• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    La Gratitude (ラ・グラティチュード@浜松市中区住吉) 

    シェフの気まぐれサラダ~     じゃ・ないけど、、、 
    いきなり 『おっ!?』 と思うものが陳列されてたりするのでビビる(笑)
    で、いつの間にか店頭から消えてるという、、、、、、一発屋的な束の間メニュゥだったり。
    なのでイレギュラーもちょっと期待しつつお伺いしてたり、、、 
    勝手に脳内で楽しんでますよ。
    こーゆーのが楽しいと思うんだよな~  昔はよく感じてたけどね(山猫やマル堂)






     みかんとヨーグルト
    DSC02579.jpg

     このケーキ自体、そんなに良い印象がなく(もちろん悪い印象もない)
    あえて食べる事をしないTYPEなんだけど、ここのケーキは別格の旨さを感じますね。
    洋酒の突き抜けるような効かせ方、それを存在感とせずあくまで光としての要素で、
    三ケ日みかんの旨さと香りをしっかり発しているの。
    甘豊かにスッキリしたコクのヨーグルトのムースは上品な上澄みだけをスカっと弾けさせ、
    みかんとの共鳴が美しく、伸びやかに。
    底地のナッティな風味の受けも良くて、爽快な味わいたちに深みと奥行を与えてる。
    何度でも食べたいと思わせます!






     ゴッホのようなバナナ
    DSC02576_20190423175014dcf.jpg

     うわ! 好物やんけ~!   見かけたときはかなりテンション上がった!
    スポンジ部の弾力とキメからくるエアリーな小麦粉の香りに特徴があり、
    バナナの香り、こっくりしたムースリーヌ、洋酒の突き上げ、、、
    全てが1つになる快感。  
    トロピカルなムースリーヌがとても美味かったな。 艶やかでメロウ。
    これ、フレーズィエなんかでもイケるんじゃないの?
    絶対美味しいよ。
    上品な吟醸酒のようなスッキリとしてフルーティな味わい、上向きの香りに魅せられました。
    また作って欲しいな~ 









     生姜のパウンド
    DSC02531.jpg

     口元に運んだところに立つ香りはまさに生姜!
    甘酒をイメージしたところ、インパクトはまさにそんな感じで生姜が主張。
    するんだけども、、、 一人歩きで突き進むことなく他のテイストで膨らみを付けて、
    このケークとしての美味しさの中核と為してる。
    あれ? 旨いぞ?!  と、その未知なる味覚に感化されるような気持ちをもたらします。
    シャリっ とした食感もアクセントとなって、このお菓子を楽しい美味しさへと導きますね。








     
     まだまだいっぱい世界が開けてゆきそうで、とても楽しみです!
    見た目は地味なの?(笑)  でも、味わいはとてもキラキラしてるよ。








    trackback: -- | コメント: -- | edit

    La Gratitude (ラ・グラティチュード@浜松市中区住吉) 

     こことBebeさんは更新が追いつかない(苦笑)
    とりあえずこれは記載しておかなくちゃ! と。




    しれ~~~っと ルべ(パン)の販売が始まってたりして。
    気まぐれシェフなので知らぬ間に登場して、いつの間にか消えている、、、
    ジプシーなのである時に食べなくちゃ! 




     クーロンヌ
    DSC02808.jpg

    いや~~~  待ってましたよ!!!!  イルプルーの美味しいヴィエノワズリ。
    ちなみ、イルプルー卒の方のお店でヴィエノワズリを出すお店は知る限りは無いです。
    (クマさんににあったかな?  でもイルプルではないか、、、)

     さて、クーロンヌ。   クーロンヌ・オ・プラリネ でしょうかね。
    ドゥニさん講習会のお菓子で、アルザス地方の伝統発酵菓子。 
    静かに華やぐバターの香りが特徴的なサクサクの生地はミルキーさもあって香やかなコク。
    ローストされたヘーゼルナッツ、、、 ノワゼットペーストの美味しさが光ります!
    ロースト加減が絶妙で、香りとコク、ビターさとナッティな明るい味わい、、、
    全てばっちりキマってます!  旨いなぁ~
    食べながらにしてまた食べたい! と思わすメロウな魅力があります。
    しっかり重厚なのに明るく軽やかな美味しさ、、、
    これはホントに 『ならでは』 な美味しさなのです。 素晴らしい!
    是非定番化して、他にもいろいろ作って頂きたい!(笑)

    でもね、、、 このクーロンヌは現在ある在庫で終了、、、しばらくルべはお休みするらしい。
    ガ---------ン!!!! ショック、、、 トホホ  食いそびれた、、、

    と、思いきや、、、GW頃にまた再開する 『かも』 との事で希望はありますね~
    熱望します!!!!
    超オススメ出来るし、新たなフラッグとしてグラティチュードさんの代名詞となると良いな。
    だってメチャ美味しいんだもの!  師の意思を継ぐもの。。。  素敵です。









     ホワイトチョコレートのガトーショコラ
    DSC02792.jpg

     アントルメで購入。
    武骨な見た目とは裏腹に(笑) とっても乙女ティックでナイーヴな感性を持つ美味しさ!
    ガトショといえば、、、あんな感じのイメージですが、コレは全く異なります。
    分かり易くはウィークエンドなどのパウンドケーキの印象に近いかもね~  

    DSC02806.jpg

     明るい香りを奥に潜ませた、アプリコットからの砂糖のグラスコート、シャリ感が好きです。
    思いっきり白チョコレートが前面にきてるタイプではなく、
    柑橘?トロピカルぽさのある明るさを得たリードの追い風のように、
    フワ~っとたなびくイボワールの絹のような味わい。。。  う~~む。  旨い。
    ホロホロパサリとした食感の生地からの香りといい、、、
    何もかもが絶の妙で旨く、巧く。
    高い次元での構築された美味しさがあり、とてもとても美味しく頂けました!
    輝きのある味わいは明るく、そして艶やかに。





     どこか懐かしさを覚えるような、甘く香やかな味わいのある明るい美味しさ。
    武骨や素朴に見える外見でも、その計り知れないポテンシャルの高い旨さに、
    毎度癒されるし、唸るような刺激を得てます。










    trackback: -- | コメント: -- | edit

    La Gratitude (ラ・グラティチュード@浜松市中区住吉) 

      グラティチュードさんネタは、たくさん有り過ぎて追いつきません(爆)
    とりあえず最近食べた生菓子の紹介をば。
    どれも今まで何度となくいろんなお店で食べたことのあるお菓子なんだけども、
    こちらのシェフの作るものは、味に関してだけ言えばとても高い次元で美味しいです。
    フランス菓子という以前に、シェフの大好きなイルプルのお菓子なのです。
    イルプルーが好きでそのお菓子を作りたくて、そのお菓子の美味しさを広く知ってもらいたくて、、、
    それがたまたまフランス菓子と呼ばれてるものだった。。。 という事ですね。
    なのである意味カタチから入ってないだろうし、好きから始まってる。
    その敬愛の深さがとてもよく表れているのが食べていて、グっとくるんだよね。
    削がれのないイルプルーの世界観を気概高く表現されている。



     みかんとヨーグルト
    DSC02417.jpg
     
     みかんの甘酸っぱく明るい味わいがガツンと、
    その酸味にヨーグルトの爽やかさが変調を与えてさらなるステージの甘酸っぱさが突き抜ける!
    三ケ日ミカンのムースにヨーグルトのムースが重ねてあり
    上面はマンダリンのジュレとヨーグルトのジュレ。
    ラムのようでシャープな洋酒も上品に効き香りがとても良いね。
    箱を開けた瞬間、結構な酒の突き上げ感があって驚いたよ。
    そして常春を思わせるようなフレッシュな味わい。
    アーモンドダイスが入ったメレンゲ生地。
    アーモンドの香ばしさと、食感のアクセントを加えてコクある生地が逆方向への味わいを発して、グラマラスなボディを体現。
    ぶつけ合うのではなく、完全に調和が取れてます
    このお菓子の今までの印象は、単調だったり上質さに欠ける、、、とか思ってたんだけど(笑)
    シェフの作るコレはとても上手く、味わいにスピード感がありワクワクしました。
    このお菓子の印象が変わった。  







     デズィールローズ
    DSC02413.jpg

     薔薇の願い、、、という名の。。。
    イチゴ、、、、なんだけどフレッシュチーズのコクと風味が昇るね~。
    フワッとムースのきめ細かな泡がシュワシュワとミルキー。底に敷いてあるのは、フォン・ドゥ・マカロン。
    しっとりアーモンド生地の風味良いコクによる変調、
    イチゴを昇華させるジュレからはシャープなイチゴ洋酒の香りがフワ~っと。、、
    一見分かりやすいようで結構難易度の高い美味しさなんじゃないかな。。
    もちろん何も考えずに食べてもすんごい美味しいです。
    組み合わせ的に、もう少し複雑(ドラマティカル)なものを好みがちなんだけど、
    シェフのお蔭でこういうものの美味しさを知った気がします。









     
    trackback: -- | コメント: -- | edit

    ラ・グラティチュード (浜松市中区住吉) 

     なかなか伺えず、やきもきやきもき。
    次なる仕掛けに、ヴィエノ〇ズリを匂わせるような発言をしてますが(笑)
    こりゃ楽しみだ!  良きイルプルの世界観を継ぐ新世代。
    全く同じ素材、同じルセットで作っても、こちらのシェフの味わいの特徴は表れますので、
    あえて濁らせない徹底した姿勢はとても素晴らしいです。
    素晴らしいものを素晴らしく後世に繋いでゆく。。。
    これこそ、日本らしさの職人魂なのではないのでしょうか。
    素敵ですね。



    そんなシェフにお任せして取り置きさせて頂いていたお菓子をペロリと。







     ふわふわ生クリームの ふわふわロールケーキ
    IMG_0642.jpg

     普段なら絶対食べないような、名前と見た目(笑)
    レモンの明るい香りつけで飛び出す風味のヨーグルトムースと、
    しっかり生地として感じさせるフワフワのロール。
    コクと爽やかさのコントラストに妙があり、見た目では計り知れない五感で感じる旨さ。
    こーゆーシンプルなものにこそ、違いがよく出ます。
    構築性があり、緻密な構成で協奏する食色。
    明るいムース、とても軽やかフワフワの生地に魅せられました!









     苺とホワイトチョコレート
    IMG_0648.jpg

     おぉ! これは!
    ちょいとボクの大好きな、ジャガイモのお菓子を思い出すような、
    こっくりとした白チョコのクリームからはほんのり苺の香り、
    アーモンドの風味と粒感が食感にアクセントを生み、もったり感じることなく
    クチドケ良く、味わいのトーンがキレイに溶けてゆきます。

     いつかジャガイモ作ってくれないかなぁ??? と思わず言いたくなった(笑)






     やはり真面目な、信じた道へのリスペクト感のあるシェフの作り出すお菓子は好きだなぁ。
    鮮烈で盛り上がりの強いお菓子とはまたベクトルが違うけど、
    穏やかだけど沸々と、、、  胸にグっときますね~   
    ハートフルで大好きですよ。





    trackback: -- | コメント: -- | edit

    La Gratitude (ラ・グラティチュード@浜松市中区住吉) 

    グラティチュードさんの旨しショコラ。
    満足感からしてかなりお安いと思います!!!
    ペック社のチョコを使ったイルプルルセットは削がれのない高らかさ。
    気概ある旨さだと思います。











     ショコラ  4個SET
    DSC02229.jpg










     オランジェット 
    DSC02241.jpg

     砂糖漬けのオレンジは単なる砂糖漬けじゃないのは明白。
    オレンジの香りを引き伸ばし、登るような風味へと。皮の苦味も膨らみとして構築され、ペックのチョコの滑らかな口当たりと柔らかで輪郭ある味わいと高らかな風味によって、明るさのある芳醇な美味しさへ。



     ボンボンキュラソー
    DSC02242.jpg

     チョコのコシのある明るさ、噛み締めると鼻へ抜ける香り、
    オレンジリキュールのこれまた明るい風味でもってチョコの美味しさが一層引き立ちます。
    酸化の引っ掛かりがまったくなく、とてもシルキーに口溶けてゆく



     アモール
    DSC02245.jpg

     ミルクチョコのマイルドな味わいに、滋味香ばしく仕上げられたクルミの味わいのアクセント。
    無意味なトッピングではなく、味にラインを引くようなスタッカート感。
    やはり空気の触れの少なく引っ掛かりのないクリアな旨さが腑に落ちます。



     ボンボンカルヴァドス
    DSC02251.jpg

     滑らかなショコラからの蒸留酒のコクを捉えた味わいの表現力に優れ、
    それを包み込むようにバランス感の良い味わい。
    軸はショコラ、軸はカルバドス。
    2軸かと思わせるようで、実は一体感を為しているという、、、巧みな旨さ。









     ペック社の美味しいチョコがあるからこそのショコラですが、
    その美味しさを引くスキルはさすがの崇高感。

    通年食いしたいくらい(笑)






    trackback: -- | コメント: -- | edit