• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    お燗とvinめし くいぜ (東区葵) 

     行くぜ!
    ここはホットスポット。   シンプルの中にも斬新さがあり、郷土色のある食味もあり。
    発酵食を上手く食べやすく取り入れた、絶品の手料理に毎度唸ってます!
    本日も黒板メニュゥを見ながらワクワクと。  




     ブッラータ
    P1480331.jpg

     メニュゥ外、あればラッキーな水牛チーズ。
    しかも超でかい!!!  拳サイズです。  豪快に割り開いての提供。
    水牛!水牛!水牛!と、まさに水牛チーズ満喫。
    雪見だいふく的なブッラータを贅沢に喰らいます!  ミニトマトの数も凄い!
    シンプルにオリーヴオイル塩で素材を堪能。   これだけで満腹感が得られそうだ。







     パン盛り合わせ
    P1480334.jpg

     バゲット、パン・オ・ヴァン、チーズのリュスティック。
    どれも伸びやかで素晴らしい味わい。  これだけのレヴェルパンが食べられるって、、、
    余所じゃあり得ません!  すっごい価値を感じる美味しさ。
    噛みしめる毎に溢れる、広がる味わいに勢いがあり、染みいるような旨味に包まれます!
    何度でもお替わりしたい(笑)







     パテ ド カンパーニュ
    P1480335.jpg

     テッパンですがこちらも毎度唸る美味しさ。
    肉肉しく内臓のコクとスパイシーさが絶妙で凄味すら感じます。
    絹やかな食べ心地と、綺麗な余韻の食後感の良さは流石ですね。








     鰤のいしる焼き
    P1480339.jpg

     いしるに漬け込んだ鰤の切り身を皮目パリパリの鱗焼き風に。
    パリッとした表面、ほくほく保湿と旨味の増強を得た身の旨さ。
    臭みが驚くほど無くて綺麗な鰤の美味しさと、いしるの風味が堪りません!







     鶏バター 
    P1480343.jpg

     こちらも名物料理でしょうか。
    ムネ肉をタップリの発酵バターで絡めてロースト。
    バターの風味に満ち、肉のヴォリューム感もあって迫力あります!
    レモンを搾ると明るさが出て最高!








     ポテトフライ
    P1480344.jpg

     シンプルですが、指定農園のジャガイモをストレートに堪能出来る品。
    ホクホクでしっとりしたポテトは香りがしっかりと感じられ、甘さがあります。
    強めの塩で風味が高められてウマウマ!









     南インド風カレー
    P1480346.jpg

     本日は豆のカレー。
    美味いなぁ~  旨い!   ここのカレーは飲み物です!










     リュバーブのタルト
    P1480351.jpg

     お楽しみのデザート!   専属フランス菓子職人の作るお菓子の大ファンです!
    苦みのあるリュバーブの使い方がとっても上手でセンスが輝く。
    ピスタチオのダンマンドからの風味、バターのキレと小麦粉の旨さが光る生地と素材が織り合って、
    重奏感のある味わいには明るさがあり、奥行きと立体感があります。
    驚きの旨さ。
    専門的な事はよく分かりませんが、とても細やかな気持ちの込められ方が感じられ、
    思わず笑顔になり嬉しくなってしまう。
    作り手のフランス菓子へのイメージ、気概に満ちています。







     フランボワーズのアイス  ローズの香り
    P1480353.jpg

     いや~ ビックリ!   勢いのある酸と高貴な香り!
    華が咲くとはこーゆー事を言うんだね! 
    それは決してインパクトだけではなく、長く長~い余韻と香りの膨らみまで一貫しており、
    いつまでもフランボワーズとバラの海に包み込まれるように。
    インパクト強いと飽きがくるものだけど、このアイスには魅了し続ける魅力があります。
    魔力ではなく魅力。
    引き込まれたなぁ~~~
    リュバーブのタルトと共に、すっごい感激と衝撃があり、しばらく余韻に浸りました。











     やはり何食べても旨すぎる。    
    カラダが、細胞が反応するような美味しさと気概に満ちた料理達。
    普通のように見える料理でも、めちゃ奥深い味わいと明るさを持ってるんだよね。
    料理職人の作るものとは一線を画すけど、それらには無いもの、無い発想、
    自由な気持ちが込められています。





    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    お燗とvinめし くいぜ (東区葵) 

     くいぜにいくぜ。 

    インパクトよりも、膨らむ香りや旨みの豊かさに比重のあるお酒と料理に囲まれて。
    余韻までスルスルと滑らかに、美味で心をマリネーゼしてくれます。





     本日のパン
    P1470997クリームチーズ無花果カンパーニュ、ごま油リュスティック

     奥様の焼くパンもお目当ての1つ。
    クリームチーズとイチジクのカンパーニュと、ごま油とチーズのリュスティック。
    優しい酸味を香味へと引き込むカンパーニュは、クリームチーズの風味とイチジクの滋味で
    小麦の香りをハッキリと意識させつつ、スーーーっと染みこむような噛み締めからの味わい。
    リュスティックは悶絶!  思いっきりごま油を混ぜたそうなのですが、風味の表現力満ちてる。
    モッチリして水分より胡麻油分によってしっとりしつつもスッとキレます。
    口腔に広がる胡麻と小麦と酵母の香りに即倒してしまいそう。
    専門店では食べられないような美味しさとレヴェルの高さです。








     しらすとあおさのキッシュ
    P1470998あおさ、しらすキッシュ (1)

     素材を生かした恵み溢れる味わい。
    ちまちました仕事では無いんだよね。  たっぷり、ごっそり。
    何を味わせるのかハッキリ明快。 
    素材が良いし調味料の類も完璧なので、素材がガツンとくるような料理でも全然疲れません。








     鶏のからあげ
    P1480003鶏からあげ、ムラサキ人参 (2)

     逆に興味出ました!
    これはウマイッ。  カリッとカラリと揚がった衣は油分を弾くような鉄壁。
    鶏肉の旨味をしっかり閉じ込め、香りも逃がさない。
    その鶏肉は素晴らしい保湿で瑞々しくジューシー極まりなくて驚いた。
    こんな旨い唐揚げ食べたこと無いぞ!? 
    キメ細かな身質に仕上げ、噛み心地と広がる香り、奥深く感じさせる味わい。。。
    紫人参の甘さと土の香り豊かな風味にもヤラレた。

    一瞬で蒸発してしまったヒト皿(笑)








     ブーダンノワール
    P1480005ブーダンノワール (2)

     大好物の豚の血のソーセージ。  こちらではパテ感覚で。
    鉄の味わいを香味野菜やハーブスパイス、背脂? などでしっかりバランス取って、
    奥ゆかな味わいとワイルドな味わいとのクロスオーヴァーするエリアがとても風味高い。
    そして滑らかにスーーーっと引っかかり無く抜けます。
    こんがり焼き上げているのもポイントだと思います。   これは赤ワインでしょ!
    いや日本酒にも合う香りです。  むしろそちらに寄せてる気がします。







     ひよこ豆の煮込み
    P1480007ひよこ豆煮込み (2)

     シンプルに。  だけど豊かな美味しさと感じる。
    ホクホク柔らかく煮込まれたカルバンゾの滋味深い味わい、清らかなオリーヴオイル。
    どんだけでも食べちゃいそう。







     田舎風パデ・ド・カンパーニュ
    P1480009パテカン (2)

     これが美味いのなんの。
    シンプル且つ明るく、エッヂのある味わいはシャキーーンと。
    口溶けとともに広がるコクと香り、、、 膨らむ肉とレバーなどの味わい。
    イヤラシさは皆無。    濃厚ながらすっきり爽快な食べ心地です!







     南インド風カレー
    P1480011南インド風カレー (2)

     ムングぽい豆がたっぷり使われたカレー。
    スパイス感ばっちりキマって香り高く、崇高な美味しさ。  
    華やかな香りからコクを生む香りまで縦横無尽。
    意志を感じる料理には、ズドーンと胸を撃ち抜く力があります。
    このカレーは飲み物です。   皿持ち上げて飲み干します。








     クレープ レモンソース
    P1480014クレープ、レモンソース (2)

     デザートもお目当ての1つ。  
    見た目こんなにフツーに見えても、、、味わいは突き抜けてます!
    ギャップに驚きます。  イルプルで出てきそうな、気概有るフランス菓子の美味しさがあります。
    レモンジュースとレモンオイルでしょうか? 
    甘い小麦の味わいの生地にビシッとラインを刻むようなヴィヴィッド感。
    明るさがあって、ドキッとする美味しさでした。







     レモンのパウンドケーキ
    P1480016レモンのパウンドケーキ (1)

     同じレモンのお菓子でもこちらは味わいにホールド感がありました。
    バターの香りとコクの質が違いすぎる!   
    本物を表現する情熱と好きとがスパークして、とてつもない美味しさを届けてくれるのです。










     最初から最後まで、美味しさのテンションが上がりっぱなしで。
    疾走感ありました!   美味しさが完璧です。   料理に対してとてもストイックだと思います。

    最高に旨かった!   









    trackback: -- | コメント: -- | edit

    お燗とvinめし くいぜ (東区葵) 

     1/18オープン、すぐにでも駆けつけたかったお店です。
    信頼できる絶対味感、多くの経験から磨き抜かれたセンス、目の付け所などなど、、、
    ご主人の魅力は底が見えないほど深いと感じます。
    自分が美味しいと思えるMONOだけを集めたという熱燗メインの日本酒、
    イタリアの自然派ワインなど酒のラインナップには素晴らしい偏りがあり(笑)、
    マニア心をくすぐりまくりです。    こちらの1番のコンセプトは熱燗です。

    香取、、、良いですねぇ~! 個人的に寺田さんは唯一の本物だと思っております。
    P1470357.jpg
     
    そして土曜は  『昼酒できます』 の看板のもと、14時から開店。
    飲んべえには堪らない響きではないのでしょうか。
    もちろん食事処としての使い方もベター。  何せ食べ物、肴の美味しさのヴェクトルが違います!










    P1470346.jpg

     さすが、しっかり要は抑えてます。









     ミネラルウォーターからもこだわりが垣間見られます。
    P1470343.jpg







    カトラリーはカラフルなラギオール!  しかも箸篭にフツーに入ってます(驚)
    他のお店ならこだわりとして魅せるレヴェルのものが、ここでは当たり前の事かのように。
    かなりの気概高さを感じますねぇ~   
    ご主人はナチュラルテイストだけど、芯は尖ってる気配がとても良いです!  

    そしてグングンと料理への期待値が上がってゆく(笑)
    店内黒板より、気になったものを数点オーダー。   オススメとかは無いと思います。
    全てが魂心の、ご主人の好きな料理ばかりだと思うから。










     本日の料理 (ポテトサラダ)
    P1470347.jpg

     いきなり飛ばしますねぇ~
    酒粕を使ったポテサラはキレます。
    マスタードの酸味とポテトの旨味、酒粕で元気な息吹の入った味わいにはセンスを感じます。
    こんな美味しいポテサラ、なかなか無いよ。   美味しさが抜きんでてると感じました。










     本日のパン
    P1470351.jpg

     奥様が焼いてるという自家製パン。   本日はアンチョビと黒オリーヴのリュスティックです。
    これ、悶絶即倒!!!   旨すぎでしょ!!!!  ビックリなハイレヴェル。
    ボクの好きなSSのパンに迫る勢い、名古屋のセラーでこのレヴェルに達してるお店って、、、
    果たしてあるのでしょうか?   と思ってしまうほどでした。
    小麦粉の味わいに満ち、ミネラル感がしっかりと表れた味わいには奥深い旨甘味があります。
    噛むほどにドラマティックな美味しさがナチュラルに溢れ、
    絶妙なアンチョビの塩気とオリーヴの風味を纏っての、味わいセンセーション。
    心を揺さぶられる美味しさ!   ビックリ。






     パテ・ド・カンパーニュ
    P1470356.jpg

     うまいっ。   その言葉しか出ない。
    肉や脂、内臓系の旨味が見事に雑味なくクリアに表れてます。
    劣化というものを微塵にも感じない、非常にキレの良いパテカンです。
    これ、ガチガチな凄腕料理人では出せない味わいかも。  そんな気がします。
    生活から滲み出る、家庭料理の良いところを洗練させた感がありますねぇ~   グレイト。








     猪の煮込み ナヴァラン風
    P1470361.jpg

     脂乗った猪肉をしっかり焼き付けて煮込んであります。
    臭みなんかは皆無で旨味がググ~っと引き立ってくる。
    絶妙なスパイス使いがオリエンタラビックでもあり、西洋から見た東洋のような鼓動を感じます。
    野菜の旨味も野暮ったさがなくとてもクリア。 
    スキルというより、作り手の思いが昇華させてる味わいかと。









     南インド風カレー
    P1470363.jpg

     これが食べたかった!  
    クミンやマスタードシードクローブなどがしっかりと効いたスパイス感。
    キリッと辛味がしっかりと感じられ、スパイシーさにキレを魅せる。
    コレは旨いぞ!   鶏の旨味が出すオリジンな芯がより一層クリア感を出してるんだよね。
    味わいに野暮さがなく、非常に後味のスッキリとした 『正食』なる味わいです。
    食べ進むにつれ美味しさがドンドン開いていくよ。
    カレーとしてかなり美味しいです。  
    こちらの料理の印象は、とにかく野暮さがないのが特徴でしょうか。
    ガチな修業も大切だと思いますが、好きこそものの上手なれという言葉が示すとおり、
    意識がとても高いと感じます。  それがとても個性的であったりするんだよね。
    いずれにせよこちらは、既存店には無い、見えない、大切なものがあると感じたよ。
    オープン仕立てなのでプロの洗練された技術には敵わないのだろうけど、
    意識の高さは負けてない、いや目線の高さはズバ抜けてるとすら思える。
    しっかりと自分を追い込んでるからね。  
    プロ目線と言うより、マニア目線で見るほどに凄さを感じると思います。
    当の本人的には、当たり前の事をやってるだけだと思ってると思うけど(笑)
    どの料理にも感激があって美味しかった。  心意気というより、意識を感じたよ。
    店主のセンスのオーラが空気を成してる。    出会えて良かった~ と しみじみ思った。



      さて!!!  ここからはお待ちかね!  デザートタイムっ!
    デザートは有るときと無いときがあるそうですが、本日は有りました!!!
    店主が味覚に信頼を置いてるという、フランス菓子職人が先ほど納品したばかりだというフィナンシェ!
    そしてフランボワーズのアイス!  2点ともにオーダー。





     フランボワーズのアイス
    P1470371.jpg

     ビックリ!!!  凄味のある広がり!
    イルプルの素材を贅沢に使ってるらしく、なるほど味わいにパッションがあります。
    夏に食べたトゥルティエールのかき氷を思い出すような味わい。
    強いベリーをレモンの香りやいろんな調味料で深みに引き込みます。
    どこから切り取っても厚い味わいかつ、キレがあるので軽やか。
    メチャメチャ美味しいですよ。   こんなんなかなか無いよ。
    少なくとも名古屋で1番美味しいアイスではないか? と思える。
    これこそがフランスの味わいなのでしょう。








     フィナンシェ
    P1470375.jpg

     ちょうど前日にBEBEさんのフィナンシェを食べていたので丁度いい(笑)
    いや~ これも絶品ですな~!  
    イルプルレシピ? なのでBebeさんと基本軸は似てますが。
    杏の香りの広がり、アーモンドの膨らみ、、、 味わいの盛り上がりがあります。
    とてもエネルギッシュで これぞフランス菓子の味わい! という主張がありますねぇ~
    かなり美味しく、感激しました。

    デザート、、、、このレヴェルのものが食べられるって、、、 他に無いですね。
    本物を知ってるからこそ表現出来るセンスだと思います。


    ホッとするようで超絶美味の料理、美味しい燗酒、超絶デセール、、、最高ですね。
    ここに『まるさんかくしかく』の珈琲があったら鬼に金棒でしょう(笑)  






     いや~  ヤラレました。   ヤルつもりが返り討ち状態です(爆)
    まさにこんなお店を待ち望んでいましたよ。
    変なプロ意識が意識を曇らせることなく、当然のことを当然にやってのける姿勢、、、
    こういったお店はなかなか無いと思います。  
    最近食べた美味しいもの達の記憶がブッ飛んでしまいそうな勢い。
    とてもとても気に入ったしまったよ。   通います宣言発令。



    素晴らしいお店をオープンしてくれて有り難う。 と、感謝すら覚えてしまいます。



    trackback: -- | コメント: -- | edit