグと、ジュワジュワと膨らんでくる熟成された芳香。
    鼻をぬけてく高い香り。。。 モグモグし続けてるとピークに達した瞬間・スっと溶ける。
    この瞬間が至福なんだよなぁ~   
    そして口内フレッシュすべく添えられた無花果をジュンと噛み締める。
    塩気と甘さが絶妙に絡み合ってクロスオーヴァーしてゆき、トーンが重なったところでキレイに消えてく。
    夢の中のような余韻、ピックルスがグイッと線を入れるように導線を。















     リヨン風 トリップのソテ―
    DSC00972.jpg

     いいねぇ~ 郷土色ある料理。
    そう、ここはレストランの派手な味わいではなく、郷土の色合い濃いしみじみとした美味しさが特徴。
    なので、〇〇風とかフランスの地名入ったメニュウは気になるところ。
    トリップ(胃)は臭み全くなく、香味野菜や香草の香りを上手に乗せてトリップ自体の旨味を引いてる。
    ねっとり柔らかくも歯切れへの食感をしっかり感じさせてくれ、噛み締める歓びも。
    鼻腔へと膨らむトリップとバターの香りが芳しく極まりない。
    シェリーヴィネガーの色気がこれまた良いんだよね~ 














     帆立貝と秋の茸のプロヴァンス風
    DSC00974.jpg

     これはヤバいねぇ。
    ニンニク、オリーヴオイルの風味がキノコや貝柱を風味高らかに導く。
    いろんなキノコの味がするよ。  セップのようなトロける芳醇な香りが気になる! 
    何茸なのかな?  聞くの忘れたけど、、、 
    数種の茸の味わいが一つの幹となって皿を盛り立てますね。
    帆立貝柱もブリンブリンな身質で食べ応えあり、ギュっと凝縮させたような調理。
    かなり旨いし深秋の気配抜群!













     バターナッツのスープ
    DSC00978バターナッツ




     サツマイモのスープ
    DSC00979サツマイモ

     スープは2種類あったのでもちろん2つとも頂きます(笑)
    だってここのスープ最高に旨いもの!
    どちらも素材感と香りを大切にしつつ、深み高みのあるフォンとクリームで伸ばしてあるので、
    奥行のある極上の味わいです!  大好きだなぁ~ スープ。
    バターナッツは南瓜の美味しさをサラリと、サツマイモは甘やかでコックリした美味しさでした。











     では本日のメイン、、、 青首鴨が登場!
    調理途中で土井さんが見せてくれたよ。

    DSC00980フランス産青首鴨 (1)

     贅沢に半羽です。
    辺り一面に立ち込める鴨脂の香りがたまらん!
    しっかりローストし、ここからオーヴンで仕上げるのかな?
    ワクワクするね~










    そして、、、  皿になって再登場!








     仏産・青首鴨のロースト
    DSC00985.jpg

     銃猟ではなく、とっ捕まえての捕獲なので出血させることなく、
    エトフェ(窒息〆)にて全身に血を巡らせてます。
    これによって非常に味わいの濃い、味わい深い身質となるんだよね。
    実際、噛み締めた瞬間からその豊潤な香りと鉄の味わい濃さが印象的!
    実~~~に味わい深く、全くの隙の無い旨味と味わいの発し方に驚きを覚えます。
    鴨自体好きだけど、普段食べてるのとは、やはり違いすぎますね~  青首鴨・エトフェ。
    鴨のジュとワインのソースもこの身質とよく合い、鴨の美味しさがより一体感ある旨さへと昇華。
    秋トリュフの穏やかな香りが肉の旨さを高めるし、ガルニの野菜の苦み甘味もアクセント。
    骨付きなのでナイフでギコギコと削ぐように切り落とす。
    骨際はさらに美味しい!
    ほんとレバー食べてるような味わいの濃さで、命の尊さを感じながら有難く頂戴しました。
    やっぱ胸にジーーーーンとキマすね~   神秘的な森を連想させます。
    食材として素材を尊重された調理であり、
    ありがたく命を循環させるような料理に仕上げるシェフにリスペクト。
    また食べたい!














     そして、こちらでの楽しみでもあるフランス郷土菓子的なデセールタイム!
    秋らしく栗のお菓子です!




     ガトー・オー・マロン
    DSC00989ガトー オー マロン (2)

     グラスアロでコーティングされた、しっとり生地が特徴的。
    食べてみると、、、 おぉ、、、 栗のオリエンタリックさがスパイシーにも感じられる!
    シャリッとした表面、しっとりした生地には粒感ある栗、そして香りがフワっと。
    スパイスはもちろん使ってるし、洋酒も効いてるんだけど、やはり主役は栗であって。
    フランス菓子的な構築ですが、どこか素朴で深い美味しさ。
    派手さはないけどしみじみ旨い。   ホール買いしたいくらい。











     コーヒー
    DSC00995.jpg

     美味しくないコーヒーが出てこないのも喜ばしい限り!
    よくあるからね~  料理美味しいのに最後のコーヒーには無頓着なレストランって。
    本当に残念な気持ちになってしまうんだよね。
    専門店級の美味しさまでは求めてないけど、雑味のないコーヒー飲みたいからね。
    ここのコーヒーは機械式かもしれないけど、クリアで飲みやすく、よ余韻を邪魔しない。
    ドラマを壊すことなく流してくれる最後のヒトコマとして、ちゃんと意識されてるハズです。













     今回、青首鴨が頂けてほんと嬉しかったよ。
    自分の主体性を尊重してくれるように、素敵すぎるレストランを心から楽しむ。。。
    これこそが貴重体験かもしれない。









    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    オー・クリウール・ドゥ・ヴァン (豊橋市萱町) 

     ディナー訪問でア・ラ・カルト。  
    いつもはコースですが、以前に土井さんの提案もあって、コレやってみたいな、と。
    結果ブレてコースと変わなくなってしまったけど(笑) 食べたいものだけ食べるのも楽しく満腹だな~と。

    DSC00204.jpg





    ここでの食事はそれ自体を楽しむ事に優雅さと贅沢さ、他にはない異時空感があるのです。
    やはり訪れるほどに好きが増します。
    ボクの中で、ゆったり食事を楽しみたいな~ という時にはここしかないような唯一無二。





     皿はすべてハーフポーション。 
    料理によっては出来ないものもあるけど、基本シェアにも対応していただけるようで、
    中分けしてのサーヴ。  いいね~








     グジェール
    DSC00209.jpg

     アミューズです。  定番のグジ。
    芳しいチーズの風味を香ばしく焼き上げて。  
    素朴ですが味わいは贅沢で泡泥棒となるでしょう。










     クルディテバリエ
    DSC00213.jpg

     季節野菜のマリネ。
    それぞれの素材を生かした香りあるサラダ。 
    優しく、太陽と大地の香り。  食べていて爽快な気持ちに。









     バゲット
    DSC00211.jpg

     









     トウモロコシの冷製スープ
    DSC00217.jpg

     たまには冷製を。  癒される~
    フォンとトウモロコシの絶妙なハーモニーで甘やかに、風味高らかに。
    好きだなぁ~   スープ。









     黒ぐじのロースト  バジルのソース
    DSC00226.jpg

     アマダイの一種かな。
    芳醇な白身の風味に特徴があり、ミスティでとても美味しい。
    パリッと香ばしく焼き付けたローストでもって、メリを与え、風味の膨らみでハリを。
    バジルの鮮明な蒼さのソースが味変的に、ぐじの旨さを高めます。
    ガルニの野菜もウマー!









     仔羊の香草パン粉グリル
    DSC00230.jpg

     クラシックな火入れでも美味しいピークをしっかり見極めてるので、
    臭みではなく、仔羊特有の香りとミルキーな味わいを堪能できます。
    ジュのソースも染みわたるように食材に馴染んで、料理としての美味しさを魅せますね。
    こちらもガルニの野菜たちのアクセント的なテイストに癒されるし、ほっこりとした美味しさに包まれます。
    どちらも主役に感じるほど重要。










     文面では伝わらない、素敵な時間の流れ。
    ゆったりと、夢の中のように、時間を感じさせない非日常感。
    奇をてらわないけど、しみじみ美味しい料理とともに、
    穏やかなランタンの灯のような光を魅せてくれる、素晴らしいレストランです。






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    AUX CRIEURS DE VIN (豊橋市萱町) 

     静やかに美味し癒しを求めて・・・  ここぞ! オークリウールさんの独壇場でしょう。
    シックな空間、時間・・・ レストランを楽しむという悦を、心の底から感じる。

    IMG_3417.jpg





     これから始まるドラマに・・・ ワクワクします。
    IMG_0233.jpg










     お口取り
    IMG_0238-1.jpg

     香ばしく焼きを入れた、シェフ定番のグジェール。  チーズの香りが鮮烈で食欲マシマシ。











     フェンネルとトマトの煮込み  ホタテのポワレ添え
    IMG_0243-1.jpg

     立派な貝柱をメインではなく、添えというのが粋ですね。
    温かみのある料理ですが、フェンネルのハーバルな風味とトマトの甘酸味が夏を向いてる。
    爽やかなんだけど穏やかな旨味風味の広がりは、このお店の料理の存在感を表してます。
    しみじみと旨い。  
    西洋料理ではなく南仏の郷土料理としてグっとくるものを持っています。
    質の良いホタテのプリプリ感、香りも最高。  さくっとポワレってるけどしっかり火を通しての凝縮感。











     トウモロコシのポタージュ
    IMG_0250-2.jpg

     ここのスープはメチャウマです!
    トウモロコシの香り味わい甘味を、旨すぎるフォンで伸ばした美味しさに悶絶。











     天然鰻のロースト  バルサミコソース
    IMG_0248.jpg

     まさかここで天然ものが食えるとは!  サイズも中ぶり悪くない! 
    パリッとローストして香ばしく。   しっかりした身質でコシがあるけどフワッとした火入れは絶妙。
    もしかして海鰻かな? 川魚特有の苔臭さは薄く海系のミネラルを感じました。
    時期的に河口近くかもしれないけど。
    太いコクと甘さがあり、噛むとジュワっと程よい脂質が繊維から溢れるイメージ。
    それを食わせるのはバルサミコソース。
    凝縮された旨味があり、お高いやつなんじゃないの?  よく合います!
    フレンチで鰻とは、レミニセンスさんのスペシャリテのイメージでしたが、
    いやはや、さすがオークリウールさん、見事に美味しく料理されてます!
    敷かれたラタトゥユもクミンの香り、熟成された葡萄系、茄子などの夏野菜の薫り高くウマウマ。
    地味だけどしみじみ野菜が旨いのも特徴だよね。
    めちゃ旨いサプライズに大満足。










    スズキのロースト ブールブランソース
    IMG_0253-2.jpg

     立派なサイズであろうスズキを身厚にロースト。
    旨味をしっかり閉じ込めつつフワッとジューシーな保湿。
    口に含むと膨らむように広がるミスティな風味。
    焦がしバターのブールブランソースはシェフの得意技。
    風味高い発酵バターをサラリとしたコクと香ばしさで高めてキレもあり。
    重厚ながら食材と見事に調和、ケイパの塩気と風味、香草の香りでもって味わいに輪郭を。
    ガルニの野菜たちも火入れで息吹を得て、元気な甘さがあります。











     仔羊肩肉の煮込み
    IMG_0256.jpg


    IMG_0261-2.jpg

     いや~ 南仏らしいどこかオリエンタリックな美味しさ!
    地中海をイメージさせるようなハープシーコードの奏でを感じます。
    カレーのようなエピス、オレンジの風味が軸にあり、仔羊のミルキーな旨味をキッチリサポート。
    特有の風味をギリギリまで生かしてる絶妙感。 ホロホロ柔らくなるまで煮こまれてます。
    玉葱やパプリカの甘さの香りが寧ろ輪郭として魅せる。 
    添えられる蕎麦の実とハーブのサラダがとてもよく合ってる。
    バジルやパクチーの風味が印象的、まろやかにマリネされたサラダがシルキーにハーバルに昇華。
    アートに寄らず料理としての軸を大切にしつつ、しっかり手の込んだ仕事を為すシェフの料理、、、
    好きです。











     ピーチメルバ
    IMG_0266-2.jpg

     今が旬、シロップ漬けの桃にヴァニラアイス。 
    その風味を高めるラズベリーソースの鮮やかな甘酸っぱさ。
    毎年人気の高いデセールです。









     ビスキュイ ド サヴォワ
    IMG_0262.jpg

     シンプルな生地だけに素材感が生きる。
    卵、小麦粉の香り甘さがあり、地味ですがしみじみ旨い。
    甘夏のコンフィチュールが花を咲かすように華を与えます。
    口の水分持ってかれますが(笑) いや~ しみじみ旨い。
    こーゆー郷土感のあるお菓子を作って出せるお店って、そうないんだよね。
    派手さはなくともしみじみ美味しい。  印象に残ります。










     コーヒー、小菓子
    IMG_0269-2.jpg

     最後の余韻まで一貫とした流れを感じます。









     レストランの本質があり、しみじみと胸を打つようなドラマ感。
    ここにしかない、ここでしか味わえない時間があり、
    それこそがこちらへ足繁く通いたくなる魅力なのです。






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    オー クリウール ドゥ ヴァン (豊橋市萱町) 

     休日のオアシスです。
    大人エレガントに、お洒落で素敵すぎ。
    P1470544.jpg









     
    P1470529.jpg









     メヒカリのフリット
    P1470531_2018061605012733b.jpg

     三河の水揚げではなく遠州。
    カラッと揚げられたメヒカリの風味が保湿されてミスティな膨らみ。







     ずわい蟹のムーステリーヌ
    P1470534_20180616050142d83.jpg

     ずわいのキレイなとこだけを引いたような、雑味の無いクリアな味わい。
    細やかに泡っとしたムースの口溶け。  野菜のマリネ加減が絶妙。









     カリフラワーのスープ
    P1470535.jpg

     ここのスープが大好きです!  フォンと軸の素材の織り成す妙。








     スズキのロースト  ブールブランソース
    P1470538.jpg

     フワッと風味と味わいを閉じ込めた直球ロースト。
    シェフ得意のブールブランソースは濃厚だけどしっかりとキレます。
    ソースの後から素材の風味がしっかりと包みこんでくる。






     乳飲み仔牛のロースト  タイム風味
    P1470541.jpg

     ミルキーで味わいのある仔牛肉、キメの細かい弾力でジューシー。
    ジュのソースに絡めたタイムの香りで、単調になりがちな仔牛肉の風味を高めて旨味を引き出します。
    フランス郷土の情景が映ります。







     レモンとアーモンドのタルト
    P1470545.jpg

     メニュゥで見つけた瞬間にオーダー決定。
    パティスィエの持つ、フランス郷土への想いと気概高い美味しさ。
    付加することなく素朴な味わいを大切にされてる。
    シンプルな旨さがあって、込み上がるような口福が得られますね。




    P1470548.jpg

     珈琲で〆。










     フランスの田舎へとリトルトラベル出来るひととき。
    日常の中の、ちょっと素敵な贅沢です。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    オー クリウール ドゥ ヴァン (豊橋市萱町) 

     ただいま~ っと、言いたくなるような。   落ち着くお店です。
    華やかでドキッとするようなアーティスティックなお店も良いけど、
    肩肘張らず落ち着いた時間を過ごせるのもレストランの醍醐味かな、と。
    過度な飾りをしないクラシカルな本物感がとても好きです。
    料理だけじゃなく、随所に深い愛とこだわりを感じます。





     パン
    P1470120.jpg

     自家製の全粒粉パンは素朴で滋味深く、ナチュラルな甘さがあります。
    発酵バターとの相性が良い!








     舌平目のムーステリーヌ
    P1470121.jpg

     香り豊かな舌平目をまろやかなムース状にて、口溶けの良い美味しさ。
    黒トリュフのスライスが気分を盛り上げます。








     カボチャのスープ
    P1470126.jpg

     素直な味わいの引きだし。
    カボチャの甘さを立てるようなフォンの優しいサポート、クリームの滑らかさ。
    シンプルに感じますが、なかなかに深い味わいに唸る。







     砂肝のコンフィ サラダ仕立て
    P1470123.jpg

     シンプルにコンフィして素材の旨さを引きだし、香りを感じさせてます!
    ネチッとした食感と広がる鉄の味わいが、フレッシュなサラダと彩りあってタイトな美味しさへと。
    ボイルドエッグも良いアクセント。
    しみじみ旨い。









     三河一色産 オインク豚のロースト  バジルソース
    P1470127 (1)

     オインク豚って味わいがあって美味しいね~
    豚らしさがあって香ばしく焼き上げるとウマウマ!
    流行の低温調理ではなく、しっかりクラシックな火入れでこそ生きてくる美味しさ。
    野菜の素揚げの甘さや苦さ、香りなどが豚肉の美味しさを実直に底上げてます。
    香やかなバジルソースがとても良い!!!







     フランスシストロン産 子羊モモの煮込み
    P1470130仏シストロン産子羊モモ

     シンプルに水で煮た調理ですが、これはストレートに味わえてウマウマです!
    肉質の細やかさがあるこのお肉、滑らかな脂の溶けとミルキーな味わいに優れます!
    ホロホロでナイフがスッと入るほど柔らかく煮込まれて、野菜の甘さを連れて存在を発揮。
    シンプルでとても美味しかったです!








     フランス産クリームチーズのテリーヌ
    P1470132.jpg

     いわゆるレアチーズケーキですが、チーズの香りがすこぶる良く、
    馴染みある味わいながらグッときました。
    シャインマスカットと一緒に食べると華が咲きます!








     コーヒーと小菓子
    P1470137.jpg

     ホッと一息、今日も素敵な時間をどうもありがとう!
    素敵に囲まれた空間で、独特のスロウな時間を。
    レストランという醍醐味に包まれる、素敵なスポットです。






    trackback: -- | コメント: -- | edit