• ▽Menu
  • 孤高 ~心を求めて〜

    オフロード (豊橋市多米中町) 

     創業35年の老舗ですね。
    ある種の格調高さというか、キラキラしていた昭和の良き頃の姿を保っています。
    こちらは奇をてらうことは全くなく、真っ当かつ日本人に合ったフランス料理が頂ける。
    なので・・・ 
    ハッ!とする構築の料理や、ガツンとインパクトのあるモダンな味わいではない。
    しかし、レストランという空間を楽しめる人のためのお店色があり、
    ここが好きな常連さんに深く慕われてると感じます。
    かの仙人シェフもここがお気に入りだったね。
     

     実に15~20年ぶりくらいの訪問。
    平日のディネだったので、ほんと静かに楽しむ事が出来たよ。
    当時はシェフだったお父様に代わって、二代目がシェフとして腕をふるい、
    お父様はホール、サーヴ係で支えてるという気持ちの良いご関係。

    料理については、丁寧な調理と上品な味わいを軸に、
    時に重厚に時に淡やかに。  日本人にとって違和感のない旨さ。
    オーソドックスな美味しさこそが、魅力とも言えましょう。
    都市部でもフランス料理は溢れかえってるので、逆に新鮮に映りますよ。

    メニュゥは基本プリフィックス式で、前菜・メーンともに数種用意されたものからのチョイス。








     アミューズブーシェ
    P1500882.jpg

     カブのムースとトマト、イクラに見立てたオリーヴオイル?
    魚介のペーストをONしたバゲットトーストも。  優しく味覚に触れてくれます。  
    嬉しいよね、アミューズあると。  













     前菜盛り合わせ
    P1500885.jpg

     本日のシェフおすすめを盛り合わせて。
    ローストビーフ、鶏ハム、鰯のエスカペッシュ的、キッシュや魚介のテリーヌなどなど、、、
    彩りあって嬉しいね。 
    どの料理も優しさがあり、後味の良さが印象的。












     パン
    P1500888.jpg

     酸味ある自家培養酵母からミルクリッチなパンまでたくさん盛り。
    コレは多くにウケるでしょうね。












     本日のスープ
    P1500892 (3)

     コンソメベースのよう。
    小さなダイスの野菜がたっぷりと。  バジルの風味が食欲を湧かせます。
    ホッと落ち着く美味しさってやつですが、アクセントの取り方に意欲を感じます。










     魚料理
    P1500900.jpg

     ハーブソースで覆った海の幸のポワレ・ぺルノー風味。
    イイねイイね~   
    バジルとクリームベースのソースにぺルノー風味なんて、、、
    これ大好きな感じじゃないの? 
    イトヨリの皮目パリッと香ばしく、身はホクホクジューシー保湿の調理でもって風味高く。
    バジルの蒼やかさとぺルノーの薬草的な甘やかな香りが相乗して、
    魚の旨さを膨らませるように。
    ソースで食わすフランス料理ってやっぱ好きだな~   真骨頂です。
    海老や貝柱もゴロゴロと、それぞれの調理で旨味を引き出して。













     バベットステーキ  
    P1500905.jpg

     エシャロット風味の赤ワインソース。
    がっつり赤身のカイノミは肉を食らってる感ありますね。
    ワシワシ噛み締める度に肉汁。 
    エシャロットの香り良く、芳醇なソースでもって甘濃ゆく昇華。
    結構重厚なソースです。
    ガルニテュールの野菜たちも香りがよく、名脇役としてステーキに彩りを盛る。
    肉に敷かれた肉汁吸ったマッシュポテトも旨いね~










     デセール
    P1500906.jpg

     パティシエがいるらしく、人気のデザート。
    抹茶のクレームブリュレ、、、 うんうん。





     カモミールティ
    P1500909.jpg

     カモミールの香りに癒されます。
    ムラングの小菓子は嬉しいね。













     良い時間を過ごせました♪









    関連記事
    スポンサーサイト
    trackback: -- | コメント: -- | edit