• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    まんまる堂 (長久手市五合池) 

    やはり、自分に一番沁み込む一杯はコレだ! と再確認した丼麺。
    嗚呼、、ソールフードだなぁ~ って。

    醤油?味噌? といった濃厚な味わい。。。。 15年以上前に最初に感じたインパクト。
    あの頃より随分と分かりやすくPOPに洗練されたと思うけど、軸は変わらずブレず。
    気概やこだわりなど感じさせない店主ですが、
    そのSOULのポテンシャルは人一倍、、、いや人三倍くらい。
    今尚、ここに追いついてる店は皆無です。  同列評価は無意味ですが。

    重なり過ぎた味が苦手だったり、繊細な味が好きな人にはシェフまるを。
    麺の美味しさ、麺を食べたい人にはもってこいの料理。
    濃厚欲した時は、デフォルトののーまるを。
    嗚呼、、、懐かしく、やっぱウメぇな~ と思えるから。
    渾身の豚骨鶏エキスに、鯛アラ・煮干し・鰹節・乾物類・茸・などなど、、
    全て安心できる出汁食材。  安心安全基準の非常に高い調味料類。
    都会の高級鮨店はおろか、高級懐石料理店にも負けてないです、マジで。
    ツッコミどころがない。 
    それを大衆的なお店で、安全という観点から惜しげもなく使ってるんだから。
    まぁ、、料理酒が 『香取』 というだけでも、その凄まじさが分かるかと。
    美味しくなくちゃ意味ないよ?
    いやいや、このお店は 『まず安全、安心』 なのです。
    ハッキリ言って次元・観点が違うのです! 

    食べた直後にスっと後味が無くなってしまうという不思議な口内現象も、
    正食であると同時に、悪いものは全て削ぎ切った旨味の為せる所業。
    インパクトがないなんて感じる人も、もう居ないんじゃね?  
    と思えるほど、贅沢に抽出された出汁感。  香味脂でさえキレイに精製されてるし。
    一度魅了されたら最後、この中毒症状の処方食は絶対ありません!

    なので凄まじくCPが高いんじゃないか、と。
    玄米とのーまる(シェフ)食べてりゃ、無病息災!  とはイカナイカモ知れないけど(爆)
    口福には困りませんね~




     のーまる・大盛り   とくせんTP + モヤシTP
    DSC01830.jpg

     たまにはスペシャルなトッピングで豪華に!  
    後先考えずに、まんまる堂だけで全てを満たしたい!!! と、いふ思いから。
    あえてシェフにもせず、のーまるで。




    DSC01826.jpg

     もちぶたチャーシューも立ち、たっぷりのモヤシがマルジロー感を醸す。




    DSC01828.jpg

     とくせんとは煮卵ハーフと少量わかめ、海苔、チャーシュー1枚が増すTP。
    今みたいに半熟卵が当たり前になる前からやってた半熟煮卵。 
    抗生剤など不自然な飼育をされてないもの。
    わかめも汚染のない安全なもの。
    薬味の野菜も地場で顔の見える安心素材。  もちろん無農薬。
    むやみに使いたがる世のオーガニックという言葉は、実は信用出来かねるけど。
    こちらのセレクトは間違いないです。



    DSC01832.jpg

     この麺ね~  凄い麺だよ。
    最近増殖してる、いわゆる麺の美味しいラーメン店とは一線を画す。
    というか、安全基準は全く次元が違うからね。
    何が何でも旨いが一番! よりも、まずは安心安全。  

    食物を提供する人間としての良心。

    ボクも最近、よそで美味しい麺だな~ と思うお店にも行くけど、
    やはり次元が違うというより、土俵が違うな~ と。  
    安心謳ってても矛盾してる事が多すぎる。
    ま、そんな難しいことをいつも考えてるわけじゃないけどね。
    美味しけりゃそれでいいし(笑)

    でも、まんまる堂は次元が違うよ、と。   
    自然体で粒子の喜んでるような弾けのある小麦の香る麺。
    卵の明るさのある甘味、ミネラル豊かな味わいには引き込まれる魅力がある。

    このお店のスープには好みが出ると思うけど、この麺の素晴らしさは何方にでも親しみやすく。
    それでいて真の美味しい麺とは、こーゆーものなんだと感じたが最後。
    世の中の滑稽さに微笑んでしまうかも。
    自称麺好きな人たちに限って、、、行かないんだよなぁ~(笑)
    まんまるバリアが効いてる?



    独り言が過ぎるけど、、、そこは孤高なので(爆)













     もう一つの目玉というかまんまる名物。  ボクはスペシャリテかと。


     焼豚たまごめし 小 (玄米)
    DSC01834.jpg

     昔はよく見かけたね。
    まんまるどうでラーメン食わなくても、このたまご飯食べてる人。
    ある意味正解だと思う。  それくらいの魅力あるし、
    それでも少し安全な食に興味を持って食べたいと思う人がいるという事。
    そんな難しい考えはなくとも、旨いから食べてるんだろうけど。
    半熟目玉焼きを崩し、全てグチャグチャマゼマゼの亜細亜飯みたく頂くのが骨頂で。
    今治のたまご飯のパクリでも(爆) これはマル堂の美味しさ、独壇場です。












     とにかく久々に満腹に食べきった感があり、大満足!

    もう食えない、、、、  と思った10分後には、、、
    また食べたい! に変わってしまうという不思議。。。
    スーーーーっと溶けてしまうんだよね。










    関連記事
    trackback: -- | コメント: -- | edit