• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    ヤムヤム (幸田町横落) 

     美味し魚とお出汁を求めてヤムさんへ。


    いや~ ここは良い。  ほんと居心地が良い。
    柔らかく絹のような時空間を過ごすことが出来ます。

    0_201812171628132e5.jpg










     前菜盛り合わせ
    DSC00998 (1)

     カマス卵黄・クロダイ卵煮・・胡麻揚げ・銀杏・サツマイモ蜜煮。
    シンプルだけど銀杏ウメェ!  どれもこれも手の込んだ繊細・流麗な料理。
    ほほぉ~! という感心を生む。










     お造り
    DSC00999 (2)

     ヒゲダラ、オニカサゴ。  白白してるけど、味わいは別モノ。
    ひげだらのこっくりした旨味、オニカサゴは焼霜など用いず、素材そのものが味わえて。
    深海魚なのでコラーゲン的だけど、その奥に深々と溢れる身の旨味に引き込まれます。
    本山葵の香りとよく合うんだよね。  一気に高級な味わいに昇華。
    何気にツマや大葉なんかも香やかで美味い。










     蒸し物
    DSC01007.jpg

    DSC01005.jpg

     真鯛、ズンダ豆と百合根ともち米、あんかけ。
    いや~ これです。  ヤムさんの真骨頂のお出汁。
    ずんだの緑の宝石のような風味とホクホク百合根、鯛から染み出る上質な旨味出汁がね、、、
    絶品! お出汁と重なるようで並列しながら流れてゆくような心地よい風味。
    シャクッと山シメジの小気味良い歯ごたえと爽やかな茸の風味。











     焼き物
    DSC01008 (4)

     スズキの西京焼き、加賀金時草の浸しキュウリ巻き、菊のお浸し、バターナッツもみじ型。
    上品な西京味噌の香りを纏ったスズキさんは保湿みっちりキメ細やか。
    金時草やバタナツなどもそれぞれの個性を生かした仕事によって、埋もれる事のない味わいに。












     揚げ物
    DSC01016.jpg

     髭エビ、ヤリイカ、穂紫蘇、無花果。
    無花果の天ぷらは火傷必至ですが、その瞬間にこそスパークする旨さがあるので、
    そこは負けられない!
    レアな火入れでトロけちゃう髭海老、ねっとりトロリンやりいかも火入れでもってより甘やかに。
    穂紫蘇の天ぷらも初めて食べたけど、風味豊かになって高らかな貴さがあります。
    ぬちまーす? 雪塩?  よく合うね~   グレイト。
    ライムを絞って嗚呼、、、素敵。












     食事
    DSC01019 (2)

    DSC01022.jpg

     トロロ昆布の出汁茶漬け。
    出汁にメロメロなのでこりゃたまらん。
    とろろ昆布からの風味に品があって、タイトでシャープな明るい味わい。
    いや~ ほっこりひょうたん島。
    ハーバルな三つ葉も良い演出。
    漬物もうまい。











     甘味
    DSC01024.jpg

     やはりの、、、 洋ですが、シナモンをグっと効かせた南瓜プリン。
    旨いです。 驚きました。
    結構シナモン効いてるなぁ~  これくらい効かせるとカボチャも映えてきますね。
    お茶とともに、ほっこりはん。













     優しいなかにもしっかり強弱があって。
    店主の魅せるストーリー、ここならではの食材使いなど、魅力的で心地よく。
    気概高く素晴らしいお店です。







    関連記事
    trackback: -- | コメント: -- | edit