• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    まるさんかくしかく (美濃加茂市山之上) 

     究極の一滴
    P1460346.jpg

     ブラジルのピーベリー。
    極深煎りの豆を大量に使い、ギュッと良いところだけを抽出するドリップ。
    ファーストタッチの苦みがスカッとドライに、それを包み込むような円やかな甘味とショコラのようなコク。
    フルーティなテイストやワインのアロマもしっかりと感じられ、ゾクゾクします!
    飲み口は濃厚なんだけど、キレッキレなのでスーーーー!っと風味が疾走します。
    そして長き余韻の尾には、ベリーのジャムのようなキレイな酸と穏やかなウッディノート。
    少量ロットの炭火焙煎による息吹を最大限に生かし、素晴らしいドリップによってこの珈琲豆の美味しさを200%へと。
    何という奇跡的な美味しさなのだろうか。

    深煎りは苦手、浅煎りオンリーな人、珈琲は嫌い。。。
    そんな人にこそ! 美味しさが伝わりやすく、胸張って勧められるような究極の一杯だと思います。
    イメージを超えてくると感じます。







     驚愕の2煎目
    P1460348.jpg

     デガラシではなく、セカンドブイヨンとして完成されてます。
    ブーケのようなアロマがあり、透き通った味わい。
    この抽出には毎度ながら驚かされます。






     ミルクを投入して
    P1460351.jpg

     ミルクのコクによって珈琲の甘さがフォーカスされます。






     ポンデケージョ
    P1460352.jpg

     熱々でサーヴ。    モチモチで芳しくて旨いんだよなぁ~









     一度で三度美味しい、素晴らしいアミューズメント。

    究極の珈琲はまさに "孤高" です。




    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit