• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    山猫軒 (中区丸の内) 

     山猫の一年の集大成、素敵満載のSPディナー。
    この日だけはね、絶対に外せません!
    豊橋時代は頑なに行かなかったけどね~(爆)

     今回のSPDは、和に向いた山猫流の創作。
    どっちかっていうと、特別感には『伊』の『フィ』系を欲しているので意表を突かれましたが、
    そこは流石というか、普通じゃない並外れてる♪ に決まってます!
    スタートからフィニッシュまで、深い感嘆のある次元違いの妙に魅了されまくりました。
    SPなのでとにかく贅沢食材を惜しげもなくふんだんに。
    味覚が狂ってしまいそうな、クラクラと眩しい逸品の数々。
    個人的には、、、
    日常的な食材を伊藤さんの手仕事によって次元違いに昇華された料理が本望ですが、
    一年の集大成だからね。   どっぷりWORLDに浸かりましょうや。
    今回も客層に恵まて、酔狂園になることもなく、美味しい時間を共有出来たのも幸せ。
    ここは居酒屋ではなく、メシ屋だからね。  矛盾も多いけど(笑)


    さ! ITOさんのバリトンを聞きながら宴ましょう。




     からすみ餅
    DSC01579 (2)

     山猫謹製のからすみをin。
    からすみに燻を入れたようでスモーキーで芳しい香りが。
    羽二重みたくフルフルモチモチの餅は甘く、からすみを包み込む。
    深いな。










     見蘭牛のブレザオラ
    DSC01583.jpg

     その通り、見蘭牛の生ハムです。
    ボクには強すぎる見蘭牛も、こうして熟成させると生身の強さが浄化されて滑らかに感じる。
    実に味わい深く、いつまでもモグモグ、溢れる増す旨味。









     珍味盛り
    DSC01589.jpg

     なまこ海鼠腸、くちこ、ばちこ?  スモークからすみ。
    珍味と塩気はテッパン。  蕪がとても良いアクセントでニュートラル促進。
    口の中が珍味香りに溢れます。 











     スッポンの椀  白トリュフ
    DSC01592.jpg

    DSC01597.jpg

     贅沢な器です。  ボクには豚真珠ですが肖っちゃおう。
    蓋を開けた瞬間痛烈に立ち上るトリュフ香。
    白だからね、ヤヴァいよ。   クラックなトリュフにクラクラ。
    なんて官能的なんだろう、、、 本能を揺さぶる香りだよね。
    そこにもったいないほど清らかに張られたお出汁、けして埋もれることなく素材を高めて。
    スッポンのプリ身ティーヴォな身質から染み出る旨味は絶の品。
    トリュフ、出汁、スッポンが口内蔓延トルネード。   なんて日だ!









     たこ焼き
    DSC01601.jpg

     パコパコ可愛い全自動マシンがクルクルと。
    中身は贅沢に見蘭牛。
    醤油の香ばしさと見蘭の甘スパイシーな風味のマッチング。









     河豚の唐揚げ
    DSC01606.jpg

     全粒粉を衣に河豚の味わいが高まる。
    ホロホロと崩れる身、骨までしゃぶり尽くせ!










     焼き穴子
    DSC01608.jpg
     
     白焼きにて。  素直なアナゴの味わい。
    下処理が抜群に細やかです。  無駄な手数がないので実にクリア。










     八寸
    DSC01613.jpg

     穴子寿司、貝柱、河豚3種、鯛の昆布〆、蕪。
    身厚く切り付けたフグはプレーン・からすみがけ・ヅケと3種の味付けで提供。
    こーゆーの楽しいね。
    燻からすみとフグの組み合わせは間違いない!
    伊良湖水道・神島の鯛はホントに絶品です! 






     上海がに
    DSC01625.jpg

     10年物の紹興酒で飲み干し酔蟹です。
    もちろん安全面も完璧。  
    安全の為の手間暇惜しまぬ勢にはホントに感服させられます。
    自身では、食べ物屋さんだから当たり前と思ってそうだけど、、、
    他所では考えられないレヴェルにあると思います。
    美味しいからと、ホイホイ安易に提供する高級料理とは一線を画す!!!
    で、この上海氏、、、 このミソのクリーミーさが驚きを呼ぶ。
    濃厚濃密でスカっと晴れるような香り、、、 身の旨味の持ち上がりなど、、、
    まさに別次元の旨さ炸裂!って感じで。
    紹興酒の崇高なキレが抜群。
    酒に酔い、旨さに陶酔。












     フカヒレ
    DSC01626.jpg

     とても繊維の太いハンマーヘッドシャークのヒレ。
    昔、釣り上げそうになったので急いで糸を絶ち切った思い出のサメ(笑)
    じっくり手をかけて仕事されたフカヒレは、ただ出汁の香りがするのではなく、
    この食材の持つ特徴を生かし増長された旨さが光る。
    丼仕立てで、甘やかに美味しいイセヒカリと共に頬張れば、、、幸せ~
    しかしふんだんに使われてて、何食べてるのかハッキリしてます。








     生ハムメロン チーズ
    DSC01633.jpg

     ハム旨ぇなぁ。 薄さが肝。
    各種チーズも芳しさ抜群。  シャイマスの瑞々しさがオアシス。










     保美豚 玉子焼 黒トリュフ
    DSC01640.jpg

     これも贅沢やなぁ~
    トリュフと卵のテッパン。  しかも黒にはなかなか感じえない深香があるよ。
    さすがのセレクトでしょうか。
    インパクトこそ白ほどではないけど、質が違う香りというか、、、 
    素材と協奏して昇華する最高峰のエッセンスかと。
    東京の気概あるあのフレンチでも太刀打ちできないね。
    保美豚、、、ITOさんの買い占めのせいか、、、 
    我が家御用達スーパーから姿を消してしまったではないか!(爆)
    んな事ないだろうけど、使いだしたタイミングで完全に消えたから。
    良い意味での豚らしさのある美味しさだよね~


















     シャラン鴨
    DSC01644.jpg

     香やかでクリアな味わい。  
    ちょっと意外なチョイスに思えたけど、そこは山猫セレクション、本物ですね。
    噛むほどに美味しい赤身質。  ウマウマ!












     見蘭牛  干し柿
    DSC01646.jpg



     山猫独壇場の火入れ質。
    繊維がホドケルように仕上がって、赤身なのにトロけます。
    そして見蘭牛の複雑な旨味がジュワジュワと溢れ、香りが全く違うんだよね~ この牛。
    香りに風味が乗ってるイメージ。  噛み締めて味わう旨さ。
    レアな干し柿も美味しいところを食べごろに昇華して。









     いのしし汁  ぶっかけ飯
    DSC01655.jpg

     獣臭さは全くなく、カチカチ肉も存在せず。
    スーーーーーっと薄紙が舞うように軽やかでクリアな口当たり。
    からの猪の旨味が味噌と共鳴するように深く深くエコーする。
    旨いっ!!!  上質な美味しさでエンドレスな食欲を生みます。
    胸に響く美味しさでした。











     ドルチェ盛り合わせ
    DSC01660.jpg

     パネットーネ食べたかった~
    トレマリア旨し!   
    初のアップルパイもポティロン感があって毒気のない美味しさ。
    香料などエッセンス、、、 構築性のある作為にどっぷりな自分に戒めとして。
    やはり素材を超えない『食べ物』は体に染みます。  負担がこない。
    ティラミスも懐かしくウマウマ、プルるんパンナコッタも本物の味わい。










     苦い珈琲
    DSC01662.jpg

     百数十年以上前のアンティーク器。。。
    えぇ、、、私には勿体ないです。  全く分かってないです。
    でも何だろな、、、温かさというか色調やラインにアナログがある。
    普段、ヴァイナル盤を触って聴いてる人なら分かるかな?
    年代物のアコギとか、チェンバロの音色とか。  
    その響きを感じます。
    そこに古典的なイタリアン珈琲だなんて、、、最高です。


    DSC01666.jpg

     蜂に息吹を感じますね。

















     いや~ 食った食った!  お替り可能な料理も数種あったけど、、、
    全く食えないくらい腹パ二クス。
    他の皆さんよく食えるなぁ~と感心。  
    でもすぐ引いちゃうから詰め込んだとしても後味と体は軽やかなんだよね。





     大満足!   次回も楽しみだ!(笑)














    関連記事
    trackback: -- | コメント: -- | edit