• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    サウンスンダHiroko (長久手市北熊) 

     IKEA渋滞に巻かれぬように行かなくちゃいけません。
    しばらくは北側から回り込んで、川沿いの細い道やらを駆使するしかないね。
    そんな冒険をしてまでの唯一無二の魅力、愛情溢れる手料理。  
    カラダとココロの満たされる美味しさ。


    本日は限定メニュー、
    ごくたまに登場するシオマイ(インドネシアのシューマイ)をショーカイ。
    P1480430.jpg

     むむ! イメージするシューマイとはヴィジュアルが違う。
    たっぷりの胡麻ソース、こんもりと山を作る物体こそがシオマイ。
    確かに確かに、 小麦粉の皮に包まれた鶏肉やら魚介?の餡が具として存在。
    味のイメージはまさにシューマイです!  
    でもほんのり風味付けされたアニス系のオリエンタリックな香りや香草など、
    やはりエキゾテイックな味わいを高めます。  そしてほんのり甘酸っぱいソースがGOOOO!
    P1480432.jpg
     揚げられたシオマイは香ばしさと皮のモチモチ感があって、楽しい食感。
    インパクトは四川系にも感じられるんだけど、後々と味わいが開いてくるように、
    いつの間にか東洋の魅惑の味わいに包まれてます。
    瑞々しく元気な野菜の美味しさ、ゆで卵もエッセンスとして味覚を広げますね。
    ご飯とマゼライスすると、、、いや~~~ ウンマイですわ!
    幸せの口福感。   細胞がビンビンと喜んでいるかのような感覚です!

    スッパ辛いスープのサユルアッサムも混ぜながら、味変を楽しんだり。
    最高の歓喜食ですわ。



    P1480438.jpg
     食後のジャワティ。
    ヴァニラのフレイヴァーがどこか神秘的で、興奮を鎮静させるようなチルアウト。





     
     ウマカッタッス!








    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    サウンスンダHiroko (長久手市北熊) 

    IKEAもオープンして。  
    休日なんかは混雑の中をかき分けるよう抜け道を、隠れ家へと向かうロケーションでしょうか。
    しかしHIROKOさんは最幸級の癒し飯であり、最高の胸キュン料理ですわ。
    満足度がすこぶる高い!
    たまに限定で気まぐれメニュゥが登場してる事があるんだけど、
    お気に入りのAセットを食べに来たつもりが、、、その限定食をオーダーしがち。
    聞いたことのない名前の料理とか、、、惹かれてしまう悲しき性(笑)

    本日は "グライ カヤビン" という、羊のココナッツ煮込みがありました!
     P1480822.jpg

    P1480824.jpg

     米は "ロントン" というチマキご飯的なご飯、モチ米のような加水と粘度の高い米。
    アジア飯的なパラパラの米ではなく、タイのカオニャオをギュッとかたまりにしたような三角飯。
    謎の食感が異国情緒あって何だか楽しいぞ!
    頭の中で カレー=水分少ない米・・・ という図式があると、、、
    知識エラーを起こします。   これこそが気持ちいいんだよね~!
    (知ってると思い込んでる中途半端な知識と慢心を、一発クラッシュしてくれる郷土食の深さ)
    サラッとしたココナッツカレーをモチモチのギュギュッと固めたご飯で頂く。
    最初こそ恐る恐る食べるけど、結局カレーブッかけて、全部マゼマゼ!
    グチャグチャにしちゃうエロさが気持ちよすぎます!!!
    柔らかく煮込まれた臭みの全くない羊肉がゴロゴロ入って。
    めちゃウマ!   ココナッツとスパイスのストレートな感じが堪りません!
    尖った刺激のスパイシーではなく癒しに近い味わいに、グググッと引きこまれます。
    トマトの酸味も良いテイストで、甘やかなカレーにラインを入れるようなエッセンス。
    野菜使い、味わい、香り、、、 日本で調達する食材なのにこの異国感。
    やはりHIROKOさんの料理にも "宿り" を感じます。
    現地での情景を店主の心で纏っているんだよね。
    なので、今そこに吹く風も現地のシーンとなって。
    甘辛トロピカルな熱帯風の味わいにテンション上がりっぱなしです!







     "タフイシ" という あげの肉野菜詰め。
    P1480826.jpg

    P1480828.jpg

     日本で言う油揚げのような大豆由来のものに、肉や野菜がタップリ!
    カリッと揚げられジューシーな旨味に満ちたパンチある味わい。
    もちろん胃もたれを起こすような低質なものではありません。
    辛味のサンバルにチョンチョンと付けて食べれば、、、 LOVEスンダ~!!!
    さらにテンション上がる美味しさ。
    ザクッと噛みしめるような食感が気持ちいいです。  
    野菜の美味しさをしっかり感じさせてくれる。  とても気に入りました!











     ジャワティで食後の癒しを。。。
    P1480831.jpg

     フローリアで華やかな香り。








     幸せ、、、 掌のシワ合わせしたくなる、、、まさに癒しの食事です!!!





    trackback: -- | コメント: -- | edit

    サウンスンダHiroko (長久手市北熊) 

     すっかり魅力にハマってしまった、Hirokoさんの西ジャワ家庭料理。
    こんな美味いもんがあるのか?! と 思いながらガッついて食べちゃいます。
    食べるという本能を呼び覚ます、深いところからの欲望を癒してくれるんだよね。
    とても優しいのです。  スーーーーっと染みいるような美味に、幸せを感じちゃいます。

     本日はAセット。
    毎度アガるヴィジュアルにトキメキます!

    P1460924_201708230433257a8.jpg

     サテのような味わいのアヤムパンガン(鶏焼き)、野菜と柔らかな味わいのビーフンゴレン、
    お馴染みオレックテンペはナッティな甘辛さがクセになる!、
    プルクデルクンタンというコロッケ、スンダの生野菜和えのカレドック、クルプ(えびせん)・・・
    黄色いターメリックご飯のナシクニンの優しい味わいとともに、それぞれの特色を味わいます。
    最初は落ち着いてるんだけどねぇ、、、  だんだんと興奮してきてしまう(笑)

    P1460926.jpg

     スッパ辛いサユルアッサムで口内をキュ~~~!っと引き締めて。
    これ、たまらなく好きだなぁ~   南インドのラッサムみたいで食欲さらに増進!
    やはり興奮してくるので・・・ 結果的にはブッカケながらご飯達をマゼライスしちゃいます。
    混ぜるアジア飯としての美味しさに変化してゆく様を楽しんじゃいますね。
    ここまでくると、興奮はもう止まらない。
    プレートを空にしてもまだ止まらない(爆)




     そこで癒してくれるのが、西ジャワ紅茶とタピオカの甘味。

    P1460929.jpg

    P1460928.jpg

     紅茶は今回ジャスミンのフレーヴァーでした。
    これがスゥ~~~っとクールダウンさせてくれるんだ。  まるでインセンス。
    ココナッツミルキーなタピオカのデザートも、鼻を抜けるココナッツ感とタピオカのムニプチ感。
    トロピカリックな気分で大満足!!!






     無我夢中になれる、食という食べ物。
    ここに商品という概念はなく、愛を感じる手料理が存在しています。
    素晴らしいですね。  気持ちが温かな方向へ浮かんでゆくような感覚です。




     











    ※オフ会を開催しようかと思います。
    興味ある方はお気軽に↓メールフォームより御連絡下さい。


    trackback: -- | コメント: -- | edit

    サウンスンダHiroko (長久手市北熊) 

     最近お気に入りの西ジャワ料理♪
    引き込まれるような美味感には、食べる事の豊かさと楽しさがあります。
    P1480090.jpg

     たっぷりの露地野菜、米を主食として、素材を生かした味わいには温かな手作り感。
    地の野菜に西ジャワの風を当てて、胸にキュンとくるような郷愁感。
    食べやすい味だけど、日本向けアレンジではなくしっかりとスンダ地方への心が感じられます。
    淡い味わいの中にテンペの強い味があったりと、味覚の強弱が楽しい!
    バナナの皮に包んで蒸した鰆のココナッツ蒸しもトロピカルで雰囲気抜群。
    臭みもなく魚の味わいとオリエンタルムードに引き込まれます!

    P1480092.jpg

     夏野菜たっぷりなサユルアッサム。
    強烈な酸っぱ辛さと素材の甘さの振り幅が爽快!  油断すると咽せます。
    後半、プレートにブッかけてマゼライスして喰らうのが好き。

    P1480093.jpg

     タピオカのデザート、ココナッツの濃厚な風味と甘さにムードがあって、とても好き。




    P1480094_201707040431140bc.jpg

     食後はジャワ紅茶。
    ヴァニラのフレーヴァーがあって、これまた亜熱帯ムードに引き込まれます。





     毎日変わるメニュゥ、基本は変わらないと思うけど飽きの来ない、
    毎日でも食べたくなるような郷土家庭料理のテイスト。
    気持ちの込められた愛情料理に、グッときます!






    trackback: -- | コメント: -- | edit

    サウンスンダHiroko (長久手市北熊) 

     最近とっても気に入ってしまっている西ジャワ料理店。
    本日はヒネりを入れて、アヤムゴレンをSETにしてオーダーしてみた♪
    アヤムは『鶏肉』、 ゴレンは『揚げる』 ・・・ つまりフライドチキンって事でしょう。
    HIROKOさんでは骨付きモモ肉をじっくり揚げているそうで、身の離れがよく柔らかでジューシー。
    普段食べる事のない料理だけに、より美味しさと料理への愛情を感じました。
    やはりここは柔らかなオーラが巻いている。  フワ~っとした感覚に包まれて心地良いんだよね。






     アヤムゴレンSET
    P1480086.jpg

     想像以上にシンプル!  旨そうだ。
    アヤムゴレンは骨を掴んでスプーンを当てるだけでホロホロと解けるような柔らかな仕上がり。
    食べてみるとジューシーで香ばしい!   スパイスが突出させてあるわけでもなく、とてもシンプルな味。
    だけどやはり異国情緒のある味わいで、ナシクニン(ターメリックライス)との相性は最高!
    熱々の熱なチキンにかぶりつきつつ、ほぐれた身はナシクニンや野菜とマゼライスしてカッ喰らいます。
    うめぇうめぇ!  叫びたくなるくらいツボです。
    旨いなぁ~ 西ジャワ。     引き込まれるように夢中になれる美味しさなんだよね。







     ジャワ紅茶
    P1480094.jpg

     食後のホッコリタイム。
    ヴァニラ香? ほんのり甘芳しく気分はオリエンタリック。








     気持ちが込められた料理には、何食べても惹きこまれるチカラがあります。




    trackback: -- | コメント: -- | edit