オー・クリウール・ドゥ・ヴァン (豊橋市萱町)

 ディナー訪問でア・ラ・カルト。  
いつもはコースですが、以前に土井さんの提案もあって、コレやってみたいな、と。
結果ブレてコースと変わなくなってしまったけど(笑) 食べたいものだけ食べるのも楽しく満腹だな~と。

DSC00204.jpg





ここでの食事はそれ自体を楽しむ事に優雅さと贅沢さ、他にはない異時空感があるのです。
やはり訪れるほどに好きが増します。
ボクの中で、ゆったり食事を楽しみたいな~ という時にはここしかないような唯一無二。





 皿はすべてハーフポーション。 
料理によっては出来ないものもあるけど、基本シェアにも対応していただけるようで、
中分けしてのサーヴ。  いいね~








 グジェール
DSC00209.jpg

 アミューズです。  定番のグジ。
芳しいチーズの風味を香ばしく焼き上げて。  
素朴ですが味わいは贅沢で泡泥棒となるでしょう。










 クルディテバリエ
DSC00213.jpg

 季節野菜のマリネ。
それぞれの素材を生かした香りあるサラダ。 
優しく、太陽と大地の香り。  食べていて爽快な気持ちに。









 バゲット
DSC00211.jpg

 









 トウモロコシの冷製スープ
DSC00217.jpg

 たまには冷製を。  癒される~
フォンとトウモロコシの絶妙なハーモニーで甘やかに、風味高らかに。
好きだなぁ~   スープ。









 黒ぐじのロースト  バジルのソース
DSC00226.jpg

 アマダイの一種かな。
芳醇な白身の風味に特徴があり、ミスティでとても美味しい。
パリッと香ばしく焼き付けたローストでもって、メリを与え、風味の膨らみでハリを。
バジルの鮮明な蒼さのソースが味変的に、ぐじの旨さを高めます。
ガルニの野菜もウマー!









 仔羊の香草パン粉グリル
DSC00230.jpg

 クラシックな火入れでも美味しいピークをしっかり見極めてるので、
臭みではなく、仔羊特有の香りとミルキーな味わいを堪能できます。
ジュのソースも染みわたるように食材に馴染んで、料理としての美味しさを魅せますね。
こちらもガルニの野菜たちのアクセント的なテイストに癒されるし、ほっこりとした美味しさに包まれます。
どちらも主役に感じるほど重要。










 文面では伝わらない、素敵な時間の流れ。
ゆったりと、夢の中のように、時間を感じさせない非日常感。
奇をてらわないけど、しみじみ美味しい料理とともに、
穏やかなランタンの灯のような光を魅せてくれる、素晴らしいレストランです。






関連記事
スポンサーサイト
...a.k.a550
Posted by...a.k.a550