• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ (東京都渋谷区猿楽町) 

     イルプルーで正月限定のギャレット・デ・ロワを買ってみた。  初!
    毎年、作られてるので気にはなっていたけど、意識は遠く。
    でも今季は何故か購買意欲が湧いた(笑)
    フランスでは1/6の公現節に食べられてる、伝統菓子といったところでしょうか。
    いろいろ諸説はありそうなので知識は入れませんが、美味しそうなのであやかりますか。






     ギャレット・デ・ロワ   杏とピスターシュ
    IMG_4610.jpg

     径18センチと丁度良く、手に取るとイメージよりも軽い感じ。
    サクッと軽いパイ生地にピスターシュの効いたアーモンドクレームが濃厚かつ明るくスポットされて。
    イルプルのアーモンドプードルは美味しいので、そこにピスターシュなんて旨いにキマッとる^^

    DSC01902.jpg

     結構熱々のオーヴンで熱を入れてみた。
    少し疲れていた生地が生き返ったようにサクッと。
    あの発酵バターの香りもフワッと。  
    サクッ、モグっと頬張ってみれば、嗚呼芳しや。
    高貴で自信に満ちたような気高い味わいが五感を刺激する、、、 かな?。
    あ、ボクの好きなタイプの旨さですよ~ コレは。
    ピスターシュやビターアマンドが香ってるだけでイチコロなのです(爆)
    杏の香りと滋味、甘酸っぱさも盛り上げてくれる。
    味わいがイルプルしていて、どこかブ―ランジェリック。
    完成度的にどうなのか、素人のワタクシめには分かりかねますが、
    美味しく頂けたよ。


    DSC01910.jpg

     陶器のフェーヴは何だろう、、、  ドーナッツ?
    オールド可愛いから飾っておこうか。
    紙製の王冠も付いていたけど被る気にはなれず(爆)
    ノリが良いのか悪いのか、どっちつかずのギャレットパーティーを楽しみましたとさ^^







     なにはともあれ、
    生まれ育ったこの国で、気軽に異国文化に触れる事が出来るって素晴らしいです。
    まずは感謝からだね!






    関連記事
    trackback: -- | コメント: -- | edit