• ▽Menu
  • 孤高 ~心を味わう〜

    中国菜 神谷 (半田市中町) 

     半田の四川料理の輝星・神谷さん。
    待場レヴェルを超越した都会レヴェルのキュイジーヌかと。
    相当に高いと思わせるスキル、店は新しくとも味わいは燻し銀、満ち溢れるエナジー。


    今回は四川麻婆豆腐を頂きました。
    もちろん四川料理では定番ですが、神谷さんの自信とモチベーションの塊でもあると思います。

    907 (3)

     汁っぽさはなく、しっかり餡として保たれた味わい。
    見た通り花椒がしっかりと効かされ、しかも鮮烈な碧やかさがあり、
    フワッとスッコーー―ン!っと突き抜ける爽列感!
    香ばしく炒めつけた挽肉からの味わいの土台、のちのちジワジワとコクが増してきますね。
    トウチの芳しく鮮やかなコクと香り、白ネギの香りと甘さも絶妙に添えられて。
    硬すぎない豆腐の崩れと共に、大豆の花が咲くように甘さを帯びて。
    キリリと辣のホットな辛味、スカっと弾けるような麻も痺れと風香・・・
    ビシッと調味がキマッていて迷いというかブレのない、素晴らしく高らかな味わいです。
    上を見てる料理人特有の気概感というか、伝わってくる何かを感じます。
    食材・調味料にもとことんこだわられてるのだろう、凄味というか迫力も然り。
    地方での安い価格帯でも奢らず、精一杯の料理を作って頂いてることが明らか。








    IMG_0340.jpg



    IMG_0338.jpg

     ちょっとした料理にもセンスが表れていて、心が柔らかくなるような美味しさを感じます。
    そして落ち着いた凄味がヒシヒシと。









     お任せコースや、ア・ラ・カルトでいろいろ食べたいです。







    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit