• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    鮨 李杏 (豊橋市広小路2) 

     豊橋、、、いや東三河にもようやく江戸前鮨のお店が出来たようです。
    暖簾に『江戸前』と書いてあるお店はたくさんあるけどね。
    どこも違うので。。。  ただ江戸前仕事仕込みのネタがあるお店はあります。
    でも違うんだよなぁ~  と思いつつ、、、その登場を待ちわびて数十年。


    広小路のド真ん中辺りの一等地でしょうか。
    とてもキレイでまるでザ銀や錦3かと思わせるほどの箱です。
    店内入れば木のええ香りがスーーーーっと。
    金かかってます!
    しかもこちらの店主は、鮨アカデミーというか寿司大学みたいな所で江戸前鮨を習得。
    わずか3か月で江戸前寿司職人としてデヴューとの事。
    トラアディショナル派としては驚くばかりですが、それでも豊橋では貴重!
    しかも今後流行りそうなその合理主義を貫いたような修行レス、
    ホリエ〇ンさんも仰ってますしね、10年とか修行するのは無駄だと。
    まぁそれぞれの考え方があるので同列視は出来ませんが、、、
    食べ手としては安く(等価としてね) 美味しければいいかな。
    胸に『グっと』くるものは時間と経験が生むものでしょうし。
    懐疑的、否定的になるのはやめましょうと。  だってこの街で江戸前鮨貴重だもの!








     まずですが、、、 とにかくお値打ちさに驚く。
    握りメインならば、少しの料理と握り8貫で3500円!!!
    もちろんカウンターで一貫一貫握ってくれます。
    ただ握りに関してはやはりマニュアル臭さがあり、東京で食べる鮨とは比べられません。
    でも良いのです。   初々しさでもあり、今でしか感じられないところだと思うので。
    酢飯の味わいは、嬉しい甘さの無い江戸前仕様。
    かなりスッキリさせてるのでパンチは無いけど、どのタネとも合う味のオペレーション重視。
    タネはさすがに江戸前謳うだけあり、どの種も一仕事二仕事とキッチリ仕事されてる。
    全体的な印象としては、脱水を強めに施されて弱めの魚でも味わいを凝縮させて盛り上げようと。
    ある意味、王道の味となるでのその辺は豊橋の寿司屋との違いとなって分かりやすいです。

    いろいろ感じることはあるけど、それでもこの地に存在すること、高CPなど取るに足る、、、
    かな? (笑)
    ただ場所柄、飲み客、同伴客、香水客が多いのが気になるけど、、、
    それは夜の銀座も錦も同じなので、、、
    まだこの街での江戸前鮨の認知はかなり低いけど、負けずに貫いて欲しいなぁ~と。








     まずは前菜3種。

    IMG_0047.jpg



     巻海老の茶わん蒸し
    IMG_0050.jpg



     イシガレイと本鮪の造り
    IMG_0052.jpg

     昆布〆されたイシガレイ好き。 モチっと、コリっと。









     握り8貫。




     かれい
    IMG_0055.jpg









     こはだ
    IMG_0056-1.jpg

     みっちり〆てある。  









     ヅケ
    IMG_0059.jpg

     柵ヅケの古典仕事。   









     やりいか
    IMG_0061.jpg

     細やかな包丁入れてトロけるようにパツッと。











     いさき
    IMG_0064.jpg












     えび
    IMG_0065.jpg

     タネ質をカヴァーするように、黄身酢おぼろをを噛ませてるという、江戸前神髄。











     金目鯛
    IMG_0067.jpg

     江戸前から外れますが、キンメって旨いよね。 柑橘と岩塩でスカっと。











     煮あなご
    IMG_0069.jpg

     スペシャリテ的な事をどこかで見たような・・・
    淡めで小さいけどふっくら炊いてます。 











     
    IMG_0070.jpg

     すり身入りで王道。















     三河の地でガチ江戸前鮨を貫いて広めて欲しいな。
    現段階での穴は、CPとイキフンでカヴァー出来ます。

    今後どうなってゆくのか、興味深いところだよ。
    とにかく三河で江戸前仕事の鮨は嬉しく思い、ここに綴っちゃいました。












    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit