• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    PIZZA PAZZA Italiana (ピッツァパッツァ・安城市三河安城) 

     JR三河安城駅の北口になるのかな?  徒歩一分。
    ここにナポリ自治区があります!
    自分でも気になっていたし、ここが素晴らしいとも聞いていたので訪れたかったピッツェリアです。
    かなりの大箱で資本臭があるので、普段ならまず入ることのない店構えですが、
    勇気を出して入ってみて良かったな~ と。

    店内入った香りがまず良い! 
    レジ横のショーケースには水牛モッツァレッラなどが並べられていてテークアウトも可能。
    入荷日によっては渋谷チーズスタンドのものもあるそうで! 
    愛知ではここだけじゃないか? 何だか既に超アガッてます(笑)



     そしてゴージャスなラウンジシートのBOXに案内され、これは落ち着けます。
    メニュゥを見るとかなり威力的なものばかりで、とにかく水牛気分だったので
    水牛オンリー押しで行くつもりが、あれもこれも食べたく、、、  
    それを満たすかのような豪華な前菜盛りがあったのであっさりとそれで(笑)

     まずはアペリティフでシュワっと(笑)
    コペルトでしょうか、お通しも付いて。

    0_20181024042956155.jpg

     豚耳? ゼラチンのユール的なテリーヌ。
    コラーゲンと内臓のコク。  使うオイルの質、調味料の良さがハッキリと。 
    上品で臭み無く、これから始まる料理への期待値が上がりました!














     前菜盛り合わせ 7種
    2 (2)

    2 (3)

     7種類との事でしたが、どう考えても9種類以上あり、バラエティ豊かで楽しい!
    はつ・フォアグラ・レバーなど内臓系から、ハムやら目光のフリットなどなど、
    どれも調味の優しく素材を感じさせる料理で持て成してくれます。
    こってり酒進系なので、セルバチコやバジルが良いアクセントになる。














     トレッチャ (三編みに練り込んだ水牛のモッツァレッラ)
    1 (2)

     これが食べたかった!  日本ではまだ珍しい捻じりモッツァレッラ。
    豪快な盛り付けに歓喜。  ザクロなんかもあってセンス感じるしトマトも甘濃い!
    味の方はまぁブッファーラな訳ですが、ネジってある分、多少コシが出るかな。
    口の中で暴れるので、水牛ミルクの持つミルキーなコクを感じやすい。
    旨いなぁ~ ストレートで。
    トマトとの相性抜群。














     マルゲリータ エクストラSTG
    3 (4)

     大好物の水牛モッツァレッラのマルゲリータ。
    こちらのシェフはナポリピッツァ協会認定の職人との事で、真のナポリピッツァ団体とは別ですが、
    本場での認定を受けてるとの事で。
    まぁハクの問題だとは思いますが、負けず嫌いというかモチベーションの高さが伺えます。
    好きですね~ そーゆーの。
    肝心のマルゲリータ、なかなか美味しかったです!
    釜の内部を感じさせる焼き加減は絶妙で、薪やすすの香りが香ばしく胃袋中枢を刺激。
    比較的薄焼きですが、コシのある生地でもって噛み締めにある種の粘りがある。
    小麦粉の香りも良く、生地の状態の良さが伺えるし、トマトソースも変にイジってなく、
    甘さと酸味のバランスが丁度いいね~ そこに溶けだす水牛チーズのコクが、、、
    嗚呼、、、 堪らない。。。  
    やはり火を通すと香りがグンと増し、味わい高らか。
    香ばしさ、トマトとチーズ、バジルの三重奏のグルーヴ感もあり、
    美味しさに満悦します。   香やかさのある美味しさ。













     カンノーリ 
    5 (2)

     あると超嬉しい! 見つけると必ず食べます(笑)
    サクッとパイ生地タイプでマスカルポーネの甘酸な風味。







     エスプレッソ
    4_2018102404300870c.jpg

     もしかして直火式でしょうか?  淡麗タイプ。
    クイッと飲み干して。














     なかなか満足感あって幸せなディナーでした。
    コースなんかもあるし、食べたいものをア・ラ・カルトで好きなだけも素敵。
    素材の扱いやセレクトがピカイチですね~   上を見てます。
    この辺りで難民になることも多いので、今後の選択肢になりそうです(喜)
    次回は渋谷チーズスタンドのブラータ食べたいな。








    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit