• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ジュールス (千種区池下) 

     ジュールスさんでの ア・ラ・カルト食いも楽しいよね。
    食べたものを食べたいだけ・・・ とは言っても結構ヴォリュームあるので、、、
    というような場合でも、シェフはハーフポーションなど相談に乗ってくれるし。
    基本、食べ手を楽しませたい、というレストランとしての根の想いが強いので。
    言ったもん勝ち、楽しんだもん勝ちです。

    本日はラムラック(仔羊)食らう気満々です!





     フレンチオニオンスープ
    DSC01838-2.jpg

     前菜代わりにオニオンスープ!
    なかなか大盤振る舞い!
    味の方は、なるほど! この味わいを舌が覚えたら、、、
    わざとらしい旨味のオニオンスープはもう飲めません。
    しみじみと玉ねぎの奥にある旨味をググッと引き、オニオンらしい甘さと香りこの上なく。
    雑味や余計な調味も一切なく、カラダに馴染み良い歓びのある美味しさ。
    トロけるチーズは、、、  あった方が分かり易いね^^
    いや~ ポカポカに温まって最高!






     ラザーニャ  (ハーフ)
    DSC01839-2.jpg

     いや~ 何だか懐かしいわ~  
    一般的なラザニアとは違って、スープに浸ったような状態。
    トロトロに煮込まれたビーフがゴロゴロに入っていて、そのブイヨン極まりなく旨い!
    手打ちの生地はツルっとしてモチモチとも。
    肉料理として通用しそうなボロニェーゼのコク旨さがクセになる!
    やはりストレートな食材使いがあり、派手さは無くとも腑に落ちる旨さ。
    熱々です!








     ポルチーニ茸のリゾット
    DSC01849-2.jpg

     嘘でしょ?!!! ってくらいポルチーニが入ってる((笑))
    米粒より多いんじゃないかな?  マジで大袈裟じゃないですよ。
    DRYポルチーニなので旨味が濃い濃い。
    山猫珈琲と同じ理論で美味しいとこを贅沢にギュっ!と。
    食べると舌を弾かれるくらいの凄味に圧倒される。
    ポルチーニ!!!!  という風味と旨味が ガッツ‐‐‐‐ン!!!と。
    濃厚な生クリームとチーズ、絶妙に立たせる塩気でもって甘さすら感じさせるような調味。
    こんなパンチあるリゾット、、、 ちょっと存在しないでしょ。
    凄かったです!!!  やるなぁ!シェフ K・ITO
    ギュギュッと凝縮された味わいは圧倒的!










     仔羊 ラムラックロースト
    DSC01861-2.jpg

     4本。
    肉焼く人ならこの断面でわかるでしょ?
    赤身の繊維がほどけるような仕上がり。。。  
    炭火ですごく上手に焼けたときなんかに出るよね、この肉汁の染み方。
    ほろりほろりと溶けるような赤身質が口の中でミルキーに崩れてゆく。
    仔羊の美味しいところだけが存在し、ほんのり甘やかな香りと共に滑らかな旨味が膨らむ。
    あぁ、、、 なんて美味しいんだろう。。。 刹那の恍惚。
    まさに夢の中にいるような、美味の中に存在する小宇宙に落ちてしまう。
    脂身も臭さなど皆無、あるのは美味しい香りとジュワっと溢れるミルキーでサラサラの脂質。
    骨の際まで削ぎ食い、まさに骨までしゃぶりつくして有難く頂きました!
    大量のポムフリットやアラビックなラタトゥユ、生野菜などガルニのどれも美味しく盛り上げ、
    肉汁を吸ったイタリアパンの小麦の強い風味までもが、この料理の要素として。
    感動的に旨かったです!!!  暫定No.1仔羊かも!
    山猫ITO氏が自らの手で炭火焼きにした仔羊くらいにしか太刀打ちできないでしょう。
    あれはまた次元違いですけど、、、
    他所でも凄く美味しいと思える子羊肉はたくさん食べてますが、、、
    今更驚くくらい美味しいと感じたよ!
    素材の質もあるだろうけど、やはり肝は火入れでしょうね。
    しかもこちらのシェフはベンチすらさせない。
    させなくても肉汁が暴れることなく落ち着いてるの。  驚きだよ。
    しかし旨いわ~   今すぐにでも食べたいと思っちゃう。
    エロさとはまたちょいと違う、官能的な美味しさだったよ。







     炭火焼コーヒー
    DSC01865-2.jpg

     ギュっとデミ・タス、上澄みを凝縮させた芯のあるDRIP。
    膨らみのあるボディのコク、伸びやかな香り、、、
    香味高く、深煎りビターなのに透き通るような珈琲。。。











     どれもこれも最高でした!
    特に仔羊はもう、、、  ヤバいな。。。









    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ジュールス (千種区池下) 

     ジュールスさん、ただでさえ凄いCPなのにさらにランチコースがパワーアップしたとか。
    前菜は盛り合わせになり、メインのステーキはフィレ肉になったり、
    ガーリックチャーハン又は豆腐ステーキが付いたり、、、
    値段据え置きなのに内容がかなり増してるじゃん!  と 驚く。
    料理作る為に生まれてきたようなシェフの、旺盛なサービス精神が炸裂してます。








     前菜盛り合わせ
    DSC00448.jpg

    DSC00449.jpg

    DSC00451_2018082704184037f.jpg

     なんと10種盛り!!!  八寸もビックリ。

    タスマニアサーモンマリネの溶けるような純な味わい、各種チーズの質の高さを裏付けるようなキレ、
    ・・・パテカンの美味しさには目を見開いた!
    よくある内臓系のコクというより、まるで白カビ系の芳しさのような味わい深いもので。
    素材のよさを感じさせるくちどけ。
    野菜に乗せられたトビコのプチップチな弾けが楽しい。
    どれも質の高い香りある料理たち。










     フィレステーキ
    DSC00455.jpg

     素晴らしい。  素晴らしい火入れ。
    トロけるような身質、噛む必要がないような柔らかさ。
    脂質も極細やかに入ってるけど、サラッとして沁み込むような正しさがあり、
    赤身の旨味に甘味を与えて贅沢な美味しさを演出。


    DSC00458 (2)

     この素晴らしい火入れ感はシェフの独壇場!!!
    普通、サッとローストしてベンチで時間かけて火入れするので表面付近はもっと焼き色の変化があるものだけど、
    さすがの技術でこのように、カミソリ一枚くらいの色変化しかなく、なのに中心まで均一に火が入っています。
    ハッキリ言って驚愕の火入れ。
    ロゼ仕上げなのに中心まで熱い。
    舌の上の感覚が絹のようになりますよ。
    もうトロトロに赤身が溶けて旨味が広がります。  ヴォリュームもあって感動的。













     ガーリックライス
    DSC00461.jpg

     鉄板で手早く作り上げるスピーディな炒飯。
    ニンニクの風味と芳しいソース、卵の甘さ、パラパラの米、、、
    非の打ちどころがないような完璧な鉄板料理だね。
    ボクにはヴォリューミィすぎて苦しすぎた(爆)
    選択できる豆腐ステーキも気になるところ。











     ぶどうのタルト
    DSC00469.jpg

     タルトなのにパイ生地なのは何故?  そこにはシェフの強い思いがあります(笑)
    いや~ 正直ナメてました。
    ダマンド感ハンパない。  かなりの含有てか、ほぼアーモンドじゃないの? ってくらい
    しっとり濃厚。   
    スペイン産とかではないのだろうけど、ここまで効いてると風味に明るい開きが出てきます。
    葡萄のコンポートも贅沢な味わいで、バターの香りも高く全体的に迫力あります。
    ただ、、、、  かなりの大きさなので腹パン必至。  ボクは別腹も危うかった。












     珈琲
    DSC00470_20180827041917999.jpg

     スルスルと染み入るようなのど越し。












     シェフがハンドドリップ復活したとの事なので、、、
    オプションでグランドメニューの珈琲も。

    DSC00472_20180827041924594.jpg


    三倍以上の豆を贅沢に使ってギュっと上澄みだけ抽出するイメージ。
    芳醇で豊かな味わいは圧倒的。
    深煎りですが豆の味わい、パワーに満ち、味の強い浅煎りには出せない輪郭があります。
    強く苦いですが雑味は全く出るハズもなく、艶のある素晴らしい味わいです。
    これぞ珈琲のあるべく姿!
















     
     
     満腹、大満足!!!!   
    素晴らしい料理とサーヴィス精神です。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ジュールス (千種区池下) 

     某所でのディナー後、遅めの時間にフラリッと夜カフェ使い。





     炭火焙煎珈琲
    P1020785.jpg

     大量の豆を使い、ギュっとデミタス抽出された苦みの中にも甘さのある濃厚でコックリした味わいが印象的。
    こんな贅沢なコーヒーはそうはありません。  あり得ません。
    名古屋だと他には山猫軒くらいだと言い切れます。
    極深煎り≒濃い!苦いだけ!。  というのはかなり偏った味覚の見切りで。
    まぁこの贅沢な豆使いだからこそ分かりやすいと思うけど、
    その甘さは強い味わいの浅煎り豆では表現できません。
    原始的で濃厚なんだけど、スっと収まりの良いカラダへの負担の無い味わい。
    清涼にさえ感じられます。  








     クレームカラメル
    P1020782.jpg

     深煎り珈琲とよく合うアダルトな濃厚プリン。
    苦みのあるカラメル、究極の鶏卵、徹底管理された真の低温殺菌牛乳、精製されてない美味しい砂糖。
    シンプルだけど最高な素材が作る究極のプリン。
    この武骨な見た目からしてハードコアで勢いのある味わい、口の中で溶けるように消えてしまう味わい。
    少し前からやや甘さに振ったレシピにイジってるけど、それでも孤高なる味わいです。







     ジュールスビストロを夜カフェ使い。。。  こんな使い方も素敵です!
    一日の〆に、ヴィヴィッドに思い出を高めてくれます。






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ジュールス (千種区池下) 

     ガッツン肉喰らいたい気分なのでジュールスへ。
    ランチ17時までやってるのも有り難い限り。  







     前菜盛り合わせ
    P1500913.jpg

     盛り合わせがレギュラーになったよう。  これは嬉しい!
    いろんな料理を楽しめるのは最高です。
    てか全てジュールスクオリティなのでお得としか言いようがない。
    鶉目玉焼きから香る白トリュフの香りが堪りません!









     アンガス牛ハンガーのステック
    P1500917.jpg

     コレです!
    絶妙な神火入れで引き出す赤身の旨さ!  トロけるような味わい。
    グラスフェッド飼育の爽快な風味を感じながら、噛みしめるほどに溢れる脂質ではない肉汁。
    ポムフリットにもしっかり肉汁吸わせて余すことなく^^
    自家製なのか松田なのか分からないけど、マヨを付けて食べるのもJUNKIEでウマウマ!
    レバーのように鉄度の高いサガリの旨さは軽やかで、どれだけでも食べられちゃいそう。
    いや飲み物かも(笑)










     クレームカラメル
    P1500918.jpg

     少しレシピをイジった、感動秘話プリン^^
    甘さが甘さを引き出すように、でもって卵の風味をしっかり生かしてる。








     炭火焼コーヒー
    P1500920121248.jpg

     しっかりしたアメリカン。
    喉越しに特徴があり、まろやかでシルキー。
    贅沢な豆使い無しではありえない濃度が生む、ギュッと凝縮された味わい。










     最近、さらにグレードアップされて、フィレ肉が選択出来たり、ガーリックライスが付いたり、、、
    何だか凄い事になってるようで。
    シェフのサーヴィス精神旺盛さと人懐っこさの賜です。
    あやかりに行かなくちゃ!





    trackback: -- | コメント: -- | edit

    【祝 1周年】 ジュールス (千種区池下) 

     ジュールスさんが本日4/1でもってオープン1周年です! (※嘘じゃないよ)

    え? 3年くらいじゃなかったっけ?  という気持ちと、
    1年早いな~ という気持ちが交錯します。

    ガッツリというより、ピンポイント使いが多いんだけど、いろいろお世話になりっぱなしの1年だったな。
    野暮なことは出来ないので、とにかくお伺いして食べる事こそボクの気持ちの表現かなと(笑)
    いつもはゲリラですが、久々に事前の予約でお伺いしました。 
    こちらへ向かう道のりのワクワク感も楽しめたよ。
    P1500807.jpg






     周年記念で、ディナータイムにはくじ引きをやるそうで、当たりはかなり凄い事になります!
    アルバータ牛(6000円相当)の当たりくじが35入りだとか、、、
    アンガスステーキ(5000円相当)やボトルワインなど、、、
    最低でも1000円以上の当たりくじを用意してるとか、、、
    呆れるほどの大盤振る舞いですが、彼らしいといえば彼らしい振る舞い。
    祭りのようです^^
    そんな素敵な周年イヴェントは4/8まで。
    こんな素敵でお得な企画に参加しないわけがない! (もちろんお店は通常営業です)



    ディナーに訪れるべきでしたが、都合が合わずランチで。
    でもウェルカムドリンク一杯サーヴィス、夜の前菜盛り合わせ(2000円)をチョイス出来るなど、、、
    超お得な設定で、お祝いする気持ちのこちらが持てなされちゃってる(笑)
    まぁ、乗っかってこちらも祭り気分でいきましょう(笑)


     ウェルカムドリンク選択には、、、なんと、、、バドワのGSミネラルウォーターもOKと!
    『もう、何でもアリです』とシェフ。   恐縮です。



    そしてプリフィックスコースは、1周年サーヴィスの前菜盛り合わせ、
    メインはテッパンであるアンガスのステーキフリットを選択。
    最もジュールスっぽい構成かと。









     前菜盛り合わせ
    P1500808.jpg
     おぉ! ディナーで出てくるやつやん!    2000円の料理をまんまとは、、、
    概算無視ですわ。
    タスマニアサーモンのカルパッチョ、蛸のマリネ、アンガス牛のジャーキー、ピクルス、
    キャロットラペ、ボイルハム、鶉卵の白トリュフ風味クロスティーニ、牡蠣ソテー、
    焼カマンベールチーズ、魚介のフレンチトースト、鱈の白子のムニエル、サラータ、、、
    12種類ほどの料理が少量ながら勢揃い!  しっかりしたヴォリューム感。
    トリュフの香りがクラクラきます。
    どの料理も凡な目利きを超えた厳選素材、鉄板を駆使した調理などシェフの仕上げの手仕事も垣間見られて。
    チビチビとやりながら1つ1つを堪能。  白子旨かったなぁ~









     メイン:  ステーキフリット
    P1500817.jpg
     ドッカ~ン!と 豪快なステーキ!
    アンガスのグラスフェッドの超赤身肉を真骨頂である絶妙な火入れで調理。
    雑味のないクリアな赤身の味わいのある、トロけるような赤身肉に仕上がります。
    食材もあるとは思うけど、この火入れ(調理)あっての美味しさです。
    シェフが身につけたこの技と感覚こそ、財産でしょうね。  素晴らしいです。
    さて、グラスフェッド牛なので特有の青臭さは否めないと思うけど、
    ハーブや強めに立てた塩の効果でしょうか、全然気にならないどころか
    寧ろハーバルな香りが食欲を盛り立てますね。
    赤身の味わいとよく合っています。  塩気もバッチリ決まってるので、
    食のリードと、皿としての味わいの発色がとても良いです。

    P1500816.jpg
     ドデカステーキにモリモリフライドポテト。
    肉汁をポテトが吸うので旨味も逃すことなく。
    すんごいヴォリュームでお腹いっぱいになるんだけど、疲れない食べ応え。
    満腹マックスの苦しさはあっても、気持ち悪くなることがありません。
    不思議ですね~ 素材、調味料の違いか?  良質な油をマメに変えるから?
    分かりませんが、食べ応えと満腹感が良い意味で合致しないんだよね。


     噛むとジュワ~っと溢れる肉汁。。。
    脂身やサシは皆無なのにとてもジューシー。  赤身が繊維をホドくようにトロけます。
    しかし食べ応えあるなぁ~  食べきれず残しちゃうかと思った(汗)  ギリギリ(爆)
    でもこれぞビストリックな豪快感。   











     デザート:   レモンのクレープP1500826.jpg
     甘さほどよく、レモンソースの酸味と香りが爽快。
    もっとガツンときても良いとは思うけど、食後のクールダウンには十分なインパクト。
    ちゃんと香りの広がりが感じられて美味しいです。  





    炭火焙煎珈琲P1500824.jpg
     伝説のカフェ(?) ヌーメロ・ドゥエを想い出すなぁ~
    喉越しの良いアメリカン珈琲。   
    深煎りなので濃厚さも感じられ、アメリカンとはいえ珈琲らしさのあるホッとする一杯。













     いや~ 大満足、大満腹。
    今回はシェフのサーヴィス精神旺盛さと、茶目っ気が溢れてました。
    OnとOffの使い分けが巧妙で、スピード感のあるスウィッチなんだよね。
    美味しいはもちろん、純粋で男らしさのあるシェフの人間性も好きです。
    修業時代からは想像も付かないなスタイルで、ノビノビとしていて見ていても楽しい。
    料理こそが楽しく、生き甲斐、、、いや、、生活(生き方)そのものなんだろうな~  と。



    これからも宜しくお願いします。  と、心の中で呟いた。





     ジュールスさん、1周年おめでとうございます!!!



    trackback: -- | コメント: -- | edit