• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    まんまる堂 (長久手市五合池) 

     まんまる堂、 独壇場のカレツケ!  超!期間限定メニュウ! 
    亜細亜に魅せられたリベラルな漢の作る、亜細亜麺。
    1_20180930135753107.jpg

     いや~ 楽しみにしてますよ。 毎シーズン。
    今となってはつけ麺か否かは微妙なラインですが(笑)  
    初代カレツケからの大ファンです。   マル堂のセンスが光るエスニックライン。
    今季は今までにもまして超限定となるらしく、
    一か月やるのかな? ってくらいの短期メニュゥらしい。  善食は急げ!













     カレーつけ麺 (大)
    DSC00632.jpg

     クミンなど特徴的なスパイスの風、キーマカリーのコクやかな旨さが香りだけで伝わってくる。
    まずは店主からの提言にならい、キーマカレー部分をまぜそば風に頂く。
    おぉ、、、おぉ!  これは間違いないやつでしょ。
    クミン、スパイシーな風味にトマトや挽肉のコクが開いたキーマ風カリー麺。
    別物とはいえ、何となくカルナータカーさんのチョウメンを思い出すなぁ~
    エスニック麺最高!





    DSC00634.jpg

     艶やかな麺肌、エッジの立ったしなやかな麺線。
    とてもセクシーで輝きがあります。
    すすってみるとそれは現実味となり、ツルツルでありながらモッチリしたナチュラルな粘りのコシ、
    プツンと噛み切ると、高めの肌温から膨らむ小麦の風味にミネラル感、ターメリックのエスノティック。
    穏やかな甘さがあって、何もつけなくてもズルズルと啜っていたくなるくらいの旨味があります。




    とはいえ、せっかくのオリエンタリックなつけ汁があるので勿論! つけ麺としても。

    DSC00633.jpg

     こいつがまた秀逸なの!
    ココナッツの甘熱帯な風味がモワッと持ち上がるようなテイスト、
    もやし、南瓜、ジャガイモ、玉葱、トマトなどがごっそり入った具入りカレースープ。
    タイ・ベトナム風カレーのような甘さと香りでもって、気分はエキゾティック。
    ここに麺を浸して食べると、、、、 うぉ~!  トロピカルなつけ麺だ!
    この世界観が分かる人にはドンピシャのド・ストライクでしょ。
    南瓜の甘さなんかが引き立って、スウィートスパイシーな魅力に惹きつけらっぱなし。





    そして麺の残り半分以下になったところで、、、
    いきますよ~!  ブッかけTIME!
    つけ汁を麺丼に全部ぶっかけ。   一気にカレー麺になります!
    一度に三度楽しめるエスニック麺料理として、これは楽しいし3倍美味しい!
    ついでにライスもブッ込んで、麵やら米やらグチャグチャのカオスにして食べたい衝動!
    そうカオスの幸福感なんだよね~  亜細亜飯って。
    それを麺料理として取り入れたまんまる堂のエキゾティックラインは、魅力いっぱいなのです。
    ヴィジョンから広がった理想の世界観が映し出す、色褪せない憧れの亜流感。


    ラーメン屋という枠からブッ飛んだ、無添加麵屋だからこその独壇場ですね。
    戦術や話題作りではなく、生き方の転写からです。
    間違いなく、このベクトルは他にないです。  





    ビブグルマンとか取れると良いなぁ。  日の目見るべきお店でしょ。











    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit