• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    コジマト亭(ぺい) (コジマトペ・岡崎市大平町) 

     トペさんでのイヴェント、第一回目となる落語めし。
    本日のメニュゥはこんな感じ。

    1 (3)

     食にちなんだ噺と噺の合間に食を取るという流れ。
    茶の湯は聞いたことありますが、噺家さんによって印象はずいぶん変わります。
    やはりLIVE感というものはとても気高いものであり、空気で感じられるところが面白い。
    いろいろな意味で面白い。 
    お店的に課題は残ったでしょうが、それでもこーゆー提案というのはとても良いことだと思うし、
    続けてナンボでしょうね。  形なんて後から見てのお楽しみ(笑)



    落語を楽しむ気、半分。   
    食を楽しむ気・・・ 100%で挑んだので(笑)  
    トペさんの提供する松花堂風の食事がとても楽しみでした!





     松花堂風弁当
    2 (1)

    2 (3)

    2 (4)

     イノシシや富士山、、、 落語での内容にちなんだ料理。
    とてもとても手の込んだ料理となってます。
    エビフライに見立てた人参フライや胡麻豆腐風なピーナツ豆腐風なものやワサビ風なものなど、、、
    普茶料理みたく、肉や魚などを模した料理をカフェ風に落とし込んだ手仕事。
    え? これって?  みたいな驚きが楽しいですね!  
    他のお客さんも、何だこれ?  えぇ!コレが!?  って感じで驚きまくりでした。
    イノシシの巻きずし、、、 良い塩梅で美味しく、食べて壊しちゃうのがもったいない!
    とは思わず、美味しいからバクバクと(笑)







     猪汁
    3 (1)

     結構食べなれてるし、今更驚きもないはずなんだけど、、、
    コレが旨かった!!  
    何だろうね、、、  噺でその気になってるのもあるんだろうけど、
    とても温かみを感じてほっこりと、猪のサラリとした脂の溶けだした味噌汁の旨い事!
    生姜を効果的に用いて香りを臭いとせず芳しく、根菜の風味と共に昇華して旨味と為って。
    松花堂で結構満腹だったのにも関わらず、この汁を丼で飲み干したくなるくらいの美味衝動が起こりました。
    しみじみ~~~~ と、上品すぎず洗練過ぎず、土着なところが実に美味しかった!
    テンションUPUP!  お蔭で次の噺は更に踏み込んで楽しめたよ。








    そして最後に甘味まで。。。 もう満腹だぞ。。。



     お芋とチーズのクリーミーようかん
    4 (3)


     これ面白かった。
    普段こーゆーものを口にすることはほとんどないんだけど、
    芋の郷土感ある風味とナチュラルな甘さをクリームなチーズの酸味と芳しさでグっと持ち上げて。
    口内水分を持っていかれるけど、甘さに奢ることのないナチュラルな甘味でした。
    香りが良かった!






     おすすめコーヒー
    4 (4)

     すっきり酸味のコーヒーでこのイベントをフェードアウト。






     楽しかったし、今後はこーゆー事にも顔出して行きたいな~ と方向性を得た気分の徳。
    落語など日本の芸に最近興味出て来てるので、いろいろアンテナ張ってみよう。
    もちろん、、、食ありきです!(笑)       なりきれない残念な人間ですので^^






    関連記事
    trackback: -- | コメント: -- | edit