• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    久留米ラーメン大幸 (安城市宇頭茶屋) 

     いや~  15年以上前の、元ラヲタの残り血が騒ぎますよ。
    トラッドな久留米とんこつが愛知でも食べられる!
    中州屋台系や長浜系のガチなラーメンすら本物は存在していないのに、
    さらにディープな久留米とは!

    豚骨臭さはもちろんあるので(現地よりだいぶマシ)、ダメな人は受付けないだろうけど、
    好きな人にはたまらない 『香り』 であり、豚骨の髄まで抽出しきった激乳化なエキスのような豚骨スープ。
    旨味は強すぎるほど強いけど、味の重ねはシンプルなので、、、
    化学調味料のパンチはあるとはいえ、ノンケミカルだけど味を幾多にも重ねちゃってるラーメンよりは、
    食べ心地良いです。
    ボクは興味半分、好奇心半分でこういった味わいも美味しく食べられるように訓練されてるので(爆)
    それは幸せな事ですホントに。   幸せが多いこと、大きい事は良いことだ!  
    お! 店名の大幸に繋がってきたところで、、、、(笑)







     ラーメン
    1_20181101185456dec.jpg

     いつもながら、食べるもの以外にどんなメニュゥがあるのかさっぱり見てませんが(爆)
    多分これが基本中の基本。
    トラッドで良い顔してますね~
    思ったより臭く感じないけど、豚骨の存在感は存分に。
    スープ濃度も高め、少しトロミすら感じるね。
    でもザラっとした舌触り、、、 おぉ!  骨が粉々になるくらい煮込んでる証しぢゃん。
    長浜のように極細麺ではなくそこそこ細麺は茹で加減もアルデンテではなく。
    そう、久留米でバリカタなどコールはナンセンス。
    柔らか中細麺くらいで丁度いいです。
    チャーシューはね、、、   九州系はね。。。  
    分かっていることだけど、そこだけは美味しく頂けないかな。  (もちろん残さず食べるけど)
    ま、、ま、、、、、  それも含めて久留米というか九州豚骨っすね。




     好き・嫌い・とかじゃなく、旨いまずいとか言ってる次元でもなく。
    このガチな久留米とんこつラーメンが頂けること自体がアンビリバボーです。
    美食だけが全てなんてつまんないし。  
    カブレや自分の好み加減など自分の世界を狭くするばかりで。
    頭で食べず、いろいろ知りたいし、ジャンクでも美味いもんは旨いと感じるのも確かな事で。
    幸か不幸か、ボクは食べられないものは全くなく、何でも美味しいと感じられるようだし。
    まぁカラダは正直だからいろいろ反応が出ちゃうことも多々あるけど。


    久留米とんこつから、胸の中のアツい想いが、、少し込み上がった(笑)









    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit