• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    京料理とおばんざい 吉良屋 (豊橋市魚町) 

     本場仕込みの京料理を地元の方にお値打ちに、、、
    素敵なキャッチフレーズの吉良屋さん。
    染まることなく自分の世界感を描く若い店主。
    考えてみたら随分のご無沙汰でした。

    今回は吉良屋さん特製の御節料理。
    毎年、山猫の御節?でしたが今回は吉良屋さんをチョイス。
    いろんな縁がスーーーっと引かれるように。


     受取りにお伺いしたところ、お店に入るなりとても良い香りが。
    料理の匂いがうっすら染みた白木の香り。
    これぞ佳店の匂いです。   
    分かりやすいところでは京都や銀座など、気概高いお店に感じる匂い。

     それが漂ってたので、、、今回久しぶりに訪れてみてホントーに良かったなと。
    何だか嬉しくなった。
    ムショーに通常営業時に料理を食べに来たい! と思いました。
    地にキレイに色付くのも良いけど、こうして濁らないでいるのも素敵ですね。
    この先の時の経過によって、更に昇華されていくのを感じさせます。


    0 (2)



    0 (6)


     高級食材ふんだんではないけど、旬の食材をふんだんに、
    洛の仕事をギュっと詰め込んだ重は、素朴さもありながら絢爛。
    これは良い!
    (セレブリティでもバブリストでもない庶民中の庶民なので、高級には全く興味が無いです)
    これこそ料理だなぁ~ って実感。  質量も高い!
    吉良屋の仕事と味をギュギュッと詰め込んだ御節。  素晴らしいですね。
    これだけの仕事量と地の利を生かした食材の集大成、、、
    15000円はとてもお安いなぁ~ と感じた。  食べきりSIZEで無駄もなく。


    新年早々、素敵な食と出会えて幸せだ~   











    関連記事
    trackback: -- | コメント: -- | edit