• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ミュゼ ド パリ (瑞穂区苗代) 

     こちらとベベさんを行ったり来たり、、、たまにアヴァさん。。。
    そんな感じで名古屋圏だけでも満足出来る選択肢が揃ってます。
    幸せな事ですね。  
    ミュゼさんは好みのものとそうでないものがハッキリしてて分かりやすい。
    自分にとって好都合で、ピンポイント性の高い素晴らしいお店です。
    焼菓子買うことが多いけど、生菓子特集で(笑)









     シャルロット ポワール
    P1020848.jpg
     パティスィエ氏のプライドの証しであるスペシャリテでしょうか。
    安定のシャルポワ。   何度食べても好きな味です。
    上品に香る洋梨のシュッとした存在感、
    口溶けの良さとコシのあるババロワのヴァニラの香りと強めの洋酒の立ち、
    軽やかなシャルロット地からは有精卵ならではの香り良さ、
    強めの甘さのあとからフワ~っと膨らむ風味の華がたまりません。











     ソーテルヌ
    3_201804210429287b7.jpg
     高級葡萄酒の特徴を生かした味わい。
    高貴な爽やかさある白ワインのキレと上質さのある美味しそうな香り。
    その軸を広げるような、各フルーツの仕事感とともに卵の風味を生かした生地たち。
    やさしさが前面にあるけど、大胆さと勢いのある味わいかと思います。









     バジルとミントの小さな戯れ
    P1020842.jpg
     メインエヴェント!   大好きなお菓子が登場してます!
    大量のバジルを用いてフランス菓子に。。。
    ミュゼさんらしく柔らかなミルキーな風味で底上げしたクレームで、
    複雑なこのお菓子を分かりやすく食べやすい味わいへと特化。
    あまおうを使うのも特徴的で、甘やかな膨らみへの舵切りを感じます。
    口の中がバジルの蒼蒼した風味が突き抜けつつ、そのアタリを柔らかく円めるクレム。
    香ばしく発するような各生地とほんのりピスタッチョ。。。
    複雑ですが食べやい明るさがあり、ミュゼさんの独壇場を感じます。










     フレージエ
    P1500829.jpg
     上記のバジミンと併売する事は少なそうです。(両品とも手が掛かりすぎるから)
    こちらも馴染みのあるあのフレージエのタイプなんですが、やはりミュゼ色を感じる。
    卵の美味しさがどこか根底にあり、地産国産に拘りがあるような。
    あまおうを用いてカスタードのようなクレーム?甘やかな香りと味わいが懐かしく、
    キルシュの効いた立ちでもって風味をスコーーンと昇華。
    優しく素材を甘やかに彩るようだけど、単調ではなくスピードが乗ってきます。
    これ結構好きだな。  
    フランスを連想させるような強い高貴さのあるフレーズィエも好きだけど、
    このどこか優しく甘やかなフレージエも好き。
    苺の酸味ではなく甘さにフォーカスが来てる気が。
    鼻を抜ける風味にコシがありました。










     バジルとミントの小さな戯れ、フレージエ、、、、    CooooooL!


    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ミュゼ ド パリ (瑞穂区苗代) 

     ちょくちょく、、、いや、結構な頻度で訪れてます。
    生菓子はフランス菓子として食べると好みが出るものもあるんだけど、
    このセレクトはなかなか気に入ってます。



     ソーテルヌ
    P1500414122943.jpg
     ソーテルヌの中でも特に濃密な高級貴腐ワインを使用と、シェフの意識の高さを感じます。
    存在してるだけで上品な香りがフワッと広がる。
    柔らかなボディを崩して口に含めば、、、  スカ~~~っと広がる葡萄畑。
    とても高らかな香りと甘やかな味わいの情景。
    フルーツの風味も高く、白ワインのムースとの饗奏は絹のドレスみたく上品で伸びやか。
    メロウなその魅力に惹きつけられます!









     ロシュシュワール
    P1500425151620.jpg
     ダックワースにキルシュをガツンと効かせたバタークレームを挟んだ、パンチあるお菓子。
    スカッ!と突き抜けるキルシュの風味が爽快!  
    しっかりアルコールが感じられ、底上げからの昇天がたまりません!
    サクッ、ホロッ、のダックワース自体の風味も高く、このお菓子の一体感を為し得てるんだよね。
    そしてクドくならず、しっかりとキレを魅せてくれます。








     シャルロット ポワール
    P1500417151259.jpg
     ミュゼさんのスペシャリテだと思っています。  大好き!
    軽やかなシャルロット地に包まれた柔らかな洋梨のババロワ、
    ビシッと芯が入る酒の効かせ方も男らしくもアーティスティック。
    緻密で大らかな味わいに魅了されっぱなし。








     個人的にお酒の効いてるのが好きという事もあるけど、
    ただ効いてるだけでは野暮ったくスクラビーになるんだよね。
    やはりセンスと、フランスへの思い憧れなど、ヴィジョンがハッキリ鮮明なんだろうな。


     香色あるフランスの風が、心地良く頬をかすめます。








    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ミュゼ ド パリ (瑞穂区苗代) 

     ここ最近、シェフの体調がよろしくないようで。  とても心配です。
    しばらくお店はお休みするようで。
    無理をせず、末永くお菓子作りを楽しんで欲しいです。
    早く元気になって貰ってまた口福を味わいたいな。  シェフの存在は唯一無二だもん。
    お菓子作りへの考え方やアプローチ、憧れを忘れないストイックさ、大らかな菓子愛、、、
    尖ってそうなんだけど、それ以上の包容力を持ってるんだよね。
    日本の職人としての心をいつも胸に持ってる。  
    凝りだしたら我に走りすぎてしまいがちな世界で、とても素晴らしい事です!







     テュラン 
    P1490723.jpg

     シャルロットポワール
    P1490738.jpg

     プラリネダックワース
    P1490735.jpg


     やはりシャルロットポワールは素晴らしすぎる味わい! 
    気概もあるし勢いや情熱もギュッと込められてるソウルフルな美味しさ。
    突き抜ける洋酒がポワールの上品な味わいをググッと高らかに響かせます!
    ダックワースも大好きな逸品。
    凝縮されたプラリネの滑らかさ、香りの突抜が大好き!






     ここにしかない口福、いっぱい幸せもらってます。
    とにかく、今はお大事にしてください。

     
     



    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ミュゼ ド パリ (瑞穂区苗代) 

     隙あらば!・・・ って感じです。
    川村シェフの創り出すフィナンスィエとシャルロットポワールに魅了されてます。
    なぜか訪れる日は雨ばかり。
    雨の日はポイント2倍DAYなので、あっちゅ~まにポイントが貯まります(笑)
    シャルポワの思い入れについて、少しだけお話を伺いましたが、
    なるほど~! と、その時間の積もりや初期衝動の維持と芯念、
    深く深く感じた次第。   
    だからといって押しつけ感や凝り固まりなく、いろんな人にその世界を味わって貰いたい!
    という思いが優しく、温かなアナログ感にグッときます。
    誠実に、キラキラと、とても素敵に輝いて魅えます。








     シャルロット ポワール
    P1490399.jpg
     30年食べ続けたいシャルポワ。
    フワッと軽やかなシャルロット地はシュワッと口溶けるように、クシュっと崩れるギリギリの低反発感。
    洋梨のババロワの濃厚だけどスッキリとシャキッとキレある風味はとても高く、
    洋酒のガツンとした効きとともにバランスを高次元で保って昇華。
    スコ~ンと突き抜ける明るい味わいに魅了されます。  高貴なんだよね。
    厚みのある上品な高貴感。









     ムス・ジャポネ
    P1490406.jpg
     抹茶のケーキです。
    抹茶のスポンジに抹茶と白チョコの重厚なムース、フワッとヴァニラが立ちます。
    このお菓子の生命線である抹茶に並ならぬこだわりを感じ、
    洋菓子臭くないフランス菓子としての味わいが凛として。
    良い素材だからといって奢らず、手間をかけた仕事で魅せてくれます。
    素材がしっかり立ち、口溶けの良さと温かみのある円やかな味わい。







     フィナンスィエ
    P1490407.jpg
     自家碾きのスペイン産アーモンドの香り高く味わい深い美味しさ。
    上質な小麦粉とこだわり有機卵、ヴァニラの追風が味わいを高めます!
    しかも焼きたてを頂戴したので、あの特有のカリッとした食感も存分に堪能。
    思うに、、、 焼きたて&焼きっぱなしが断然美味しいです!
    そこにしかない美味があるのです。








     ビスキュイ・キュイエール (プレーン、アールグレイ風味)
    P1490421.jpg
    P1490427.jpg
     小麦粉、メレンゲのシンプルなお菓子。
    シンプルだからこその素材の良さと技法が露わに。
    風味高いなぁ~  
    サクサクッとスナック感覚なんだけど、美味しさはフランス菓子。
    贅沢です。  大きいし安いし。







     

     カラダに負担のない優しく上質なホンモノ素材、キリリッと凛と立つようなフランス菓子の世界観。
    対照的ではありますが、そのどちらも自在に操り創造する川村シェフのキラキラ感。
    真っ直ぐで素敵です。







    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ミュゼ ド パリ (瑞穂区苗代) 

     実は最近こちらのお菓子に魅了され、毎週通っちゃってます。
    オーナーパティスィエ氏のスキルの高さ、厚く深みのあるバックボーン、
    今尚燃えさかるような情熱を感じます。 素材へのこだわりの強さも職人魂。

     お店は徹底的に無駄な装飾などを排除した究めてシンプル、、、
    いや、、、フランス菓子店には到底見えない、
    まるで工場直売所のような見た目からも只ならぬ気迫を感じる。
    知らない人から見たら 『なんだここ?!』 と思われること必至。
    ボクも最初こそ驚きましたが、それ故オーナーの本気度の高さを肌で感じた次第。
    全てにおいて最近のお店には感じられない 『何か』 を感じます。
    きっとオーナーは商売上手な方では無いのかもしれない、
    いや、、、大袈裟だけど儲けることに興味が無いようにも。
    それくらい自分の作るお菓子への誇りと信念、ズドーーーーンとくる太い軸の存在。
    『この人、ホンモノだなぁ』 と、つくづく感じます。
    中京圏のフランス菓子でいえば、
    ベベさん、アヴァロンさん、プレリュードさん、ニコリスさん、、、などなど
    ボクの好きなお店は5~6軒くらいあるんだけど、
    その何れとも違うオーラというのかなぁ、、、 
    どっちかっていうとデザートフェアのパティスィエ氏と同じような空気を感じる。
    持ってる引き出しは相当に深く広いかと思いますが、(営業的な)多くを語りません。
    食べれば分かるさ! 的な。  もちろん傲慢でもないし慢心の欠片すら感じない。
    とにかく深みのあるホンモノを感じる次第です。

     そんなオーナーパティスィエ氏の作り出すお菓子には、フランスの空が宿ってる。
    実際フランスで生活してた事があるのかは知らないけど、イメージがポンッと入ってくるんだよね。
    この人のオーラがフランス色してるというか。  香りを纏ってるというのか。
    それこそが魅力であり、ボクの胸の何処かを惹きつけてやまないのです。







     シャルロット ポワール
    IMG_2018.png
     オーナーの菓子人生の集大成のような、誇りというか気迫を感じました!
    グラッと心を揺らすような衝撃。  
    きっとパティスィエ氏がフランス菓子を作るきっかけとなった衝動が時空を超え、
    今尚このお菓子に宿っているんだろうなぁ~ と。
    香り付けされた洋梨の香りがシャープに、突き抜けるような上品さでもって昇天してゆく。
    シャルロット地のシャクシャクっと軽やかで、ひらり舞うように弾けるダンス。
    ババロワのヴァニラや洋梨、洋酒の疾走感。。。
    すっごく美味しい!!!  大らかなようでかなり繊細です。 
    詳しい事はよくわからないんだけど、とにかく衝撃的でした!

    バレてるかもしれないけど、ボクは初体験には衝動的です。







     ダックワーズ プラリネ
    IMG_2025.jpg

     こちらも胸キュンもの。
    軽く空に浮かぶようなダックワーズ、表1㎜のサクッとした食感が堪りません!
    濃厚だけど透明感のあるプラリネクリームの香ばしくミルキーなコク、シルキーな口溶け、
    ナッティな旨香が口腔内から鼻腔へと、膨らみのある味わいに興奮します!
    コレ系での胸キュンは初めてかもしれない。









     フィナンスィエ
    P1490331.jpg

     発酵バターとアーモンド、小麦と卵白・・・
    シンプルだからこそ浮き彫りになる真面目な仕事、情熱のモチベーション。
    バニラエッセンスの引く香りの膨らみからの余韻のボディが特徴的!
    グググッと胸にきます。
    聞くところによると、、、アーモンドプードルを自家製粉してるとのこと。
    す・・・すげぇな。
    ボクもイルプルで買えるスペイン産アーモンドのプードルを使うけど、
    同じスペイン産アーモンドでも、粒から製粉してるとは。
    当人としては香りを大切にするからこそ当然なわけで、 『なるほど!』 なんだけど、
    その手間暇を考えると、なかなかの覚悟と信念の強さだと思います。
    それは見事に美味しさのカタチとなり、記憶に残る余韻として胸に響きます。








    品数(特に生菓子)多いとは言えないし、フツーのお店のようなショウケースも無いし、
    焼き菓子も武骨なディスプレイだし、、、
    既存のイメージのメガネを否応で取っ払わされるかのように。
    期待などの飾る気持ち無しでありのままを味わえる。
    これはまさに、究極に味覚だけを導く演出なのかもしれない。
    オシャレさの欠片もないけど、ボクはとても評価高く思います。


    まだまだ謎だらけだけど、納得いくまで通い込む事になりそうな予感。
    シャルロットポワールは30年を超えるくらい、いや飽きるまで食べたい! と思います。
    飽きるのかな・・・? 笑





    trackback: -- | コメント: -- | edit